朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝食はテレビを消して話しながら食べるが、興味のある話題は何回も繰り返される。それは私が蒸し返すからだ。それに何を話したか一々覚えてはいられない。

「チョンマゲの話ですが……」
「アンタまだ拘ってるの、その話はもう終わったの」
「肝心なことを忘れていました」
「ハゲのことなどさっさと忘れなよ」

説明不足で誤解されたような気がする。私の真意をぜひ理解して欲しい。昔、『猿の惑星』という映画が大ヒットしたのを覚えているだろうか。次のようなダジャレ・クイズが流行ったくらい評判になったのである。「犬と猿と猫がおならをした。一番臭いのはどれ?」もちろん正解は猿、「サルノワクセイ」。

映画の中では猿が地球を支配し、人間は家畜になっていた。地球上には猿の思想と文化がはびこり、そこで愛を語るのは人間ではなく猿だった。「愛してる」とか「君を抱きしめたい」とか言っているのは猿なのだ。人間は檻のなかで「ウォー」とか叫んでいるだけである。こんな映画を観て1時間もたつと、自分が猿になったような気がして来るから不思議だ。そして人間が動物の一種に見えて来るのだ。

「文化とは模倣、サルとヒトが入れ替わっても慣れるもんですね」
「映画なんかに影響されて情けないねえ」
「私たちは欧米文化の真似をしているだけではないでしょうか」
「アタシは真似なんかしてないよ。欧米文化って何さ?」
「分かりません。あるといいですね。ひとくくりにできれば便利です」

終戦直後、東京の焼跡で育った私にとって欧米、特にアメリカは夢の世界だ。洋画を観るのが大好きだった。白黒の邦画など見向きもしない小学4年生がいた。それが私と歯医者の息子、貧乏人と金持ちとの違いはあったが趣味だけが一致していた。

平日に二人で映画を観に行って警察に補導された事もある。総天然色のアメリカ映画が大好で、貧乏臭い邦画をお金を払って観る気がしなかった。

その後、洋画の影響を強く受けている日活アクション路線に切替えた。石原裕次郎の、「夜霧よ今夜も有難う」は「カサブランカ」の邦画版。小林旭の「渡り鳥シリーズ」は「シェーン」の影響を受けているようだ。赤木圭一郎の「霧笛が俺を呼んでいる」はまるで「第三の男」のリメイクだ。以前観た洋画と比較するのが好きだった。

こうゆう状況の中で「愛してる」と言って似合う人のイメージが、私の頭の中で固まってきたのだ。だから、もし私らの様な風采の人が、お互いに「愛してる」とか言ってたら、凄い違和感を抱き恥ずかしくて観ちゃいられない。

しかし『猿の惑星』を観て考えが変わった。チンパンジーの雌雄が愛を語り合い、抱き合いチューをする。最初こそ軽い違和感を覚えたものの次第に慣れて来て、猿たちが愛し合う男と女に観えてくるから不思議だ。それに反比例するかのように人間が家畜か野獣のように見えてきた。

「人間がわざわざ作り出したものを文化と言う」そうだ。それならば美観も好き嫌いも文化と思う。大きな力を持ってすれば文化をもコントロールすることが出来るかも知れない。必要な力さえあれば何事も意図的に変えることが出来るだろう。

例えば、QPの様な人ををヒロインにして、PPの様な人がヒーローになる恋愛映画を作って、3年くらい大ヒットさせる。そうすれば、数え切れないほどの人々が、QP&PPが演ずるラブシーンを観ることになる。そして、慣れてしまえば、それが恋愛シーンのスタンダードとなるだろう。「猿の惑星」を観て、私はこう確信した。

「そんなこと出来るわけないでしょ」
「何億という人を一斉に右を向かせる力のある人なら出来ます」
「あんた、ホントにバカだね~、そんな人いる訳ないよ」

私は居ると思っている。グーグルはどうだろうか? 億単位のページが検索され易いように作られている。それはグーグルの意向に沿った形でページ作りがなされていることを意味している。グーグルが右を向けと言ったら何億ページもが一斉に右を向くのだ。もちろんグーグル検索で上位に表示されたいからである。

マイクロソフトはどうだろうか。ウィンドウズXPが使えなくなればパソコンを買い替えなければならない。世界中で使われているから膨大な数だろう。買いたい人が買うのではない。大きな力には逆らえないから買うのだ。

両者とももっともらしい理由をつけているが、私たちと対等の立場ではない。圧倒的な情報を持ち圧倒的な力を持っている。私たちに分かるのは公表された事実のみだ。彼らの本心を見極める手立てがない。流行をつくろうと思えば作れるだろう。

「世間に知られていない隠れた部分に商売の旨みがあると思うのです」
「アンタって本当に捻くれているね。パソコンなんか買わなきゃいいでしょう」
「使わないと損です……」
「私は持ってないけど損してないよ」
なるほど、損と思わなければ損ではない。しかも堂々と生きている。

FC2blog テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

【2014/04/19 00:00】 | 愚かな私
トラックバック(0) |

益々可愛いQPさん
蝦夷地の人
またしてもQPさんの・・・と書いていて、あれ待てよ・・・もしかして此のブログはPPさんがあれこれ書くけれど、つまるところは(隠れたところは)QPさんの自慢じゃないでしょうか?  ピンポーン!!
なんて今気がつきましたよ!あぁなんと鈍いワタクシ、そう思い直して読みましたら、全文これQPさんへのラブコールに埋め尽くされているようですね!
QPさんの可愛さ、おおらかで、屈託が無くて、ドーンとしていて、私も大好き。ファンです。

TVではごちそうさんという番組がずいぶん流行ったそうですが、ここもちょっと違う意味で、御馳走さん、ですねぇ。ウフフふふ。

(猿の惑星は、ラストの砂に埋まった自由の女神像の頭が印象に残っています。)



「猿の惑星」意外な結末
pp
「ごちそうさん」ですか、それに応える言葉は確か「お粗末さま」でしょうか。
そうでしたらQP&PPにぴったりですね(笑)。
二人は外ではともかく家の中では勝手し放題ですよ。
「猿の惑星」のラストシーンは衝撃的ですね。
「ラストシーンは誰にも絶対に言わないでください!」と案内がありました。
自分でも知ろうとしないで分からないまま鑑賞しました。
まさに意外な結末でした。考えさせられました。


カスミ草
猿の愛、PP&QPさんの愛、
でも最後に顔を覗かせるのは やはりパソコン。

QPさんとパソコンが、PPさんにとっては必要不可欠なようですね。

パソコンが絶対必要なPPさんと、
パソコンに全く興味を示さないQPさんの対比も、
失礼ながら面白く感じます。



気になるパソコン
pp
やはり気になるパソコンですね。XPはネットから切断しました。
買いたくないけれど買わなければならないのです。辛いですね。
自費出版「中島パフェ」とは行きません。お金かかりすぎです。
泣く泣くパソコンを買うつもりです。なるべく安いのを。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
益々可愛いQPさん
またしてもQPさんの・・・と書いていて、あれ待てよ・・・もしかして此のブログはPPさんがあれこれ書くけれど、つまるところは(隠れたところは)QPさんの自慢じゃないでしょうか?  ピンポーン!!
なんて今気がつきましたよ!あぁなんと鈍いワタクシ、そう思い直して読みましたら、全文これQPさんへのラブコールに埋め尽くされているようですね!
QPさんの可愛さ、おおらかで、屈託が無くて、ドーンとしていて、私も大好き。ファンです。

TVではごちそうさんという番組がずいぶん流行ったそうですが、ここもちょっと違う意味で、御馳走さん、ですねぇ。ウフフふふ。

(猿の惑星は、ラストの砂に埋まった自由の女神像の頭が印象に残っています。)

2014/04/20(Sun) 20:30 | URL  | 蝦夷地の人 #BejLOGbQ[ 編集]
「猿の惑星」意外な結末
「ごちそうさん」ですか、それに応える言葉は確か「お粗末さま」でしょうか。
そうでしたらQP&PPにぴったりですね(笑)。
二人は外ではともかく家の中では勝手し放題ですよ。
「猿の惑星」のラストシーンは衝撃的ですね。
「ラストシーンは誰にも絶対に言わないでください!」と案内がありました。
自分でも知ろうとしないで分からないまま鑑賞しました。
まさに意外な結末でした。考えさせられました。
2014/04/20(Sun) 20:57 | URL  | pp #kEawCMz.[ 編集]
猿の愛、PP&QPさんの愛、
でも最後に顔を覗かせるのは やはりパソコン。

QPさんとパソコンが、PPさんにとっては必要不可欠なようですね。

パソコンが絶対必要なPPさんと、
パソコンに全く興味を示さないQPさんの対比も、
失礼ながら面白く感じます。

2014/04/22(Tue) 16:14 | URL  | カスミ草 #-[ 編集]
気になるパソコン
やはり気になるパソコンですね。XPはネットから切断しました。
買いたくないけれど買わなければならないのです。辛いですね。
自費出版「中島パフェ」とは行きません。お金かかりすぎです。
泣く泣くパソコンを買うつもりです。なるべく安いのを。
2014/04/22(Tue) 18:52 | URL  | pp #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。