朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
2015年の秋、近代美術館で開かれるシンポジウムのお手伝いに行った。何時ものようにただウロウロしているだけで全く役には立たない私だが、好いこともあった。

一応お手伝いのつもりだから朝早く美術館が開く前に行くと、玄関前に若い男性が立っていた。スラリとして眼鏡をかけている。、一見アーティストと言うよりも研究者風。どこかで見たような気がする。思い出した。昨日中島公園で行われた野外彫刻調査に来ていた人だ。

「おはようございます。昨日中島公園でお会いしましたね」
「おはようございます。え~と~……」
無視と言う感じではなく何かを思い出そうとしているみたいだ。こういう時は間髪入れず名刺を渡す。

「ああ、PPさんですか。雑誌の記事も読みましたよ」
こう言われると急に親しみがわいて距離が10mから1mくらいまで縮んでしまう。
もらった名刺には「M美術大学 芸術文化制作コース 院1年 砂糖B作」と書いてある。前日に調査団の一員として木下成太郎像の調査をしているところを見ていたので、昨日から疑問に思っていることを質問をさせてもらった。

「木下像の下の方、台座に近い所に穴がありますが、あれの処理は……?」
懇切丁寧に教えてくれたが専門用語が多く何も分からない。こんな時はいつものように「フムフムなるほど」と言いながら一生懸命に聴く。そうすれば頭には入らなくても心に染み込んで来る。私にとって勉強は気分。雰囲気が好きなのだ。

開館時刻が近づくとシンポジウム関係者が続々と集まって来る。Bさんの知り合いも来たようなので、残念ながら二人の話はおしまいだ。手持無沙汰になったので美術館の前庭を散歩した。ぶらぶらしていたら動くものが見えた。よく見るとリスだ。こんな所にリスとは意外だ。急いでカメラを向けたが撮れたかどうかは分からなかった。

玄関に向かって歩いて行くと、先ほどのBさんに出会った。
「リスがいましたよ」と世間話のつもりだったが、
「何処ですか? 見たいです」と意外な反応に喜び勇んだ。
よし絶対見つけるぞとの思いで一緒に行ったがダメだった。

「野生のリスは見たことないのです」とBさん。
「円山では普通に見れるのですが、近代美術館に居るとは思いませんでした。森でもないのに不思議ですね」

家に帰り写真を見ると何とかリスと分かるように写っていたので、Bさんにメールで送った。直ぐに返信があった。「居ますねリス! クルミを食べているようです」と短いメールだけど喜びが伝わって来た。
151004risu.jpg
左下に北海道立近代美術館との文字、右上にリスが止まっている。

151004risu2.jpg
拡大するとリスが木にとまっていることが分かる。

ところで、中島公園でリスを見たことがある。そのことを公園に詳しい友人に話すと、「中島公園でリスは棲息できないよ」とあっさり否定された。
「それが居るのですよ。これが証拠です」と写真をみせると、
「ああ、これねぇ」と言って驚く風でもない。リスが小さすぎて道路に棒切れが転がっているようにも見える。
「拡大しましょうか」
「いや、確かにリスだ」。何かを思い出したような表情をしている。

140629risu3.jpg
建物は行啓通からキタラに入る道路の横にあるトイレ。

リスが棲息するには一定の森の大きさが必要だそうだ。極たまに中島公園でリスを見るのは、円山で捕まえて中島で放す人がいるからだと言う。私はそれを偶然見たのかも知れない。考えて見れば中島公園を14年も散策しているのに、見たのはその1回だけである。棲息しているのなら幾ら少なくても数回は見ている筈だ。

近代美術館のリスもやはり円山で拉致されたものだろうか。拉致されれば二度と円山には帰れない。そうでないことを願わずにはいられない。私は地理を含めてあの辺のことをよく知らない。知事公館はどうなのだろう。植物園は遠すぎるかな。

リース リース どこから来たのかリース 誰かリスを知らないか

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2015/10/24 00:00】 | 中島公園・薄野
トラックバック(0) |

つぶらな瞳のリースさん
路傍の石
文才溢れるPPさんには、あちらこちらから執筆依頼があるのですね。
得意分野があるのは幸せです。

♪どこから来たのかリース ♪
拉致されて来たのなら故郷に帰してあげたいけれど、
それは至難の業でしょう。
今も彼の地で元気に過ごしていて欲しいです。


環境が大切ですね。
PP
たまにしか頼まれないので書かせてもらって大喜びしています。
中島公園にリスが居たらいいなという気持ちは分かりますが、
人間を砂漠の中に置いて来るようなものではないでしょうか。
金魚を海に放すとどうなるのかな?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
つぶらな瞳のリースさん
文才溢れるPPさんには、あちらこちらから執筆依頼があるのですね。
得意分野があるのは幸せです。

♪どこから来たのかリース ♪
拉致されて来たのなら故郷に帰してあげたいけれど、
それは至難の業でしょう。
今も彼の地で元気に過ごしていて欲しいです。
2015/10/24(Sat) 09:11 | URL  | 路傍の石 #-[ 編集]
環境が大切ですね。
たまにしか頼まれないので書かせてもらって大喜びしています。
中島公園にリスが居たらいいなという気持ちは分かりますが、
人間を砂漠の中に置いて来るようなものではないでしょうか。
金魚を海に放すとどうなるのかな?
2015/10/24(Sat) 11:02 | URL  | PP #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック