朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
地下鉄でのことだが、席がないので棒に掴まって立っていた。若者がカバンを横に置いて二人分の席を占有している。その前に立っているお婆さんが「あなた、カバンを膝に乗せて頂けません」と言った。

いい度胸しているなと感心した。一方、若者の方はどうしたかと言うと。何かに気付いたように、ニッコリ笑うと「すみません」と言って立ってしまった。手には重そうなカバンを下げている。

お婆さんは座らない。若者は立ったまま。こんな状況では「座りたい病」の私でも座ることに躊躇する。一瞬のことだが、二人分の空席のそばに、ヨボヨボの老人二人、重いカバンを持った若者が立つことになった。これは異常事態だ。

ところが、お婆さんは私の向かってニッコリ笑いかけ、「どうぞ、お座りください」と優しい声で言うではないか。席は二人分だから、「有難うございます」と関係者二人に礼を言って座った。もちろんお婆さんも一緒に座るものと思っていた。

意外にもお婆さんは座らない。と言うことは、私の為に若者に注意したのかな? つまりヨボヨボな老人の為にひと肌ぬいだ元気な女性なのだろうか。私より年上に見えるのだが。全ては3秒間以内で起こった一瞬の出来事だが何故かしっくりしない。

座りながらいろいろ考えた。疑り深い私はシナリオが書き替えられたと思った。彼女の描いた筋書きは若者がカバンを膝に乗せ、自分がそこに座るという単純なものに違いない。ところが若者が立ったので筋書きに狂いが生じたのだ。

彼女は急きょ気の毒な老人を助けるシナリオに書き換えたのではないか。なんと頭の回転が早いことだろう。座っている私はフーテンの寅さんのセリフを思い出した。「見上げたもんだよ屋根屋のフンドシ」。書けば長いが全て3秒以内の出来事だ。

「お婆様こそお座りになって下さい」とか言ってやればよかった。
とか思ったがもう遅い。二人分の席が空いたのだから二人とも座るのが当然と思い込んでいた私がバカだった。人の心は複雑なのだ。

疲れた老人に見えない様に、外出する時はサッパリした身なりと正しい姿勢を心掛けているつもりだ。しかも座りたくないフリをして席の前を避けて立っていた。にも拘わらず座りたがっている老人と思われた。いかにしたら年寄と見破られないか。何かいい方法はないものだろうか。

ピーピーの法則:年寄と見破られない方法はない。なぜなら年寄だからだ。

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2016/05/07 00:00】 | 愚かな私
トラックバック(0) |


そよ風
たまたま、このブログを目にした者ですが、席に座るのは
必ずしも老人ばかりではないと思います。
若者でも座りたい時はある筈です。
例えば徹夜で仕事をして疲れきった時など、優先座席でも空席だともう座りたい!と言う気持ちになるのです。

もし席を譲られた場合は見栄を張らないで素直に座って下さい。


コメント有難うございます
PP
そよ風様、はじめまして。
コメント有難うございます。
仰る通りと思います。思いが至りませんでした。
人様の親切は有難くお受けしたいと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
たまたま、このブログを目にした者ですが、席に座るのは
必ずしも老人ばかりではないと思います。
若者でも座りたい時はある筈です。
例えば徹夜で仕事をして疲れきった時など、優先座席でも空席だともう座りたい!と言う気持ちになるのです。

もし席を譲られた場合は見栄を張らないで素直に座って下さい。
2016/05/08(Sun) 17:16 | URL  | そよ風 #-[ 編集]
コメント有難うございます
そよ風様、はじめまして。
コメント有難うございます。
仰る通りと思います。思いが至りませんでした。
人様の親切は有難くお受けしたいと思います。
2016/05/08(Sun) 21:12 | URL  | PP #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック