FC2ブログ
朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
皆様にとってはありふれた話と思うが、孤独で幸せ薄い私にとっては素晴らしい夢のようなエピソードを紹介したい。ある日のお昼過ぎに電話がかかってきた。
「私、分かる?」
「Aさんですか」
「今、貴方の公園のベンチに座っているの。来れない?」

公園は私の住居に隣接しているので急いで行ってみた。ほぼ中央の芝生の広場にベンチが並んでいる。その辺りを見渡したがAさんの姿は見えない。

一人でベンチに座ってタバコを吹かしている女性が居る。しかしAさんではないだろう。つば広の帽子を被りサングラスをかけ足を組んでいる。一瞬Aさんかなと思ったが彼女ならタバコは吸わない。

ここまで来て手ぶらでは帰れない。ダメで元々と思いながら近寄ってみると、なんとAさんではないか。
「私ねぇ、フランス映画みたいにタバコを吸いながらオトコを待ってみたかったのよ」

なるほど、芝居をしていたのか。そういえば昔観たフランス映画のワン・シーンに似ている。何をやっても役にはまる人だと感心した。相手役がヨボヨボで気の毒だが仕方がない。Aさんだって上から目線で扱える私だから堂々と芝居を打てるのだ。ともかく楽しく世間話ができ、少し親しくなったような気がして嬉しかった。

こんなこともあって、「やさしい英会話」教室では並んで座ることになった。ホームページ(HP)作成の相談があるので、その必要もあったし、誰からみても自然の流れだろうと思っていた。しかし、これも勘違い。

「アンタは木を見て森を見ないからダメなんだよ」とQP。
「そうかも知れませんね」
「その場の空気も読めなくちゃダメだよ」
「ダメな人と一緒に暮らして辛くないですか?」
「アタシは関係ないよ」

当時の私は初めてのHP「ペラペラクラブ」作成に挑戦し失敗し、勉強のため札幌シニアネット(SSN)に入りHP作成に再挑戦している最中だった。頭の中はHP作成のことでいっぱいだ。

ところが、教室の皆さんはどうかというと。インターネット環境がある人はAさんと私、そして先生が息子さんに見せてもらっているだけである。その他の人は見られないのだから興味がなくて当たり前。私は全力でHP作成に取り組んでいたので、こんな当たり前の事にも気がつかなかったのだ。

ともかく、Aさんは熱心に記事を集めてくれた。当然、HPにするための相談ごとも多くなる。Aさんだって必要性を感じて私に隣に座るように勧めたのだ。もちろん私に異存があるはずもない。そうするのが当然と考えていた。こうして、先生、Aさん、私の三人体制でHP作成を続けることになって1年経過した。

2年目になると、いつの間にか私一人で写真を撮り記事を書き、HPを作成をする様になってしまった。これはこれでいいけれど、最終的には編集長であるAさんに点検してもらう必要がある。

当初からの約束で、コンテンツ(内容)は編集長、HP作成はPPと言うことでやっている。相変わらず私は孤独な状態だから内容についてイチャモンをつけられたら対応できない。どうしてもAさんの力が必要なのだ。

一年もたつとAさんの点検もだいぶ雑になってきた。少し気がかりだが、私も慣れてきたので安心して任せられていると前向きに捉えることにした。しかしこれは間違いであることが後になって分かった。孤立していると情報不足に陥り、自分の側からの一方的な解釈しか出来なくなるのだ。

こうして、誤解が誤解を生み「私が強引にAさんの横に座る事件」に発展してしまったのだ。ある日、教室に入ると28人が座っていて一つの席が空いていた。Aさんに用事があったので、その席には座らずクルリと回って、Aさんの後ろに立った。

先生はまだ来ていない。私がいつも座っていた席にはBさんが座っていた。AさんとBさんはお喋りに夢中なので、その場に立って話が途切れるのを待っていた。ただそれだけの話なのに何故あのような「事件」になってしまったのだろう。私にはさっぱり分からない。

確かにその時は何も分からなかった。しばらくして皆さんがトンデモナイ誤解をしていることに気がつき、動揺して動けなくなった。私はそうゆうタイプなのだ。例えば車にぶつかりそうになった時、回避しないで立ち止まってしまう。

私が動かないので皆が動くことになってしまった。そして10年たってやっと真相にたどり着いた。意外と言えば意外だが、当然と言えば当然。ヒントは「家族」と言っても何のことかサッパリ分からないと思う。いい訳は本当に難しい。しかし始めた以上途中で止めたくもない。申し訳ないけれど続けます。

FC2blog テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

【2014/08/02 00:00】 | 照る日曇る日
トラックバック(0) |


のん子
うちの夫も弁解出来ないタイプですって言うか、大体が会話が少ないんですが。
私に多少の関係があることなら、代わりに弁解することもありますが、関係のないことなら放っておきます。
何事も人生経験です(^^ゞ

私は誤解されたらイヤな方なので、それまでに自分の味方を作っておきます。
何かあったら自分は勿論ですが、友達の力も最大限に駆使してことに当たりますよ(^^)/

そのAさん、此処をご覧になってますか?(汗)

10年後に分かった事実
pp
のん子さんの作戦はなかなかいいですね。孤独の私では真似はできませんが。
その時、まったく分からなかったことが、ご本人の話で誤解であることが判明したのです。
10年後の話で分かりました。今更言い訳しても関係者が読むはずないし、
内容も忘却の彼方です。
自分では勘違いが10年後に分かり、面白いと思いました。
Aさんはこのブログは読まないと信じています。
かれこれ12年の付き合いですがブログの話は一度も出たことがありません。


カスミ草
言い訳ですか・・・

私は言い訳するのは嫌いで、白黒つけてスッキリするのが好き。

でも人生、灰色が必要な時もありますよね。

白、黒、灰色の使い分け、難しいです。

語るに落ちる言い訳
pp
我ながらですが、言い訳好きはダメな人ですね。
カスミ草さんの様に白黒をハッキリする人の方が好きです。
恋に落ちるとか言いますが、語るに落ちる言い訳です。
好きだからするのでなく、陥ってしまうのです。
言い訳はこれでお仕舞いにします。
その分念入りにやるつもりです。ゴメン(笑)。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
うちの夫も弁解出来ないタイプですって言うか、大体が会話が少ないんですが。
私に多少の関係があることなら、代わりに弁解することもありますが、関係のないことなら放っておきます。
何事も人生経験です(^^ゞ

私は誤解されたらイヤな方なので、それまでに自分の味方を作っておきます。
何かあったら自分は勿論ですが、友達の力も最大限に駆使してことに当たりますよ(^^)/

そのAさん、此処をご覧になってますか?(汗)
2014/08/06(Wed) 10:45 | URL  | のん子 #Xlf.8pIU[ 編集]
10年後に分かった事実
のん子さんの作戦はなかなかいいですね。孤独の私では真似はできませんが。
その時、まったく分からなかったことが、ご本人の話で誤解であることが判明したのです。
10年後の話で分かりました。今更言い訳しても関係者が読むはずないし、
内容も忘却の彼方です。
自分では勘違いが10年後に分かり、面白いと思いました。
Aさんはこのブログは読まないと信じています。
かれこれ12年の付き合いですがブログの話は一度も出たことがありません。
2014/08/06(Wed) 11:21 | URL  | pp #kEawCMz.[ 編集]
言い訳ですか・・・

私は言い訳するのは嫌いで、白黒つけてスッキリするのが好き。

でも人生、灰色が必要な時もありますよね。

白、黒、灰色の使い分け、難しいです。
2014/08/08(Fri) 22:43 | URL  | カスミ草 #-[ 編集]
語るに落ちる言い訳
我ながらですが、言い訳好きはダメな人ですね。
カスミ草さんの様に白黒をハッキリする人の方が好きです。
恋に落ちるとか言いますが、語るに落ちる言い訳です。
好きだからするのでなく、陥ってしまうのです。
言い訳はこれでお仕舞いにします。
その分念入りにやるつもりです。ゴメン(笑)。
2014/08/08(Fri) 23:48 | URL  | pp #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック