fc2ブログ
朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
二人暮らしは揉め事が多い。たった二人だから話し合えば分かると思ったら大間違い。二人だからこそ纏まらないのだ。そこには自分と、自分の敵だけが居て公正な第三者は存在しない。どちらかが自分の意見を引っ込めない限り喧嘩は延々と続く。つまり、一方が我慢しなければ収まらないのである。

在職時代はQPが我慢していたようだ。しかし、退職後の数年間は両方とも我慢しないからバトルの連続だった。そして、その度に私が負けていた。
「こんなことではいけないと思い、一念発起しました」
「堪忍袋の緒が切れて、おっとり刀で逆襲かぁ」
先輩の言うことは何時もからかい半分だから気に触る。

「喧嘩しないため、何でも我慢することにしました」
「なんだと?」
「言ったでしょう。どちらかが我慢しなければ喧嘩は収まらないのです」
「そんなに卑屈になることないじゃないか」と薄ら笑い。
「ドンデモナイ! 一つの役を選んだだけです」
「なに?」
「ドラマでも主役悪役決まっているでしょ。同じ役者が両方やる訳に行かないのです」

2年間の忍従時代を経て今は平穏だ。特に我慢することもなく静かに暮らしている。QPは、ある日突然私が逆らわなくなったので勝ったと思っている。一方私は、たった2年の我慢で、お望みの結果を得ることが出来たのである。三食昼寝付きで家事もせず文句も言われず静かに暮らしているのだから有り難い。

これこそウインウインの関係。理想の人間関係である。退職したら家でノンビリ暮らすのが私の夢だった。それがたった2年の我慢で手に入ったのだ。振り返ってみればQPは37年も我慢したのに私はたった2年。それで夢を叶えたのだから勝利としか言いようがない。

「こう見えても新婚のときは亭主関白だったんですよ」
「そうかい」
「小遣い5千円ですからね」
「それっぽちかい」
「15万の人なら5万とっても10万残りますが、1万5千円の安月給ですよ」
「なるほど、QPさんは1万円でヤリクリか。そりゃ大変。そりゃあカンパクだ」

その頃の職場は独身の若者で溢れていた。仕事が終わると集まって一杯飲むのだが、話題は若くして結婚した者の悪口ばかりだ。もちろん理由はある。結婚した途端に付き合いを止めるからだ。

「まさかお前までそうは、ならんだろうな」
独身の先輩たちから次々と言われると、つい「私は大丈夫です」とか言ってしまう。
「男に二言はないぞ!」とか強く念を押されると、気の弱い私は万事休すだ。

てな訳で我が家の財政はスタートから火の車。全ては私のせいだ。気が弱いから誘われると行きたくなくても断れない。こんな状態は退職するまで続いた。月給が15万になると小遣いも5万になっていたが、好きでもない飲み会で使ってしまう。もったいないが、これも浮世の義理と諦めた。

そのときはQPが何も言わないから、それで良いのだと思っていた。つまり私が外で働き、QPは家で働く、単なる分業と思って何の疑問も抱かなかった。もちろん嫌いな飲み会など仕事としか考えられなかった。

後で分かったことだが私が在職中の37年は、QPにとって我慢の時代だったのだ。自分自身が我慢の生活をしてやっと分かったことである。在職中のケンカは何時もQPの沈黙で終わった。実はこれが問題なのだ。

その時はやっと分かってもらえたと思ったが、実際は納得しないで我慢をしていたにすぎない。自分が我慢する立場になってよく分かった。延々と続くケンカを止めたければ黙るしかない。 こうして37年分のマグマがQPの腹の中に溜まったのである。

その恐ろしさをタップリと思い知らされたのは退職後だった。家でノンビリ暮らそうと思っていたが大間違い。我が家は完全にQPに占拠されていて私の居場所はなかった。たった7.8畳の一間を除いて…。

130123myroom.jpg
足の踏み場もない穴倉モドキの自室。片隅に見えるベッドと布団が侘しい。毎日ここで寝ているのだ。

退職後の数年間は言い争いばかりしていたが、外出を多くしてケンカの数を少しずつ減らした。しかし会えば直ぐケンカになるので減ったような気がしない。ケンカは私が黙ることで終わる。不本意ながら私の負けだ。

いろいろ事情があって3年前にケンカをしないことに決めた。理由を問わず無条件で我慢することにしたのだ。やってみると思ったよりしんどい。しかし何とか克服した。この辺の事情は既に書いたので省略する。

「私の夢は家でノンビリ暮らすこと。退職後10年で夢が叶いました」
「ちっぽけな夢だな」と先輩。
「2年間の我慢は辛いですよ。『艱難汝を玉にす』とはホントですね」
「苦労を乗り越えて立派な人間に成長したというのかねぇ」
「QPは37年間我慢して、私の退職後は家庭内バトルですから割りに合わないですよ」
「その代わりQPさんは、2年間でアンタを屈服させてバトルを終わらせたんだろう」

「終わった後がよくないですね」
「なんで?」
「独裁者になっちゃったのですよ」
「いいじゃないか!」
「掃除、洗濯、食事の支度と皿洗い、全部独裁。お陰で私はノンビリです」
「なんだと! そんなことは国民のアンタがすることだ」
「カンベンしてくださいよ。私はか弱い文化人です

FC2blog テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

【2014/02/15 00:00】 | 生きる知恵
トラックバック(0) |

No title
カスミ草
掃除 洗濯 食事の用意  全てQPさんがしてくれて、
PPさんはノンビリ、ゆったり。
これじゃ やはりQPさんに従わざるを得ませんね!
幸せな人生じゃないですか。
在職中は自分が思うままの家庭で、
退職後は数年の我慢の時間があったとはいえ、
「♪ いいじゃないの~、今が良ければ~ ♪」

PPさんの部屋、パソコンに占領されていますね。ビックリ!!

すべて良くなる
PP
確かに幸せな人生です。しかし砂上の楼閣、いつ崩れるかわかりません。
それで毎日「すべて良くなる。困ったことは起こらない」と唱えています。
これが結構効き目がありまして、未だに幸せが続いています(笑)。
いいじゃないの~ 幸せならば~♪

お言葉ですがパソコンは部屋を占領したりしません。慰めてくれているのです。
我が家がQPに占領されてしまいました。

ひとさまの書斎の様子
蝦夷地の人
むか〜し。さる週刊誌の最後に、著名人達の書斎探訪のページがあり、これを見たさに時々購入した事を思い出しています。
夫の書斎はあるけれど私は未だに持っていませんが、居間の片隅の小さなデスク周辺が私のエリア。お互い不可侵条約の不文律が結婚以来守られていて、これだけは共通項。後はまるで正反対の真逆を生き抜いて半世紀(大袈裟!)になります。
読むほどにやはり私はQPさんの大フアン! なんと可愛い人でしょう。このPPさんの書斎の大公開を拝見して益々QPさん好きになりました!
理由なんていわずもがな、ウフフフ・・・です。ニヤニヤ。


ありがとうございます
PP
そうなんですか。蝦夷地の人さんの書斎は居間の片隅ですか。
私の場合は自分の寝室に何でも置いてあるだけですから書斎とはいえません。
一方、和室も居間も、QPの寝室は勿論、その他何処でもQP専用です。
私が自由に使えるのは風呂とトイレくらいです。
QPのファンとはとても嬉しいです。有り難うございます。
その事をQPに伝えたいのですが、内緒で書いているので伝えられません。ごめんなさい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
掃除 洗濯 食事の用意  全てQPさんがしてくれて、
PPさんはノンビリ、ゆったり。
これじゃ やはりQPさんに従わざるを得ませんね!
幸せな人生じゃないですか。
在職中は自分が思うままの家庭で、
退職後は数年の我慢の時間があったとはいえ、
「♪ いいじゃないの~、今が良ければ~ ♪」

PPさんの部屋、パソコンに占領されていますね。ビックリ!!
2014/02/16(Sun) 10:24 | URL  | カスミ草 #-[ 編集]
すべて良くなる
確かに幸せな人生です。しかし砂上の楼閣、いつ崩れるかわかりません。
それで毎日「すべて良くなる。困ったことは起こらない」と唱えています。
これが結構効き目がありまして、未だに幸せが続いています(笑)。
いいじゃないの~ 幸せならば~♪

お言葉ですがパソコンは部屋を占領したりしません。慰めてくれているのです。
我が家がQPに占領されてしまいました。
2014/02/16(Sun) 18:42 | URL  | PP #kEawCMz.[ 編集]
ひとさまの書斎の様子
むか〜し。さる週刊誌の最後に、著名人達の書斎探訪のページがあり、これを見たさに時々購入した事を思い出しています。
夫の書斎はあるけれど私は未だに持っていませんが、居間の片隅の小さなデスク周辺が私のエリア。お互い不可侵条約の不文律が結婚以来守られていて、これだけは共通項。後はまるで正反対の真逆を生き抜いて半世紀(大袈裟!)になります。
読むほどにやはり私はQPさんの大フアン! なんと可愛い人でしょう。このPPさんの書斎の大公開を拝見して益々QPさん好きになりました!
理由なんていわずもがな、ウフフフ・・・です。ニヤニヤ。
2014/02/16(Sun) 18:55 | URL  | 蝦夷地の人 #BejLOGbQ[ 編集]
ありがとうございます
そうなんですか。蝦夷地の人さんの書斎は居間の片隅ですか。
私の場合は自分の寝室に何でも置いてあるだけですから書斎とはいえません。
一方、和室も居間も、QPの寝室は勿論、その他何処でもQP専用です。
私が自由に使えるのは風呂とトイレくらいです。
QPのファンとはとても嬉しいです。有り難うございます。
その事をQPに伝えたいのですが、内緒で書いているので伝えられません。ごめんなさい。
2014/02/16(Sun) 21:22 | URL  | PP #LZZdeBVQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック