朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
今回のテーマは家の中の宝探し。そしてその結末は思いもよらぬものだった。私は家宝、果報者? 
初夢の影響がまだ残っているようだ。

ところで、我が家の料理担当はQP。そして私は平和担当である。
「なんだ、その平和担当というのは?」と、いつものように先輩の突っ込みが入る。
「我が家の平和を守るのが私の仕事です」
「強盗が入ったら戦うとでも言うのかね!?」
「受け持ちは家庭内に限ります。外敵は警察がやってくれますよねぇ」

「家庭内? テキはQPさん一人かい」
「味方も私一人。1対1はこじれやすいのです。平和を守るとは争いを避けることに尽きますね」
「どうやって」
「我慢です。毎日が我慢の連続と思うと、仕事と思わなければやって行けません」
 
我慢が腹に溜まり過ぎると爆発する。それを避けるには少しずつ外に出すことが必要。私のガス抜きはブログに書くことだが正月早々、QPの悪口では品がない。

かような訳で今回だけは二人で力を合わせて頑張ったことを書きたいと思う。私たちはあるものを捜し求めた。それは生き甲斐などという抽象的なものでなく、ズバリ! お宝である。

「なんでも鑑定団」とかいう番組を観たことがある。長い間、物置の片隅に放置されていた壷が百万円もしたりして、驚いたり羨ましがったりしたのもだ。テレビの影響でウチにも宝物が何処かに奥深く埋もれているのではないかと気になってしまったのだ。

「家の中で、家宝になりそうな物ありますか?」
「家宝というと安くないよね」
「価値のあるものですから、高いですね」
「ウチで一番高いのはテレビだよ。テレビが家宝!」

「そういうのではなく高価なツボとか、掛け軸だとか……」
「そんなものあるわけないじゃない」
「貴女がタンスの中に大切にしまっているのは何ですか?」
「あれっ! あった~。オリンピックの記念メダル。あれこそ我が家の家宝だね」

早速、ネットで調べてみる。
「テレビに比べたら安すぎますよ~。せいぜいウン万円ですね」
「あっ、そうだ。飛び切り高いもの思いついた。 家でしょう。家が家宝!」
「家は家宝の入れ物だからダメですよ」
「………じゃー、お金」
「お金もダメ。結局、何も思いつかないと言うことですね」

「家宝って古いものだよね」
「たいていの場合そうですね」
「分かった!」
「なんですか?」
「この家で一番古いのは人間!」

なるほど、二人とも親からもらったものは命だけ。この家で一番古いものは人間だ。
更に言えば私の方が古い! 私が家宝。

「先輩、ちょっと聞いてください」
「なんだね、藪から棒に」
「QPったら私のことを家宝って言うんですよ」
「果報者かよ。アンタがね~?」
「そうなんですよ、私が家宝。灯台下暗しですね」
「ナルホドそうだな。アンタならただ暗闇に立っているだけで人間灯台かもね。ウッフフ、ワッハッハ~

腹が立ったので歌で逆襲!
「なぜ笑う別に気にすることでない頭ハゲても心の錦」
しかし先輩は優しく〆てくれた。心の広い人だ。
「どんな~花よりきれいだぜ~♪」
「センパ~イ、有り難うございます。ジーン...(≧ω≦。)」

FC2blog テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

【2014/01/11 00:00】 | 愚かな私
トラックバック(0) |

素晴らしい家宝
カスミ草
PPさん、今年も楽しいお話で笑わせて下さい。宜しくお願い致します。

「家は家宝の入れ物」なるほどね・・・。
となると、PPさん宅にはもう家宝があるではありませんか。
PPさんに必死に平和を守ってもらっているQPさん。これぞまさしく、
PPさん以上の果報者と思いますよ。クスリと笑えるお話、楽しく読ませていただきました。

家中全部家宝
PP
カスミ草さん、今年もよろしくお願いします。
QPも果報、私もカホウ、我が家の物は全部家宝ですから捨てられません。
なんとか、この考えを捨てないと家中お宝で埋まってしまいます。
「捨てる技術」という本を買ったのですが、とっくの昔に捨ててしまいました。
残ったのは家宝の山です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
素晴らしい家宝
PPさん、今年も楽しいお話で笑わせて下さい。宜しくお願い致します。

「家は家宝の入れ物」なるほどね・・・。
となると、PPさん宅にはもう家宝があるではありませんか。
PPさんに必死に平和を守ってもらっているQPさん。これぞまさしく、
PPさん以上の果報者と思いますよ。クスリと笑えるお話、楽しく読ませていただきました。
2014/01/11(Sat) 22:45 | URL  | カスミ草 #-[ 編集]
家中全部家宝
カスミ草さん、今年もよろしくお願いします。
QPも果報、私もカホウ、我が家の物は全部家宝ですから捨てられません。
なんとか、この考えを捨てないと家中お宝で埋まってしまいます。
「捨てる技術」という本を買ったのですが、とっくの昔に捨ててしまいました。
残ったのは家宝の山です。
2014/01/12(Sun) 12:36 | URL  | PP #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック