朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
毎朝テレビを消して話しながら朝食をとる。今朝の話題はプロ野球。
「今度はソフトバンクと2連戦だよ」
QPは毎晩欠かさず、ラジオで「ファイターズDEナイト」を聴いているから、球団の動きはよく知っている。しかし野球のルールはご存じないようだ。それでも楽しんでいるのだから不思議だ。

「どこでやるのですか」
「え~と、ナンとか言う……、島でやるんだよ」
「島でやるとは珍しいですね。どこの島ですか?」
「う~ん、何だったかな? えーと、カゴシマ」
「島じゃないでしょう」
「シマだよ。カゴシマって言うんだから」
「そうですね」

鹿児島は遠い。QPは根室生まれだから知らなくて当然かもしれない。とりあえず同意しておいた。服従と誤魔化しの世界は心地よい。反抗したり正直に生きようとしたこともあるが、疲れるばかりで得るものは何もなかった。

何でもハイハイと言うこと聞いていればQPの機嫌はすこぶるいい。そして私は誤魔化しに成功すれば、何故か優しくなれる。お互いに暮らしを潤す潤滑油がドクドクと出てくるのだ。いつの間にか我家は、私という怠け者の天国になってしまった。

独り善がりのオタクだから、やりたいことが山ほどある。しかし無職だからやらなければならないことは特にない。それなのに憧れの三食昼寝付の暮らしができている。QPがこの不公平に気付けば一巻の終わりだが、その気配もない。

誤魔化しのテクニックの第一は服従の姿勢を示すこと。頼まれたことは絶対に断らない。しかし頼まれない為の努力は惜しまない。例えば嫌なことを頼まれれば必ず失敗するようにする。簡単なようで難しい。能無しと言われても挫けない精神力が必要だ。簡単なことでも繰り返し失敗することが肝心である。継続こそ力なのだ!

ところで鹿児島での野球だが、ファイターズはホークス相手に4対2で負けてしまった。敗因は近藤と中田のエラーだが、新聞に載った写真が余りにも素晴らしい。何回見ても厭きないので切り取っておいた。

中田の表情が特にいい。強面なのに泣きそうな顔をしている。近藤は無念の表情、マウンドを降りる若い上沢の後ろ姿が老人の様に曲がっていた。三人三様の敗者の姿にドラマを感じた。二人のエラーがなければ違った展開になっていただろう。

やはり大切なのは守備だ。QPは攻撃力はあるが守備に弱い。私は相手を攻撃しないで守備に専念する。だから強いのだ。エラーの多いチームは勝てない。我家の暮らしでエラーとはなにか? QPを怒らすことである。今年は、「ノーエラーのロケット・スタート」だ。優勝間違いなし。ただし観客も居ない二人の世界でのことだが。

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2015/04/18 00:00】 | 生きる知恵
トラックバック(0) |

継続は力なり・・・ですね!
路傍の石

能無しを演ずるのに、精神力と継続が必要とは・・・
考えてみると確かにそうかもしれません。

>二人のエラーがなければ違った展開になっていただろう。

プロだからエラーは極力ゼロに近づけなければいけない。
でも人間だからネ~。

PPさんの 「ノーエラー」 を、蔭ながらお祈りしています。




ノーエラーを目標に
PP
生まれつき能無しですから演じる必要がないのですが、
見栄っ張りですから恰好つけてしまいました。
野球は何となく運が好い方が勝つような気がします。
丸いボールを丸いバットで打つのですから、どこに飛ぶのか分かりません。
ノーエラーを目標に頑張ります。QPのふくれっ面なんか見たくないです(笑)。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
継続は力なり・・・ですね!

能無しを演ずるのに、精神力と継続が必要とは・・・
考えてみると確かにそうかもしれません。

>二人のエラーがなければ違った展開になっていただろう。

プロだからエラーは極力ゼロに近づけなければいけない。
でも人間だからネ~。

PPさんの 「ノーエラー」 を、蔭ながらお祈りしています。


2015/04/21(Tue) 09:25 | URL  | 路傍の石 #-[ 編集]
ノーエラーを目標に
生まれつき能無しですから演じる必要がないのですが、
見栄っ張りですから恰好つけてしまいました。
野球は何となく運が好い方が勝つような気がします。
丸いボールを丸いバットで打つのですから、どこに飛ぶのか分かりません。
ノーエラーを目標に頑張ります。QPのふくれっ面なんか見たくないです(笑)。
2015/04/21(Tue) 18:46 | URL  | PP #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック