朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は優柔不断の人だから迷ってばかりいる。人間力が弱いと書こうとして、「だが待てよ」と思い直した。言葉の使い方が間違っているのではないかと恐れたのだ。早速いつものように「人間力とは」と検索した。

なんだか難しいことがいっぱい書いてあって読むのが嫌になって来た。やはり私の独自解釈で行くことにした。つまり、人間力が高い人が優れた人で低い人が劣った人と単純化したのだ。愚かな私が困った挙句の結論だから何の根拠もない。

最初に戻るが私は人間力が弱いから何をやってもダメなのだ。勉強もスポーツも出来ないし、囲碁将棋麻雀もできない。もちろん歌うのも下手だし文章もお粗末。それどころか冗談も言えないので、不本意ながら真面目な人とか言われている。

私の正反対の位置にスポーツ界で活躍する選手がいる。彼らはスポーツは勿論、何でも出来る。こういう人たちを人間力の強い人と思っている。やれば勉強も一流のはずだ。だからインタビューの受け答えもしっかりしているし、歌まで上手いのだから嫌になる。全部私の正反対ではないか。

そこで思い出すのがマー君(田中将大投手)と佑ちゃん(斎藤佑樹投手)の高卒後の野球人生だ。マー君はその後、日本人最高額契約金を獲得した大リーガー。一方、裕ちゃんはほとんど二軍暮らしで収入も大したことないと思う。早稲田大学の4年間は無駄な回り道ではなかったのか。

もし裕ちゃんが高卒でプロ野球に入っていれば今頃一軍で大活躍していたと思う。大学に行きたければ選手人生の峠を過ぎた30歳半ばくらいで行けばいい。一流のプロ野球選手なら頭脳も一流と思う。人間力とは総合的なものだから。残念ながら世の中は不公平、出来る人は何でもできるし、出来ない人は何をやってもダメだ。

「別にひがんでいる訳ではありませんよ」
「ひがめばいいじゃない」と、QPは突き放す。
「学問、スポーツ、芸術の評価が一定方向に傾き過ぎているのです」
「はいはい、自分がダメなのは社会が悪いからでしょ」
「多様な人間を一つの物差しで測っているような気がします」
「何にもできないくせに自尊心ばかり強いんだから……」

QPは自尊心を文字通り自分を尊敬する心と捉えている。自惚れと同一視しているのかな。私に自惚れる余裕などないのに何故そう見えるのか不思議でならない。身内だから買いかぶってくれているのかも知れない。それならそれで有難い。

裕ちゃんの話しに戻るが、もし高卒でプロに入れば17年は活躍できるだろう。人生80年の時代なら35歳はまだ若い、それから大学に行った方が好かったと思う。野球で頂点を極めた経験は、あらゆる分野に通用すると思う。ものの見方が深くなるし、徹底的に突き詰める力がつくからである。

プロ野球の経験を積み金を稼いでから大学に行く方が、落ち着いて勉強できるし理解力も深まるはずだ。裕ちゃんは顔もいいし話も上手い。なりたければテレビに出るような人気教授にもなれるだろう。しかし今からでは遅い。17年間一軍でガッポリ稼ぎ、大学では金の心配などしないで学習と研究に打ち込むことが前提である。

二人で食事をしているのにQP黙々と食べている。
「体の具合でも悪いのですか?」
「夫源病、あんたがストレスなんだよ」
最近テレビで言われている夫が原因の病気に罹っているようだ。私が原因なら治してあげたい。QPが大好きなお金の話でもして機嫌を取ってやろう。

「マー君の契約金161億でしたが、手元にいくら残ったと思いますか」
「私の金じゃあないからどうでもいいよ」
「68億です」
「たったそれだけ」
「大金です。1年で1億ずつ使っても68年かかる。何でもできますよ」
「右肘が悪くなって投げられなくなったら御仕舞いじゃない」
「全額もらえます。球団が保険をかけているのです」

あれだけの記録を残したマー君は人間力が桁外れに強いから何でも出来る、もちろん勉強も出来る。投げられなくなって野球から解放されれば可能性が限りなく広がる。社長でも学者でも、はたまた俳優でも好きな職業が選り取り見取りだ。万一故障でクビになったとしても依然として前途洋々である。

「野球ばかりやって来たんだから無理!」と、QPは上から目線で言い切る。
「必要な教育を受ければいいのです。野球と同じ様に頑張れば彼に出来ないことなどありません。運動神経が良い人は頭もよいのです」
「自分の頭が悪いのを運動神経のせいにするんじゃないよ」
「そんなことありません。マー君の話をしているのです」
「怪我して出世した野球選手なんて誰も居ないよ」
「契約金161億円の選手もいませんよ」

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2015/08/08 00:00】 | 愚かな私
トラックバック(0) |

人生いろいろ
路傍の石

今は両極端にいるマー君と佑ちゃん。

普通に暮らせるだけのお金があれば
心豊かな人生を送ることができます。

今の佑ちゃんの自分との戦いは、
これからの彼の人生の大きな財産となるでしょう。

マー君はこれからも更なる努力で、活躍して欲しいですね。

若い人はいろんな可能性を秘めています。

野球一直線の二人ですが
PP
高校時代の両雄は、その後明暗を分けています。
マー君の方も順風満帆とは行かず躓いた感じもします。
しかし、二人とも若いのでこれからの活躍を期待しています。
両君とも今は野球一直線でやっていますが、
他の分野でも活躍できる人材と思い、期待しています。
その後の成長が楽しみです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
人生いろいろ

今は両極端にいるマー君と佑ちゃん。

普通に暮らせるだけのお金があれば
心豊かな人生を送ることができます。

今の佑ちゃんの自分との戦いは、
これからの彼の人生の大きな財産となるでしょう。

マー君はこれからも更なる努力で、活躍して欲しいですね。

若い人はいろんな可能性を秘めています。
2015/08/10(Mon) 22:31 | URL  | 路傍の石 #-[ 編集]
野球一直線の二人ですが
高校時代の両雄は、その後明暗を分けています。
マー君の方も順風満帆とは行かず躓いた感じもします。
しかし、二人とも若いのでこれからの活躍を期待しています。
両君とも今は野球一直線でやっていますが、
他の分野でも活躍できる人材と思い、期待しています。
その後の成長が楽しみです。
2015/08/11(Tue) 07:48 | URL  | PP #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。