fc2ブログ
朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
まったく世の中はままならない。事態は私が知らない方向にどんどん進んで行く。まるでハンドルのない車に乗っているみたいだ。走り出しても方向が定まらない。
♪オイラはしらねぇから車に聞いてくれ、ハハノンキダネー♪

実際にホームページ(HP)を作成しているのは私だから、どうしても、事実上の責任者であるAさんに相談したいことが出てくる。私には勝手に作って公開する度胸がない。どこかAさんのパワーを頼っているところがある。

当初はHP更新に関してはAさんが積極的で、私は引きずられているような感じだった。それが次第に消極的になって来た。それでも私が相談を持ちかけると、「はいはいどうぞ」と気軽に乗ってくれた。

その様な親しみある態度は全く変わらないのだが、だんだん捉まえにくくなって来たのだ。例えば、休憩時間は他の人と喋っている。教室が終われば、山の仲間と「この次はどこの山に行こう」とか相談をしている。

「それはねアンタとは話したくないと言うことだよ」
Aさんは家にも来たことがあるのでQPも面識がある。
「そんな筈ありません。嫌な顔一つしないのですから」
「バカだね~。逃げてるだけだよ」
「HPを1ヶ月に一度作ろうと約束したのですよ。嫌なら止めたと言えばすむことです。一人ではやらないと言うのが私の条件ですから」

不本意ながら山登りの相談が終わるのを待ってHP更新について話し合うことになってしまった。ところがその日は山登りの仲間と話しながら教室を出て行ってしまった。HPと一緒に私の存在も忘れ去られたようだ。寂しいな~。

仕方がない、家でページを作って次の週に更新ページを印刷して持って行こう。教室が始まる前に、休憩時間に話し合いをすることを伝えて置かなければならない。ともかく締め切りが迫っているのだ。

「やさしい英会話」教室は黒板を正面にしてコの字型に机を並べている。つまり、端から端まで繋がっているのだ。早く来た人から自由に座ればよいことになっている。私がAさんの横に座るのは、いつもそこが空いているからである。

教室に入ったら、私の席にBさんが座っている。そしてAさんから一番遠い席が空席になっている。1年間も隣に座っていたのに何の前触れもない席替えだった。意表を突かれて呆然とした。

席順は決まっているわけではないから仕方がない。とにかく、休憩時間に話し合う必要があることだけは伝えなければならない。締め切りが迫っているのである。

「締め切りと言ったてアンタが勝手に決めただけでしょ」
「二人で決めたのです」
「Aさんはやる気ないよ」
「そんなことありません。いつも前向きに話し合っています」

「だけど、なかなか捉まらないんでしょう」
「人気者だから忙しいのですよ」
「避けてるだけだよ。まだ分からないの。情けないねぇ」
「HPを止めたいと言えば私も止める。これも約束ですから逃げる必要はないのです」

「察してあげなきゃダメじゃない」
「テキパキ決める人です。察する余地はありません。止めたければそう言う筈です」
「分かった分かった、10年前のことなんかどうでもいいじゃない。しつっこいね~」
「言い訳したいことに締め切りはないのです」
「ワタシゃ聞きたくないからブログとやらに書けば…」

この件に関しては10年たって言い訳すべき材料が出てきたのだ。私自身「そうだったのか~」と、やっとAさんの気持ちが分かった。ヒントになったのは先日聞いたAさんの話。なぜその時話さないで10年もたって喋るのだ。まったくやりきれない。

その時話してくれれば私は無駄な努力をする必要もなかったし、誤解もされなかったし恥もかかなかった。Aさんだって逃げ回る必要がなかったのだ。

「動物に例えればAさんはトラで私はウサギです」
「Aさんってそんなに強いのかい」
「トラがウサギを恐れて逃げ回るなんて考えられないですよ」
「分かる分かるよ~」
「何がですか?」
「アンタってねぇ、メンドクサイんだよ。アタシだって逃げたいわ」

10年前の誤解を解くのは本当に難しい。たとえ新事実が出てきたとしても難しい。本人にとって重大なことも周囲の人にとっては些細なこと。覚えているはずがない。実際に聞いて見たら、その場に居た5人が覚えていないといった。
それでも私の言い訳は続く……。

FC2blog テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

【2014/08/09 00:00】 | 照る日曇る日
トラックバック(0) |


カスミ草

>私には勝手に作って公開する度胸がない。

女は愛嬌 男は度胸。
PPさん男でしょう!

Aさんが相談にのってくれないなら、「私一人の判断で公開します!」って、
啖呵をきれば胸がス~っとしたでしょうに。
でもそうできない事情があったのでしょうネ(きっと)

アタシだって逃げたいとQPさんに言われ、
仲間5人も覚えていないという事態に延々と言い訳を続ける、「その結末」とは。

どんな オチ が待っているのでしょう。
楽しみにしています。

最後までいい訳
pp
「こんな~ 酒場の片隅で~ 寝てるフリして泣くなんて~ 
男でしょ アナタは海の男でしょ♪」
昔はこんな歌がありました。映画「男はつらいよ」もヒットしていましたね。
このブログも、ささやかな啖呵をきるつもりで書いているのですよ(笑)。
ですからオチはありません。最後までいい訳で終わりそうです。


のん子
その頃は携帯はなかったのでしょうか?(^^ゞ
自宅の電話はあったんでしょうね?
何か理由があったにしても、約束は守るべきって思いますけどね。

私なら切れてるでしょう(笑)
HPをどうするつもりなのか、他の人が居ても、「ちょっと事務連絡の話がありますので」って強引に話に割り込みますが?

強引に座り込む結果に…
pp
10年前だから、携帯を持っている高齢者は少なかったです。
それに1週間に1回は会うのですから、
その時に片付けようと思えば片付くのです。
つまり片付ける意思があるかないかの問題ですが、
その辺にギャップがありました。
私もそのつもりで立っていたのですが行きがかり上、
話ではなく私自身が強引に座り込む結果になりました(笑)。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント

>私には勝手に作って公開する度胸がない。

女は愛嬌 男は度胸。
PPさん男でしょう!

Aさんが相談にのってくれないなら、「私一人の判断で公開します!」って、
啖呵をきれば胸がス~っとしたでしょうに。
でもそうできない事情があったのでしょうネ(きっと)

アタシだって逃げたいとQPさんに言われ、
仲間5人も覚えていないという事態に延々と言い訳を続ける、「その結末」とは。

どんな オチ が待っているのでしょう。
楽しみにしています。
2014/08/11(Mon) 09:14 | URL  | カスミ草 #-[ 編集]
最後までいい訳
「こんな~ 酒場の片隅で~ 寝てるフリして泣くなんて~ 
男でしょ アナタは海の男でしょ♪」
昔はこんな歌がありました。映画「男はつらいよ」もヒットしていましたね。
このブログも、ささやかな啖呵をきるつもりで書いているのですよ(笑)。
ですからオチはありません。最後までいい訳で終わりそうです。
2014/08/11(Mon) 19:24 | URL  | pp #kEawCMz.[ 編集]
その頃は携帯はなかったのでしょうか?(^^ゞ
自宅の電話はあったんでしょうね?
何か理由があったにしても、約束は守るべきって思いますけどね。

私なら切れてるでしょう(笑)
HPをどうするつもりなのか、他の人が居ても、「ちょっと事務連絡の話がありますので」って強引に話に割り込みますが?
2014/08/13(Wed) 09:36 | URL  | のん子 #Xlf.8pIU[ 編集]
強引に座り込む結果に…
10年前だから、携帯を持っている高齢者は少なかったです。
それに1週間に1回は会うのですから、
その時に片付けようと思えば片付くのです。
つまり片付ける意思があるかないかの問題ですが、
その辺にギャップがありました。
私もそのつもりで立っていたのですが行きがかり上、
話ではなく私自身が強引に座り込む結果になりました(笑)。
2014/08/13(Wed) 12:39 | URL  | pp #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック