FC2ブログ
朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
私は出来もしないことを夢想する、ろくでもない人だ。しかし、それが惨めで情けない人生における唯一の救いだとしたら仕方がないだろう。それに知力・体力、金力なしで出来るのだから有難い。

「仮にタイムマシンに乗って11年前に戻ったとしたら、その時の私は1年後にカラオケを始め、その10年後に洋楽カラオケを始めることを知らない。だとすれば10年後は思いもよらぬ幸せに恵まれているかも知れない。そしてその10年後も……」

昨日より今日、今日より明日は、自分なりに上達したいと思いながら練習をしている。これを20年も続けていれば「スター誕生」も夢ではないとか空想をして楽しんでいた。突然QPに声をかけられてビックリした。

「アンタ、カラオケ習いに行ったら」
「アレッ、聞こえているのですか」
私が腹の中で思っていることが分かるのかな。油断も隙もありはしない。これじゃあストレスが溜まる一方だ。

「トイレに行ったとき聞こえたんだよ。自己流で練習したって上手くなれないよ」
トイレは私の部屋の真ん前だから聞こえて当然だが、秘密の練習がバレてしまった。居間のドアを閉め、廊下の奥の部屋を閉め切っているので、居間や台所に居るQPに聞こえる筈がないと思っていたのだが。

QPは私が何を練習しているか知らないから、習えとか言うのだ。カラオケでは伴奏に合わせて歌えるように文字に色を付けてくれる。それなのに合わせられないから繰り返し練習しているのだ。こんなことを教えてくれる教室はないと思う。何をやってもハンディが大きくて楽じゃない。

母は歌が上手で詩吟の先生もしていた。私にもその血が流れている。だから生まれた時は歌が上手かったはずだ。しかし、度重なる「音楽事故」が原因で音感を損傷し、意識が戻った時には音痴になっていた。現在はリハビリに励んでいる。持って生まれた機能を回復すれば私は素晴らしい歌い手になるだろう。多分。

しかし現状は厳しい、なかなか伴奏に合わせて歌えない。前回のカラオケ会では、伴奏に遅れて困ったので、一生懸命練習したら、今度は早すぎて伴奏の方が追い付かなくなってしまった。

歌っていると、なにやら会場がざわつき出した。笑い声も聞こえる。私は一生懸命だが周りはそうでもないようだ。この光景はどこかで見た様な気がする。そうだ、映画「男はつらいよ」の寅さんだ。 皆に笑ってもらえる人気者として長いあいだ憧れていたのにガッカリした。なんだ、寅さんって、こんなもんだったのか

「20年後が楽しみですね」
「生きていたとしてもヨボヨボだよ」
「千里の道も一歩から。塵も積もれば山となる。凄く上手くなっていますよね」
「どうでもいいけど人様には迷惑かけないでね。アタシが恥ずかしいから」
「流暢な英語で滑らかに歌うのです」
「不器用なんだから無理しない方がいいよ」
「女性たちがキャーキャー・モグモグ」
「モグモグってなんだよ?」
「入れ歯を忘れてモグモグ・クチャクチャ。みんな年上、100とか150」

65でカラオケを始め、75で洋楽カラオケを始めて悪戦苦闘中だが、輝かしい未来を夢見ている。85で何とかなるだろう。それから10年たてば95歳。老人ホームのステージに立つのも夢ではない。遅咲きの「スター誕生」。これが私の20ヶ年計画である。

「95歳までピンピンしているつもりかい」
「そんなこと言ってませんよ」
「20年計画とか言ってたでしょ」
「将来計画がないと今やることが決まらないのです」
「もっと気楽に生きられないの」
「これが一番気楽なんです」
「なんで?」
「全ては時が解決してくれますから、私は漂っているだけでいいのですよ」
「ホントだ」
「そうでしょう」
「ウチの中でも漂っているだけ。ご飯だよと呼べば直ぐ来るけどね」

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2016/01/23 00:00】 | 札幌シニアネットssn
トラックバック(0) |

くじけないで
路傍の石

練習の成果出ましたね。
伴奏が追い付かないほどに、歌えるようになるなんて。
拍手! 拍手!!

遅咲きの「スター誕生」だって夢ではありません(^^♪。

「くじけないで」・・・101歳の詩人「柴田トヨさん」のようにネ。

盛大な拍手を有難うございます
PP
盛大な拍手を有難うございます。
そうなんですよ。柴田トヨさんには励まされました。
惜しい人を失いました。もっと活躍してほしかったですね。
私もこの10年間はかなり運が付いたような気がします。
有難いことですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
くじけないで

練習の成果出ましたね。
伴奏が追い付かないほどに、歌えるようになるなんて。
拍手! 拍手!!

遅咲きの「スター誕生」だって夢ではありません(^^♪。

「くじけないで」・・・101歳の詩人「柴田トヨさん」のようにネ。
2016/01/25(Mon) 21:08 | URL  | 路傍の石 #-[ 編集]
盛大な拍手を有難うございます
盛大な拍手を有難うございます。
そうなんですよ。柴田トヨさんには励まされました。
惜しい人を失いました。もっと活躍してほしかったですね。
私もこの10年間はかなり運が付いたような気がします。
有難いことですね。
2016/01/25(Mon) 22:22 | URL  | PP #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック