朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
年度替わりなので簡単に自己紹介をさせて頂きます。QP(妻)と二人暮らし。今年で75歳になるショボクレた老人です。スポーツ、ゲーム、勝負事など何をやっても上手く行きません。オマケに勉強も嫌いです。

けれども毎日幸せに暮らしています。50年間抱いていた子供時代からの夢が叶ったからです。それは「遊んで暮らす」ことです。ところで幸せで満足している人には娯楽なんか必要ないと思っていませんか? それは大間違いですよ。

と、言うことでで始めたのが書くことと歌うことです。これなら勝も負けもありません。一人で楽しむことが出来るのです。だから一人で歌い、日記でも書いていればいいのですが、それが出来ない私はホントに困った人です。

聞いてくれる人が居ないと歌う気がしないので、カラオケ会に参加しています。それから読んで欲しいのでブログで発表するのは良いとしても、多数が参加するメーリングリストで「読んでくださ~い」とか呼びかけてしまうのです。読む価値があればいいのですが、今この時点で価値がないことがバレていますね。これが問題です。

去年の暮れ「誰でも書ける易しい掌編小説講座」に行きました。友人が「程度が低くてつまらないから止めちゃった」と言うので、私でもついて行けるかも知れないと思ったのです。なにぶん私は初心者よりももっと酷い何も知らない人です。

甘かったですね。小説は難しいです。私の手には負えないと思い、止めてしまいました。せっかく書いたのに勿体ないと思い、1月~3月の間に、その講座で書いた「小説モドキ」をこのブログに載せてしまいました。恥知らずでごめんなさい。

これからはエッセイを書きたいと思っています。決して「文化教室」などに習いに行ったりはしません。行けば、こんなのエッセイでないと、自分で分かってしまいます。スポーツ、ゲームなど何をやっても結論は「やっぱりダメでした」です。

物事を続けるためには、ダメと思わないことが肝心と思います。自分を知らなければ、幾らでも楽しんで続けることが出来る筈。幸せな誤解です。これは私が半生をかけて発見した心理。念のためですが真理ではなく、私個人の心理状態ですね。

エッセイについては何も知りません。繰り返しになりますが、こんなのエッセイでないと分かるのが怖くて調べられません。「小説」で懲りましたから。こんなことで読んでもらえるのか? と言う疑問は残りますが、困ったことに止められません。愚か者につける薬はないようですね。現世ではこのままと諦めています。

蛇足ですが、カラオケは「聞き苦しいから歌うな」と言われるまで続けるつもりです。実は35年くらい前に言われたことあります。それから30年くらい歌わなかったのです。今度言われたら20年間お休みにします。これが限界。またもや30年なら105歳になってしまいます。アチラ様のお迎えが来るのではないでしょうか。心配です。
以上、自己紹介でした。毎週土曜更新、よろしくお願い致します。

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2015/04/01 00:00】 | 愚かな私
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック