fc2ブログ
朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
北海道新聞に「子ばなし」というコーナーがある。時々読んで微笑んでいる。無邪気な子供の話は思わぬ発見があって面白い。それに気持ちが温かくなる。

kobanasi2.jpg
人形劇場こぐま座の前にある遊戯広場。札幌市中島公園

「今日とっても笑える話があったのですよ」と後輩のA子さん。
「ぜひ聞かせて下さい。どんな話でしょうか」
「孫のCちゃんの話です」
真面目すぎるA子さんから初めて面白い話を聞かせてもらえるのだ。こんな嬉しいことはない。だが待てよ、笑えなかったらどうしよう。ヒネクリストの私は素直な話では笑えない。

「娘のB子に赤ちゃんができたようなんです」
「好かったですね。おめでとうございます」
何としても笑って上げたいが、まだ早いかな?

「三番目の出産なんですよ。まだ誰にも話してないんです。内緒ですよ」
「分かりました。拷問されない限り絶対にしゃべりません」
おやおや、A子さんが笑っている。笑わなきゃならないのは私なのに困ったものだ。

「B子は仕事があるので私がCちゃんを学童保育に連れて行ったのです」
「お孫さんの送り迎えですね。それはご苦労様です」
状況は分かったがまだ笑うタイミングではない。ともかく一生懸命聴いていれば笑える時が来るだろう。

「Cちゃんが先生に『お正月東京に行けなかったの』って言ったんですって。すると先生に『どうして行かなかったの。お母さん赤ちゃん産まれるの?』って聞かれたんですって。先生、勘がいいよね」
おやおや、A子さん笑っている。これから面白い話になるのだな。黙って聴こう。笑うのはその後だ。

「その答えが面白いんです。『ううん違うよ、ママのお腹に赤ちゃんいないよ。だってママがまだ誰にも言っちゃダメって言ったもの』。先生、困ったでしょうね。Cちゃんからこの話を聞いて、もう大笑い! 娘も怒るのを忘れてお腹抱えて笑っていました」
「そうですか。可愛いですね(⌒_⌒)ニコ 」

「まだ赤ちゃんの心音も聞こえないし、週数からいっても赤ちゃんが小さすぎるので、安心できる状態になるまで、親としてはあまり人に言いたくなかったらしいんです。 それで子供達にも口止めをしていたんです。でも子供に嘘をつかせるのも可哀そうですよね」
「大丈夫ですよ。Cちゃんは嘘をついていません」
「ホント?」

「誰にも言っちゃダメと言うことは、お腹に赤ちゃんは居ないということです」
「そうですね。心音も聞こえないし」
「可哀想でもないし、嘘もついていません。ただ可愛いだけですよ」
「そうです、そうだよ、可愛い,カッワイイッ! ワーイワーイ」
「ハッハハハー、ワッハハ~ワッハハ~」
「可笑しいでしょう」
「お昼はオニギリですか?」
「はぁ?」
「歯にベッタリ海苔がついますよ。ハッハハー」

ともかく笑えてホッとした。

FC2blog テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

【2014/03/08 00:00】 | 愚かな私
トラックバック(0) |

小噺
カスミ草

子ばなしから小噺の世界へ・・・ですね。
子供は純粋で可愛いです。
Cちゃんの戸惑いの心に同情しながらも、ウフフフ と
笑ってしまいました。
我が家の隣家でも半月ほど前に第3子が誕生しました。
少子化の時代に3人目のお子さんとは、嬉しいことですね。

それにしても海苔で昼食がばれたのは、
いつも紳士のPPさん? 真面目すぎるA子さん?
(まぁ~、これは大した問題じゃありませんネ)

可愛くて微笑ましい
PP
コメント有り難うございます。しかし、Cちゃんは戸惑っていないのではないでしょうか。
自信をもって「ママのお腹に赤ちゃんいないよ」と言ったと思います。
ですから可愛くて微笑ましいのです。書いていて温かい気持ちになりました。
ワーイワーイと大きく口を開けたら歯に海苔がベッタリ、思わず笑ってしまいました。

ヒネクリストさんへ改名!いかが?
蝦夷地の人
こんにちは。
まず「ヒネクリスト」の呼称にうふふです(^^)
いいですねぇ、この呼び名。とても気に入りました。
前記事のレトリックも愉しく読みましたが、何時も意外性でアッ、と感じさせるって素晴らしい事です。
表現者たる所以だと思います。(物書き(尊敬をこめて)も表現者、でしょ)
子達への視線にヒネクリストさんの慈愛を感じるのは私だけでしょうか?
心から慈しんでいるご様子が見え隠れです。

高い所は苦手です
PP
蝦夷地の人さん、こんばんは。
ヒネクリストに改称したいけど、もうダメです。
だけど気に入ってくれて有り難うございます。
豚もおだてれば木に登るといいますが、これもダメ。高い所は苦手です。
心から慈しんでいるのは確かですよ。
残念ながらよその人の娘さんの子です。でも可愛いですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
小噺

子ばなしから小噺の世界へ・・・ですね。
子供は純粋で可愛いです。
Cちゃんの戸惑いの心に同情しながらも、ウフフフ と
笑ってしまいました。
我が家の隣家でも半月ほど前に第3子が誕生しました。
少子化の時代に3人目のお子さんとは、嬉しいことですね。

それにしても海苔で昼食がばれたのは、
いつも紳士のPPさん? 真面目すぎるA子さん?
(まぁ~、これは大した問題じゃありませんネ)
2014/03/08(Sat) 12:13 | URL  | カスミ草 #-[ 編集]
可愛くて微笑ましい
コメント有り難うございます。しかし、Cちゃんは戸惑っていないのではないでしょうか。
自信をもって「ママのお腹に赤ちゃんいないよ」と言ったと思います。
ですから可愛くて微笑ましいのです。書いていて温かい気持ちになりました。
ワーイワーイと大きく口を開けたら歯に海苔がベッタリ、思わず笑ってしまいました。
2014/03/08(Sat) 18:54 | URL  | PP #kEawCMz.[ 編集]
ヒネクリストさんへ改名!いかが?
こんにちは。
まず「ヒネクリスト」の呼称にうふふです(^^)
いいですねぇ、この呼び名。とても気に入りました。
前記事のレトリックも愉しく読みましたが、何時も意外性でアッ、と感じさせるって素晴らしい事です。
表現者たる所以だと思います。(物書き(尊敬をこめて)も表現者、でしょ)
子達への視線にヒネクリストさんの慈愛を感じるのは私だけでしょうか?
心から慈しんでいるご様子が見え隠れです。
2014/03/09(Sun) 13:33 | URL  | 蝦夷地の人 #BejLOGbQ[ 編集]
高い所は苦手です
蝦夷地の人さん、こんばんは。
ヒネクリストに改称したいけど、もうダメです。
だけど気に入ってくれて有り難うございます。
豚もおだてれば木に登るといいますが、これもダメ。高い所は苦手です。
心から慈しんでいるのは確かですよ。
残念ながらよその人の娘さんの子です。でも可愛いですね。
2014/03/09(Sun) 20:47 | URL  | PP #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック