朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客室乗務員のナッツの出し方が悪いと怒った副社長が居た。乗務員を罵倒し、暴行の疑いもあるという。いわゆる「大韓航空ナッツ事件」。マスコミ報道もいろいろあったと思うが機長がどういう対応をしたかは、寡聞にして私の耳目に入らない。

乗務員を降ろすために搭乗ゲートに戻るには、理由を付けて管制の許可を求めなければならないと思う。搭乗ゲートに戻る「ランプリターン」の理由を何と言ったのだろうか。新聞を一紙しか読まない私にはさっぱり分からない。ワイドショーを観れば分かるかもしれないが私は観ない。

聞いた話だが、ランプリターンとは、天候上の理由、機体トラブル、航空機の整備、持ち主のいない荷物の存在、乗客の安全に問題が生じた場合、滑走路へ向かっている航空機が管制官の許可を受けて、途中からランプ(航空機駐機区域)に引き返すことを言うそうだ。

航空保安法上の航空機航路変更の罪が問われているのに操縦するパイロットのことが、何も書いてない。不思議で仕方がないのでネットを覗いてみたら少しだけ書いてあった。「航空機内の指揮権は機長にあり、副社長とはいえ越権行為だ」と非難されると、副社長は引き返しは機長がやったと答えたそうだ。懲りない彼女の責任転嫁と思うが事実には違いない。

副社長は散々叩かれて最早副社長ではなく容疑者に過ぎない。不思議なのはやはり機長だ。言いたいことはないのだろうか? まさか唯唯諾諾と「命令」に従った訳ではあるまい。動き出している航空機の運航に関しては副社長が指示する余地はないと思うのだが如何なものだろうか?

「勤務中の乗務員を降ろす為のランプリターンは出来ません。ただ機内での暴言暴行等の事実があれば、安全に関わることですから加害者を降ろす為に戻ることは可能です。先ず加害者を確認するので協力してください」と言えば済むことだと思う。

いかに我儘な人としても仮にも副社長、機長の対応にイチャモンをつけることは出来ないだろう。しかしそれでは何も無かったことになってしまうし、航空機を降りた後が怖い。だから裏があるような気がしてならないのだ。

「裏とはなんだ」
「何やかんやですよ。いろいろあるでしょ」
「ナンヤカンヤとはなんだ?」
何やかんやは~……。なんやかんやは~。 ナンヤカンヤだー ! 」 

毎月第二及び第四土曜は「小説モドキ」の更新です。
次は2月14日(土)です。よろしくお願い致します。

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2015/02/07 00:00】 | 私が思うこと
トラックバック(0) |


花筏
小説、読ませていただきました。

自分自身を過大評価できる人の神経って、
どんな構造になっているのか不思議です。
人体の構造は、万人皆同じ筈なんですけれど。

どこの世界にもいるんですよね、自分は何を言っても
許されると 勘違いしている憐れな人が。

肩書きを外したあとにも、
尊敬される人でありたいものです。




コメントありがとうございます。
PP
そうですね。
副社長とか肩書がなくても尊敬できる人は沢山いますね。
私も、そのような尊敬できる友達がいてくれて幸せです。
会って嬉しく、話して楽しく、黙っていても心温まるのです。
私の思い込みで、独り善がりかも知れません。
それでも尊敬できる人がいることは幸せですね。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
小説、読ませていただきました。

自分自身を過大評価できる人の神経って、
どんな構造になっているのか不思議です。
人体の構造は、万人皆同じ筈なんですけれど。

どこの世界にもいるんですよね、自分は何を言っても
許されると 勘違いしている憐れな人が。

肩書きを外したあとにも、
尊敬される人でありたいものです。


2015/02/20(Fri) 22:28 | URL  | 花筏 #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
そうですね。
副社長とか肩書がなくても尊敬できる人は沢山いますね。
私も、そのような尊敬できる友達がいてくれて幸せです。
会って嬉しく、話して楽しく、黙っていても心温まるのです。
私の思い込みで、独り善がりかも知れません。
それでも尊敬できる人がいることは幸せですね。

2015/02/21(Sat) 18:22 | URL  | PP #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。