朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~身も心もほぐれて~ 
およそ6年前、現住所に転居したころは体調が最悪でだった。 とにかくあちこち痛い。整形外科に行っても埒が明かないので、マッサージ治療を受けることにした。 

担当のマッサージ師は目の不自由な若い女性で、S先生と呼ばれていた。 マッサージの腕は確かだが、とにかく よく喋り よく笑う。 「暗いね~。あんた暗いね~」と言いながら笑うのである。

S先生はマッサージをしながら、耳だけを傾けてくれそうな気がして、とても話しやすい。 それに、私のことを水も滴るいい男と思ってくれるかも知れない。 なんたって、頭と顔のマッサージはないのだから。

目が不自由な先生から「暗いね~」と言われては、立場がないが、どんな風に言われるか、例を挙げてみよう。

「喧嘩したのね。 それで、どうしたの?」とS先生。
「自分の部屋に入って鍵をかけたんです」と私。
「QPさんから逃げたわけね」
「QPは攻めて来たりしません。 ただ、中で何をやっているのか見られたくなかったのです」
「見られたくないって、何をさ?」

と問われ、ちょっと答えを躊躇した。 患者は私一人だが、院長先生も、受付もいる。 彼らには聞かれたくない。 それで、小さな声でボゾボソと答えると。

「えっえ~!パソコンでQPさんの悪口書いているって~! あんた暗いね~。ホントに暗いね~。アッハッ、ハッ、ハ~」

私の名案もS先生に豪快に笑い飛ばされてしまった。 これを聞いた受付の若い子は一体どう思っただろうか。 気になって仕方がない。 

massaagi.jpg

なんて明るい人だ、S先生は。 快晴の空のように明るい。 新築ビルのように若いからかも知れない。 しかし、私は若いときは暗かった。 高齢になったにも関わらず、今の方が明るい気持ちで日々暮らしている。

私自身の性格は変わってないのだから、人の気持ちが明るくなるも、暗くなるも、周りの人の気持ち次第だと思う。 S先生は目が不自由だが、家族とか友人の影響を受けて明るい性格に育ったのだと思う。 私も良い影響を与えられるような人になりたいと、心から思う今日この頃である。
2007/12/11

私は家の中を修羅場にしたくはない。 自分が我慢すればすむ事なら、なんとか穏便にすましたい。 

分からず屋のQPと喧嘩するかわりに、自室にこもって、パソコンにQPの悪口を書くことが、そんなに暗いだろうか。 名案と思った、この対応をS先生に「暗いね~。アッハッ、ハッ、ハ~」と笑い飛ばされてしまった。

どこの世界でも意見の対立はあるものだが、順序立てて説明し、二三の裏づけになる証明さえすれば、少なくとも、そのことについては納得してもらえるものである。

大抵の場合は「君の言うことは分かる。しかし、......」ということになる。しかし、QPの場合は全く違う。「それは違う。 悪いのはあんた」の一点張り。 何回も説明して、例を挙げて証明してみせても同じことである。

「男は外に出れば7人の敵がいる」と よく言われるが、家の中にこんな強敵がいるとは、夢にも思わなかった。 うかつにも、退職して家にいて初めて気が付いたことである。

二人っきりの喧嘩は仲裁が入らないので、限りなく続く。 私は「説明と証明」。 一方、QPは「あんたが悪い」の一点張り。 両者のエネルギー消費量を考えれば勝敗の帰趨は明らかである。

「苛められて悩んでいるときはパソコンに語しかけると、答えを出してくれるんですよ」と私。
「暗いね~。パソちゃんは何て言ってたの?」
「QPは良い人だけど、相手の身になって考えることが出来ないんだ。 と言ってました」
「正直なのね」
「そういえば......、嘘つかないですよ。 約束は守るし、時間も正確。 それから......」 
いつの間にかQPの良い点ばかりを話し続けていた。

「だいぶ明るくなったじゃない。 嬉しそうな顔して」
「えっ! 見えるんですか」
「見えますよ。はっきりと......。 QPさんの勝ち誇った顔が」

massaagi2.jpg

純白の銀世界に映る木の影がとても美しく、真っ白な半紙に描いた書のようだ。私の心も、この雪のように真っ白でありたい。白いからこそ、影が美しく見える。

2007/12/12

FC2blog テーマ:夫婦喧嘩 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2009/01/03 10:03】 | 夫婦喧嘩
トラックバック(0) |

そんなものですね
ひよどり
やはり真髄をついていて愉快です。
夫婦ってそんなものです。
何をやっても、もう勝ち負けは決まってますね。
絶対に非を認めないのです。
共同生活の上では、穏やかな時間がほしい。
したがって、大局的な見地に立って、折れるのは大方が男のほうですね。
世の中の実相であり鉄則にもなっています。

ひよどりさんへ
なかぱ
私だけの秘法だと思って得意になって公開したのですが、
「世の中の実相であり鉄則」になっているのですか。
お恥ずかしい限りです。 しかし、男は辛いですね。


nonko-mn
判る判る・・・ウン判るよ~
鍵を掛けたくなる気持ち。
我が家は鍵を掛けられなかったけれど、舅の事を思いながら風呂掃除をしていたら、後から本人に声を掛けられとてつもなくビックリした事がある。
ビックリすると言う事は判るでしょう・・・あまり嬉しくない事を思っている時なんだよねぇ。
私も今が一番いいわ~~って言っても誰も一緒に暮らす者が居なくなってからじゃ・・・
チョット読む人にこの人変って思われるかも知れないけれど。心の安定のためには一番ですよ。

nonko-mn さんへ
なかぱ
今でも、夜中にパソコンをやるときは鍵をかけます。
そうしないと、落ち着いてできないのです。やはり集中したいですからね。
ときどき、「昨日の夜締め出された」とか言うけれど、
何をやっているか? と、聞かれることはないです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
そんなものですね
やはり真髄をついていて愉快です。
夫婦ってそんなものです。
何をやっても、もう勝ち負けは決まってますね。
絶対に非を認めないのです。
共同生活の上では、穏やかな時間がほしい。
したがって、大局的な見地に立って、折れるのは大方が男のほうですね。
世の中の実相であり鉄則にもなっています。
2009/05/08(Fri) 10:19 | URL  | ひよどり #OLHiJ7es[ 編集]
ひよどりさんへ
私だけの秘法だと思って得意になって公開したのですが、
「世の中の実相であり鉄則」になっているのですか。
お恥ずかしい限りです。 しかし、男は辛いですね。
2009/05/08(Fri) 14:55 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
判る判る・・・ウン判るよ~
鍵を掛けたくなる気持ち。
我が家は鍵を掛けられなかったけれど、舅の事を思いながら風呂掃除をしていたら、後から本人に声を掛けられとてつもなくビックリした事がある。
ビックリすると言う事は判るでしょう・・・あまり嬉しくない事を思っている時なんだよねぇ。
私も今が一番いいわ~~って言っても誰も一緒に暮らす者が居なくなってからじゃ・・・
チョット読む人にこの人変って思われるかも知れないけれど。心の安定のためには一番ですよ。
2009/05/13(Wed) 06:52 | URL  | nonko-mn #H6hNXAII[ 編集]
nonko-mn さんへ
今でも、夜中にパソコンをやるときは鍵をかけます。
そうしないと、落ち着いてできないのです。やはり集中したいですからね。
ときどき、「昨日の夜締め出された」とか言うけれど、
何をやっているか? と、聞かれることはないです。
2009/05/13(Wed) 07:48 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。