朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
私は素人役者の真似事をしている。実は家の中で一人芝居をやっているのだ。観客はQPだけだが彼女は私が芝居をしていることに気付いていない。だから完全なる一人芝居だ。バカみたいと思われるかも知れないが、楽しくて止められない。私は船長、夫婦舟の安全運航に責任を負っているのだから悪いとは思わない。

「この川がどこへ流れてゆこうとも 岸を離れた夫婦舟♪ (作詞:荒川利夫)」
で、始まる「夫婦舟」は三笠優子さんが歌っている。歌詞を読んで共感できる部分は、"どこへ流れてゆこうとも岸を離れた夫婦舟"。一方、本当かなと思うのは"涙をふき合う貴方がいるわ"のフレーズである。こんなことは一度もなかった。いつも一人で泣いていた。

愛しあって夫婦になる人は少ないと思う。結婚したい人がそこに居たから一緒になったのだ。これはお互い様である。当時は20代後半までに結婚するのが当たり前だった。「一人口は食えぬが二人口は食える」と言われていたし「永久就職」という言葉もあった。それほど普通で当たり前のことだったのだ

結婚すれば家族手当ももらえるし、今と違って住宅難の時代に社宅等の住居まで与えられた。しかも、子供がいないと老後の暮らしが心配な社会情勢だった。福祉の代わりに子供を頼りにする時代、「子無しなら野垂れ死を覚悟しろ」と脅かす人さえ居た。

こんな時代に私たちの夫婦舟は出航して、社会という大海原を漂うことになった。やがて子が生まれ家族舟、そして子は独立し再び夫婦舟となる。岸を離れた夫婦舟はどこに流れて行こうとも一緒に乗って行くより仕方がない。運命共同体ではあるが愛し合っているわけでもない。ただ何となく二人暮らし。

古くなった夫婦舟はオイルが切れてガタが来ている。かなり乗り心地が悪いけれど行くべき港もなく何処となく彷徨う。いっそう海にでも飛び込むかと、悶々としながら航海を続ける哀れなPP、多分QPも。そんな時に私は肺炎に罹り入院する羽目になった。2ヶ月間の入院生活は私にじっくり考える時間を与えてくれた。

法的なこと、経済や健康上のこと、あらゆる面から検討したが、夫婦舟からの脱出はリスクが大きすぎるとの結論に至った。残された道はただ一つ、乗り心地を好くする事である。詳細については前々回の「今は幸せかい」に書いたので省略する。

結論として言えることは、高齢になったら自分も相手も変えられない。しかし、変わったように見せかけることは出来る。つまり演じることはできるのだ。ならば相手に気に入られるように演じればよい。そうすれば腹の中はともかく、うわべだけは仲良しになり静かな暮らしができる。

肝心なのは目的である。それを忘れたら演じている内に別人になってしまう。それでは何の為に生きているか分からない。人は皆、ある目的をもって生きている。生きると言うことは決して演じることではない。手段の為に目的を忘れてはいけないと自戒している。

120628boat.jpg
札幌市中島公園菖蒲池 2012年6月28日撮影

「ほ~ぉ、自戒しているのかい」
「なんだか詐欺師になったような気がするのです」
「違う自分を信じさせているんだから立派な詐欺だよ」
「嫌ですね~」
「嫌なら止めればいいだろう」
「いつの間にか役者の気分になっちゃったのです」
「だから、その気分を変えろと言ってるんだよ」
「ところが、そうは行かないのです」
「なんで?」
「役者は3日やったら辞められないと言うでしょ」

FC2blog テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

【2014/03/15 00:00】 | 生きる知恵
トラックバック(0) |

船長 がんばって!
カスミ草
PPさんが安全運航の責任を自覚しているのですもの、QPさんは安心して
夫婦船に乗っていらっしゃる事でしょう。

それにしてもPPさんはいつも笑わせてくれます。
「いつも一人で男泣き」には笑っちゃいました。

今の時代は子供に頼らず、何とか自力で生きていこうと考える人が
大半なのでしょうね。
私もそうしたいと思っている一人です。

オイルが切れガタがきているのは我々の身体も同じ。
自分の心身の健康にも気を配って、安全運航ガンバッテ~。

安全運航に頑張ります
PP
応援ありがとう。安全運航に頑張ります。
一人で泣いているのは私だけじゃあないから普通に泣いています(笑)。
読んで笑ってもらえれば嬉しいですね。
そうですね。私も子供に面倒掛けないように色々準備しています。
身体についてはお互いに気をつけて長生きしましょう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
船長 がんばって!
PPさんが安全運航の責任を自覚しているのですもの、QPさんは安心して
夫婦船に乗っていらっしゃる事でしょう。

それにしてもPPさんはいつも笑わせてくれます。
「いつも一人で男泣き」には笑っちゃいました。

今の時代は子供に頼らず、何とか自力で生きていこうと考える人が
大半なのでしょうね。
私もそうしたいと思っている一人です。

オイルが切れガタがきているのは我々の身体も同じ。
自分の心身の健康にも気を配って、安全運航ガンバッテ~。
2014/03/15(Sat) 21:45 | URL  | カスミ草 #-[ 編集]
安全運航に頑張ります
応援ありがとう。安全運航に頑張ります。
一人で泣いているのは私だけじゃあないから普通に泣いています(笑)。
読んで笑ってもらえれば嬉しいですね。
そうですね。私も子供に面倒掛けないように色々準備しています。
身体についてはお互いに気をつけて長生きしましょう。
2014/03/15(Sat) 22:03 | URL  | PP #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック