朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
ついに、終戦以来の大惨事になってしまった。 今は被災者救援と原発の汚染物質対策が急務で、国民が一丸となって支えなければならない時期と思う。

批判する段階でないことはよく分かるが、どうしても疑問に思うことがある。 
例えば、過大な電流が流れれば、ブレーカーが落ちて電気は止まる。
しかし、それが原因で火事になったりはしない。 

何がなんでも大丈夫というような原発を造れるわけがない。 
東日本大震災で原発が止まって電気が供給できなくなることは理解できる。
大災害だから仕方がない。

だけど、何で壊れたのに燃料が高熱を発し続けるのだだろう。 
理由は冷却水で燃料を冷やす機能を喪失したからだという。 
事故の為に備えた非常用電源が津波で使えなくなったそうだ。釈然としない。

以前私が働いていた職場は、原発みたいに大きな施設ではないが、必要なバックアップ電源はあった。 停電になったら、違う発電所に切り替える。

2ヶ所の発電所がダメなら、自家発電装置、それがダメならバッテリーを使うことになっていた。 地下室のワンフロアー全体がバッテリーで埋まっていた。

非常時に壊れてしまう非常用電源とはなんだろうか? 
それしか出来なかったとは思えない。方法はいろいろある。
経済的な理由で、真剣に検討されなかったのだと思う。みせかけの安全。

「炉心熔融」については昨年5月原子力安全・保安院長が「あり得ること」と国会答弁している。 学者はもちろん東電、保安院、そして国会答弁なので政治家も覚えているはずだ。

最初から「炉心溶融」を前提とした対策を立てれば、被害も最小限に抑えられたと思う。 私は迂闊にも、ホースで水をかけて冷やせば一安心と思っていた。 情報をテレビと新聞に頼っていたので分からなかったのだ。

東電では、大震災から4日もたった3月15日に「大きな音が発生して建屋の屋根が損傷し火が出た。詳しいことは分からない」と言っている。 

私たち素人はこの言葉から、「炉心溶融」とい言う、世界を揺るがす大事故が発生したことを認識出来ない。 だから、消防や自衛隊が水をかけて冷やせば一安心と思っていたのだ。

もちろん、11日の地震発生と同時に、東電、学者、保安院は予想できたはず。国会に係わる政治家も予想できた筈だが、それに応じた行動はとらなかった。 

ものごとには、100%の安全はないのと同様に、100%の危険もないだろう。
10%の運に任せたのだろうか。運さえ良ければ大きなミスは無かったことになる。

ところで去年の5月、保安院長が「炉心溶融もありうる」と国会答弁した。
マスコミがことの重大性を伝えていれば、国民の多くも知っていたはずである。
去年の暮、「海老蔵さん殴打事件」の報道は凄かった。 
せめてこの10分の1くらいでも、マスコミで取り上げてくれていれば……。

東電、学者、行政等「原発村」の村民はともかく、政治家は世論を気にする。 
世論をバックに政治家が指導性を発揮すれば、ことの成り行きも変わったかもしれない。 もうじき選挙、肝に銘じておきたいと思う。

FC2blog テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2011/04/04 14:27】 | 私が思うこと
トラックバック(0) |


のん子
原子炉のことはさっぱり解りません。
壊れた原子炉を修理して再度使うつもりが長引いた原因って何処かに書いて有ったような?
どっちにしろ人災には違いないでしょう。
東電の社長はコストカットの名人だったそうです。


のん子さんへ
nakapa
そうなんですか。東電の社長はコストカットの名人。 
安全装置はお金がかかるからカットされたのですね。
そう考えれば、なんでこんなことが起こるのか、辻褄が合います。
これで、非常時に役に立たない非常用電源の謎が解けました。
ありがとうございます。

あってはならない メルトダウン
朱庵
誰もがチェルノブイリの事故を思い出していますよね・・・。

12日にメルトダウンではなかった・・・という談話を発表しているのです・・・国は・・・。

極力、メルトダウンという言葉さえも使うことをしない慎重さでね・・・。

専門家と各国が一番心配したのもこのことでしょう。放射能汚染に敏感な海外メディアに報道されるとこぞって海外へ引き上げる・・・。

今はもう被災地の方たちの辛さやご心痛を思うと、何もいえないです。



朱庵さんへ
nakapa
そうですね。被災者のことを思うと胸が痛みます。
未だに現地で亡くなる人が後を絶ちません。
今回の原発事故の特徴は、事故があってから発表し、事実を認める。
それの繰り返す中で、事態がエスカレートする。
対策が何もないし、やれば外れて、それ以上の悪い結果が待っている。
半世紀以上前の日本の状態に似ているのが気になります。


空見
こんにちは。
「安全神話」はウソだったことが分りました。
’安全’には膨大なコストがかかります。一企業がそんな経費をかけるでしょうか。
定年後の世帯をターゲットに、「オール電化」の勧誘攻勢が激しさを増していた矢先です。
わが家はまだ定年前なので、郵便受けにチラシを入れられるくらいでしたが、近くの70歳代夫婦のお宅では、東電の執拗な電話勧誘に困り果てていました。
やはり面倒で手間がかかっても、全てのリスクは分散させる、が良いでしょう。

今回の事故で
コマクサ
原発とは?知っている人は造る事に猛反対していた。
私は詳しく知りませんでしたので、反対も賛成もしてない。
しかし秘密が多すぎて理解していない人がたくさんいると思う。
こんな危険な物をどうして正確に説明しないのか、
不思議でならない。
中止する事も壊す事も出来ない物体これから日本は
どうなるのでしょう?これから建設予定のところが
たくさんあると言うが絶対反対します、恐ろしい!
今回の事故で目に見えない放射能汚染対処は出来るのでしょうか?
隠して居た事が次々と分かると不信感で心が痛む。

空見さんへ
nakapa
「オール電化」の勧誘攻勢ですか。まるで電気の押し売りですね。
安全にはコストがかかるのに、電気を沢山つくって押し売りとは問題です。
空見さんが仰るように、安全を優先させるなら分散しかないですね。
水力でも小規模なら環境破壊にもならないそうです。
とにかく、自分で制御できないものは作ってはいけないと思います。
おまけに「安全神話」と隠蔽体質ではどうにもなりません。

コマクサさんへ
nakapa
電力会社、行政、原発推進学者が「原発村」を作っていて、
反対する人は村八分にされていたそうですね。 
仰るように秘密が多すぎるのです。
100%安全がないのと同様に、100%危険はないので、
隠そうとおもったのでしょう。
正直に言って、何事も無かったら損だと思ったのでしょうね。
これを隠蔽体質といいます。困ったことに隠蔽は成功する場合が多いのです。
だから、大事故が起こっても隠蔽のクセが出てしまいます。
原発は絶対に反対しなければならないことと思います。危険ですから。
地震・津波の被災者救援が原発事故の為に遅れています。

ホントにそう
アツガーリン
 安く原子炉をつくるために、あちこち手を抜いた
のは歴然としてますね。コスト計算の元は何か聞いたところ、東電で嘗て財務をやっていた人の話では「火力発電」を比較しての原子炉製作だったようです。1号機など縦屋など狭くて東芝は苦労したようです。すべて「経済優先」で一方「安全」を唱えていたのですから国民を欺いたわけです。西日本JRの「宝塚線」のようなものです。
 昨年5月だかの国会の答弁は「確かにその危険はあるが、これからも安全策をこうじていきたい」式のお役所答弁で、仰るとおりマスコミの責任重大です。大体今のマスコミは半分くらいしか信じない方が良いと思うものです。



アツガーリン さんへ
nakapa
コスト計算の元は、「火力発電」と比較しての原子炉製作だったのですか。
そうすると、「安全神話」は反対論を封じる為、目先の利益の為ですね。
マスコミは企業や政治の影響を受けるので、構造的な問題を抱えています。
ネットに期待したのですが、玉石混合で正しい情報を見極めれるのが大変です。
結局、必要以上の豊かさ便利さを求めた結果とも言えます。
生きるために必要なものは何かから、考え直した方がいいと思います。




nonko-mn
皆さんのお話nakapaさんの受け答え読んで行くと怖くなってしまう事ばかり・・・です。
私は泊原発が出来た頃勤め先が色々あって営業が出来ない時がありました。その時本当は顧客を連れて行く筈だったのだと思うのですが、私たちを連れていったのです。
内部に(多分モデル建屋だと思う)あの異様な感触と内心本当に大丈夫なの・・と思ったものでした。
説明を受ければ受けるほど異様に感じたのを忘れません。勤めの関係も有り給料をもらってる弱みと言うか大きな声も出せずコソコソとそばにいる職場の仲間と話し合ったのを忘れません。
事実になってしまうとは・・・。
だから「想定外」と言う言葉が出た時にそうだったのと思いつつテレビに向かって叫んでしまいました。許せませんね。

nonko-mn さんへ
nakapa
ホントに怖いですね。2か月以上たっても何のメドもたたないのです。
迂闊にも私は、こんなに危ないものとは知りませんでした。
毎日のように、実はこうだったと言う、危ない話が新聞に載ります。
知っているなら、もっと早く載せなさいと言いたいですね。
殆どのことは、とっくの昔から指摘されていたというのだから驚きです。
何で、マスコミは報道しなかったのでしょうね。
私たちに大きな見出しで分かるように報道してほしかったですね。
事故になってから報道しても何にもならないでしょう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
原子炉のことはさっぱり解りません。
壊れた原子炉を修理して再度使うつもりが長引いた原因って何処かに書いて有ったような?
どっちにしろ人災には違いないでしょう。
東電の社長はコストカットの名人だったそうです。
2011/04/04(Mon) 22:20 | URL  | のん子 #Xlf.8pIU[ 編集]
のん子さんへ
そうなんですか。東電の社長はコストカットの名人。 
安全装置はお金がかかるからカットされたのですね。
そう考えれば、なんでこんなことが起こるのか、辻褄が合います。
これで、非常時に役に立たない非常用電源の謎が解けました。
ありがとうございます。
2011/04/04(Mon) 23:06 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
あってはならない メルトダウン
誰もがチェルノブイリの事故を思い出していますよね・・・。

12日にメルトダウンではなかった・・・という談話を発表しているのです・・・国は・・・。

極力、メルトダウンという言葉さえも使うことをしない慎重さでね・・・。

専門家と各国が一番心配したのもこのことでしょう。放射能汚染に敏感な海外メディアに報道されるとこぞって海外へ引き上げる・・・。

今はもう被災地の方たちの辛さやご心痛を思うと、何もいえないです。

2011/04/05(Tue) 01:52 | URL  | 朱庵 #EBUSheBA[ 編集]
朱庵さんへ
そうですね。被災者のことを思うと胸が痛みます。
未だに現地で亡くなる人が後を絶ちません。
今回の原発事故の特徴は、事故があってから発表し、事実を認める。
それの繰り返す中で、事態がエスカレートする。
対策が何もないし、やれば外れて、それ以上の悪い結果が待っている。
半世紀以上前の日本の状態に似ているのが気になります。
2011/04/05(Tue) 05:30 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
こんにちは。
「安全神話」はウソだったことが分りました。
’安全’には膨大なコストがかかります。一企業がそんな経費をかけるでしょうか。
定年後の世帯をターゲットに、「オール電化」の勧誘攻勢が激しさを増していた矢先です。
わが家はまだ定年前なので、郵便受けにチラシを入れられるくらいでしたが、近くの70歳代夫婦のお宅では、東電の執拗な電話勧誘に困り果てていました。
やはり面倒で手間がかかっても、全てのリスクは分散させる、が良いでしょう。
2011/04/05(Tue) 11:50 | URL  | 空見 #-[ 編集]
今回の事故で
原発とは?知っている人は造る事に猛反対していた。
私は詳しく知りませんでしたので、反対も賛成もしてない。
しかし秘密が多すぎて理解していない人がたくさんいると思う。
こんな危険な物をどうして正確に説明しないのか、
不思議でならない。
中止する事も壊す事も出来ない物体これから日本は
どうなるのでしょう?これから建設予定のところが
たくさんあると言うが絶対反対します、恐ろしい!
今回の事故で目に見えない放射能汚染対処は出来るのでしょうか?
隠して居た事が次々と分かると不信感で心が痛む。
2011/04/05(Tue) 21:57 | URL  | コマクサ #Knya96cQ[ 編集]
空見さんへ
「オール電化」の勧誘攻勢ですか。まるで電気の押し売りですね。
安全にはコストがかかるのに、電気を沢山つくって押し売りとは問題です。
空見さんが仰るように、安全を優先させるなら分散しかないですね。
水力でも小規模なら環境破壊にもならないそうです。
とにかく、自分で制御できないものは作ってはいけないと思います。
おまけに「安全神話」と隠蔽体質ではどうにもなりません。
2011/04/05(Tue) 22:27 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
コマクサさんへ
電力会社、行政、原発推進学者が「原発村」を作っていて、
反対する人は村八分にされていたそうですね。 
仰るように秘密が多すぎるのです。
100%安全がないのと同様に、100%危険はないので、
隠そうとおもったのでしょう。
正直に言って、何事も無かったら損だと思ったのでしょうね。
これを隠蔽体質といいます。困ったことに隠蔽は成功する場合が多いのです。
だから、大事故が起こっても隠蔽のクセが出てしまいます。
原発は絶対に反対しなければならないことと思います。危険ですから。
地震・津波の被災者救援が原発事故の為に遅れています。
2011/04/05(Tue) 22:46 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
ホントにそう
 安く原子炉をつくるために、あちこち手を抜いた
のは歴然としてますね。コスト計算の元は何か聞いたところ、東電で嘗て財務をやっていた人の話では「火力発電」を比較しての原子炉製作だったようです。1号機など縦屋など狭くて東芝は苦労したようです。すべて「経済優先」で一方「安全」を唱えていたのですから国民を欺いたわけです。西日本JRの「宝塚線」のようなものです。
 昨年5月だかの国会の答弁は「確かにその危険はあるが、これからも安全策をこうじていきたい」式のお役所答弁で、仰るとおりマスコミの責任重大です。大体今のマスコミは半分くらいしか信じない方が良いと思うものです。

2011/04/11(Mon) 22:10 | URL  | アツガーリン #y8m7udHI[ 編集]
アツガーリン さんへ
コスト計算の元は、「火力発電」と比較しての原子炉製作だったのですか。
そうすると、「安全神話」は反対論を封じる為、目先の利益の為ですね。
マスコミは企業や政治の影響を受けるので、構造的な問題を抱えています。
ネットに期待したのですが、玉石混合で正しい情報を見極めれるのが大変です。
結局、必要以上の豊かさ便利さを求めた結果とも言えます。
生きるために必要なものは何かから、考え直した方がいいと思います。

2011/04/11(Mon) 23:49 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
皆さんのお話nakapaさんの受け答え読んで行くと怖くなってしまう事ばかり・・・です。
私は泊原発が出来た頃勤め先が色々あって営業が出来ない時がありました。その時本当は顧客を連れて行く筈だったのだと思うのですが、私たちを連れていったのです。
内部に(多分モデル建屋だと思う)あの異様な感触と内心本当に大丈夫なの・・と思ったものでした。
説明を受ければ受けるほど異様に感じたのを忘れません。勤めの関係も有り給料をもらってる弱みと言うか大きな声も出せずコソコソとそばにいる職場の仲間と話し合ったのを忘れません。
事実になってしまうとは・・・。
だから「想定外」と言う言葉が出た時にそうだったのと思いつつテレビに向かって叫んでしまいました。許せませんね。
2011/05/20(Fri) 20:02 | URL  | nonko-mn #H6hNXAII[ 編集]
nonko-mn さんへ
ホントに怖いですね。2か月以上たっても何のメドもたたないのです。
迂闊にも私は、こんなに危ないものとは知りませんでした。
毎日のように、実はこうだったと言う、危ない話が新聞に載ります。
知っているなら、もっと早く載せなさいと言いたいですね。
殆どのことは、とっくの昔から指摘されていたというのだから驚きです。
何で、マスコミは報道しなかったのでしょうね。
私たちに大きな見出しで分かるように報道してほしかったですね。
事故になってから報道しても何にもならないでしょう。
2011/05/20(Fri) 22:34 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック