FC2ブログ
朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
ブログを書き始めてから1年たつ。 面白いと言ってもらえれば、とても嬉しい。 実は、もっと嬉しいことがあるのだ。 書き始めてから、ストレスの多い二人暮らしが徐々に穏やかになってきたのである。

以前は、QPとケンカして、負けて自室にこもり、うっぷんを晴らす為、よくブログを書いたものだ。 しかし、半年もたつとケンカが楽しくなってきた。 ブログのネタになることが分かったからだ。 ケンカが終わると、忘れないようにメモを書くようになった。

ネタも欲しいが、穏やかな暮らしも大切だ。 QPのいいところはパソコンに絶対触らないことだ。 だから自由に書ける。 

他の人の場合はそうは行かない。 皆さん、パソコンを持っているしネットにも繋いでいる。 自由に書けるわけがない。 まるで言論統制下にあるような気分だ。

家庭の平和も痛し痒しだ。 ケンカもほとんどしなくなり、ブログを書くために7年前まで遡らなければならなくなってしまった。 こうして書いたのが「巧みに操る夫婦舟」である。 しかし、大波去っても小波は来る。

朝の食事はテレビを消して、二人で会話をしながら食べるのが習慣だ。 もう5年も続いている。 しかし、毎回が楽しい朝食というわけには行かない。未だに小競り合いはあるのだ。

「バカなタレントがいるのよ。九九が分からないんだって。アハハハハ~」
「タレントは才能とか、人材の意味です。バカなタレントなどいませんよ」
「テレビでみたんだもの。ホントだよ」

私の言うことよりテレビの方を信じるのだから嫌になってしまう。放送局には、視聴率を上げなければならない事情がある。 しかし、私には何の事情もない。常に正しい意見を主張できる立場にある。少なくとも家の中では…。

QPの間違った意見を聞くわけにも行かないが、私が正しいことを言えば、たちまちケンカになる。 たいていの場合は話題を変えて、その場を凌ぐ。
「そうですか。 このトマト美味しいですね」
「うん、甘いでしょ」
こうすれば直ぐに治まることは分かっているが、止められないときもある。

「タレントはカメラに向って自分の役を演じているのです」
「クイズ番組だよ」
「クイズでもインタビューでも同じです。 タレントは役を演じるものです」
「10問、全部はずれだよ」
「それこそ知識のある証拠です」
「…?」
「知識がなければ、全部外すことはできません」
QPはいかなる場合も、自分が言ったことは最後まで言い通す。 修正することは絶対にない。 

「そんなことないよ。 知らないから全部外れるのに決まっているじゃない」
「今から、問題を10問だしますから、全部間違えてください」
「私、間違えるのは嫌いだよ」
「自分が言っていることが正しいと言うなら、やってみて下さい」
「そんなのダメだよ。ご飯を食べながら頭を使うと、食べたものが栄養にならないんだよ。 そんなことも知らないの」

ここがケンカになるか、ならぬかの分岐点、。 攻めるなら徹底的に攻めてギャフンと言わさなければならない。 しかし、それは無理。 昔だったらスーパーマンに来てもらうところだが、今はどなたにお願いすればいいんでしょうね。
 
はぁ、オトコはつらいな~。   やっぱしブログに書いちゃお!

2008/12/2

【2009/01/05 14:22】 | 夫婦喧嘩
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック