朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
10年以上前のことだが、忘れたいのに忘れられない出来事がある。確か「札幌まつり」の夜だった。心の奥に深く刻まれていて、何時までたっても消え去らない。悪夢のような出来事が起こる前には幾つかの伏線があった。これもその一つだ。

「散歩に行って来ます」
「また行くの?」と、QPは気にいらないようだ。
近所の公園に関するホームページを開設して3年目。新聞やテレビの取材のお蔭か、アクセスも徐々に増えてきた。そんなことは単なる偶然で大したことでもないのに、今よりもっとバカだったから張り切っていた。

6月からは可愛い親子鴨が中島公園に現れる。公園に現れる親子の全てを把握して記事にしたらアクセスが増えるのではないかとか、愚かなことを考えていた。当然、散歩も頻繁になる。私としては取材のつもりだが、子供の頃に遊んだ「汽車ごっこ」の様なもの。定年後に「記者ごっこ」に代わっただけである。普通の散歩とは勢いが違うから往々にしてやり過ぎる。

「ホームページとかやったって誰も見やしないよ。記者ごっこなんか止めなよ」
とQPは相変わらず私のやることにケチを付ける。
「そんなことありません! カメラマンごっこも、ツアコンごっこの人も沢山います。北海道中、日本中、それどころか世界中を駆け回っている人さえいるのです」
「丈夫で金持ちならいいけどアンタはダメ!」

「中島公園くらい歩き回ったって高が知れているでしょう」
とは言ったものの私は虚弱体質。体調を崩してゴロゴロ寝ていることも多い。密かに反省はしているがQPには言われたくない。ろくでもない暇つぶしと思っている人には、何も言われたくないのだ。

公園が一番賑わう札幌まつりは終わったが、親子鴨のシーズンは8月ごろまで続く。可愛い鴨の赤ちゃんを撮り終わり、家に帰ろうとすると藤棚橋(仮称)辺りに人だかりがしている。これは要注目、人々の視線の先には必ず珍しいものがあるものだ。

興味津々の私は、さっそく見物人の輪に入る。迂闊なことに、これが私自身の生理を著しく狂わせる原因になるとは夢にも思わなかった。高齢の私にとって、帰宅時間とはトイレタイム、絶対に侵してはならない天から下される至上命令である。

「親子鴨は毎年現れるけれど、オシドリの親子は初めてだね」とか言って、見ている人たちは声を潜めながらも興奮して囁きあっている。これは特ダネ中の特ダネ、絶対に撮らなければと思っていたら肝心なトイレタイムを忘れてしまった。自律神経だから忘れていることさえ気がつかないのだ。

それでも溜まるものは時間の経過に応じて溜まる。撮り終って家路につくと突然尿意を感じた。家まで5分くらいだから我慢することにした。しかし2分くらい手前で凄くしたくなり、マンションのオートロックの鍵を開けホッとしたが、まだまだ気は抜けない。緊張の糸が切れれば、瞬く間に人間としての尊厳を失うだろう。

我慢も限界に達しているのに、エレベーターは15階で止まっていた。降りて来るのにかなりの時間を要するだろう。万事休すだ。出来ることは一生懸命前を押さえるだけだった。押さえて止めて勝つ。これが私の使命、結果が全てである。

エレベーターに乗って玄関を開けるまでの時間が、とても長く感じた。クツを脱ぎ捨てトイレに突進した。その後については、野球に例えればホームペースにに滑り込んでタッチアウト。後始末に没頭していたらQPが来た。

「玄関に靴が脱ぎっぱなしだよ」
こちらは、それどころじゃないけれど、
「急いで下着の洗濯をします。靴はその後ですね」と、落ち着いたフリをする。
意外にもQPは何も言わずにその場を去った。

どうやら居間に帰ってテレビドラマの続きを見るつもりらしい。気付かれなくて好かったとホッとしたが、それは大間違い。ドラマの続きを見たかっただけで、私の状況は全て把握していたのだ。そのことは1年後の「大事件」で知ることになる。

切ないことに2年越しのトイレタイム騒動になってしまった。次回にご期待下さいと書きたいのはやまやまだが気が引ける。10年以上前のことだからご容赦願いたい。

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2015/06/20 00:00】 | 中島公園・薄野
トラックバック(0) |

素朴な疑問
路傍の石

PPさんはエライ!
QPさんの手を煩わせず、
自分の事は自分で始末をするなんて。

でも思うんですよね~。
そういう人のための建物が
公園の中にだってあるでしょうに。

「何がなんでも家まで戻らなけりゃ」という一途な思いに、
失礼ながら笑っちゃいました。



おっしゃるとおりです
PP
おっしゃるとおりです。公園内には公衆トイレだけでも7カ所あります。
どこに居ても4分以内にトイレに行けます。
家に帰るのも4分、公衆トイレに行くのも3分と言う位置が難しいです。
なかなか後ろに引き返せない、どうしても家に向かってしまうのです。
これが失敗の原因ですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
素朴な疑問

PPさんはエライ!
QPさんの手を煩わせず、
自分の事は自分で始末をするなんて。

でも思うんですよね~。
そういう人のための建物が
公園の中にだってあるでしょうに。

「何がなんでも家まで戻らなけりゃ」という一途な思いに、
失礼ながら笑っちゃいました。

2015/06/22(Mon) 22:57 | URL  | 路傍の石 #-[ 編集]
おっしゃるとおりです
おっしゃるとおりです。公園内には公衆トイレだけでも7カ所あります。
どこに居ても4分以内にトイレに行けます。
家に帰るのも4分、公衆トイレに行くのも3分と言う位置が難しいです。
なかなか後ろに引き返せない、どうしても家に向かってしまうのです。
これが失敗の原因ですね。
2015/06/23(Tue) 06:28 | URL  | PP #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック