fc2ブログ
朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
私は貧乏だったが、高度成長のお陰で、憧れの中流になれた。 
しかし、「貧乏症」は不治の病、いまだに完治していない。

これを治す一番いい薬は「お金持ち気分」である。 
よく「病気は気から」というではないか。

「今日からは、お金持ちの気分で生きたいと思います」
「気分だけだよ。 お金、使っちゃあ絶対ダメだからね」
おやっ? QPも貧乏症に罹っている。貧乏はうつると聞いていたが本当だ。 

「それはさておき、高福祉高負担についてどう思いますか?」
「いいじゃない、老後を安心して暮らせるんだから」
「私はお金持ちですから、高負担に反対です」
「お金持ちでも、福祉は受けられるんだよ」
「そんなものいりません」

「そうだね。お金持ちなら保険だって好きなだけ入れるしね」
「せっかく、努力してお金持ちになったのに、税金とか言って貧乏人に盗られちゃうのは嫌です。 小さな政府が大好きです」

福祉を自前で出来るお金持ちにとって、高福祉・高負担とは単なる高負担。 反対するのは当たり前だと思う。

博愛主義、人類皆兄弟、鳩山首相なら「友愛」等の気持ちもあるだろう。  
いずれにしろ、お金持ちにとって福祉とは、与えるだけのものであって、受けるものは何もない。 

一方、貧乏人にとっての「高福祉・高負担」はどうだろう。 
負担は殆どゼロで、質の高い福祉を受けられるのだから、こんないい話はない。 
しかし、現実はそのように受け取られていないのは、なぜだろう? 

100116yukigesiki.jpg
ノボテル札幌24階「和乃八窓庵」より望む中島公園、1月16日撮影。

ところで、QPに買物を頼まれたので、行ってきた。
「パン買って来ました。これお釣りです」
「少ないじゃない。何でつり銭ごまかすのよ!」
「お駄賃です」
「アンタ、お金持ちでしょ」
「あれはもう止めました。気分だけでは虚しいですから」

この世に「貧乏党」と「金持ち党」があって、選挙をしたとする。 圧倒的多数で貧乏党が勝つだろう。しかし、現実は違う。 

もちろん、その公約は、高福祉・高負担の実施。 財源はお金持ちの稼ぎと財産にかける税金である。

「そんなことしたら、優良企業や優秀な人材が海外に逃げちゃうよ」とQP。
「大丈夫ですよ。エライ人は愛国心がありますから」
「愛国心があるって誰が言ったの?」
「エライ人です」

「そう…? 国内で頑張っても、お金も財産も減ってジリ貧になるだけだよ」
「その代わり、食えない人は食えるようになります」
「食い潰されたらお仕舞じゃない。国も滅びちゃうよ」

スウェーデンでは、よく「平和に勝る福祉なし、戦争に勝る環境破壊なし」と言われているが、まったく同感だ。

叉、生活者優先社会のモデルにもなっている。 いち早く高齢化社会が進み、約40年前のスウェーデンは、今の日本と状況が似ていたらしい。

200年近くも戦争がない。人口は日本の14分の1など、大きな違いもある。 
しかし、貧しい農業国家から工業国になったこと、高齢化率など、似ている点も少なくない。

消費税は25%、所得税は日本の約3倍と高負担だが、国民はそれに見合った福祉を受けていると聞いている。

「福祉国家スウェーデンは、そろそろ滅びるのですか?」
「そんな失礼なこと言ったらダメだよ」とQPがたしなめる。
「あなたがさっき言った言葉ですよ」
「私が言ったんじゃあないの。テレビで評論家が言ったんだよ」

それなら、私も同じことだ。テレビの代わりにインターネットになっただけの話。 
「高福祉」で検索したら、683万件も表示された。 日本でも福祉について相当、研究されているようだ。

しかし、テレビ、新聞などのマスメディアでは多くを取り上げていない。生活優先社会を目指すなら、もっと頻繁に議論があって当たり前だろう。

たまに議論されても「税金高いよ。嫌でしょ」で終わってしまい、さっぱり議論が深まらない。 大切な話なのに、全国民をを含めた議論に広がらないのは、
なぜだろう。

「さっき、高福祉高負担でも老後を安心して暮らせると言ったでしょう」
「安心して暮らしているじゃない」と、QPは落ち着いたものだ。
「はぁ?」
「今が、老後でしょ」と、動じる気配もない。
「高福祉高負担はこれからの話ですよ。 まったくノー天気ですね」
「あれを見な!」と指をさす。

ここは私の部屋。指差す方向に張り紙があり、こう書いてある。

・すべて良くなる。 
・困ったことは起こらない。 
・嫌なことは考えない。

世の中を変えるには、巨大なエネルギーが必要だが、
自分の気持ちを納得させるには、???の3行で充分である。

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2010/01/24 10:00】 | 私が思うこと
トラックバック(0) |


ちゃちゃ
なかぱさま、
三行のお言葉、正に私の生き方!これぞB型の処世訓!
私の嫌いな言葉は「がんばる!」私はがんばらない。川の流れに浮いているように、どうにかなるさの人生。目の上には青い空が広がり、。何とかなるさのB型気質。大好きである。
それにしても雪の中島公園の景色、いいですねえ。

中流です
賢爺
nakapa様
久しぶりに訪問しました。福祉論の文章を拝読して、お元気そうな様子が伺えます。
年金生活で蓄えもありませんが、趣味に明け暮れ、中流生活を楽しんでおります。
少子高齢化時代における福祉行政の一層の充実を期待しております。


のん子
解りやすい文章です(^_^)v
全くその通りだと思います
ほんとに、どうして高福祉、高負担にならないんでしょう?
アメリカも黒人の貧困医療を改革しようとしたら金持ち白人が反対したような形になりましたね(><)
一旦制度が確立してしまえば、そんなものだと思ってしまうんでしょうが、その端境期が難しいんでしょうね?
金持ちが反対するのは解るとして(腹立だしいですが)大多数の貧乏人の意識ですね?
一番解りやすいのは消費税ですが、例えば食料品は無税に贅沢品と思われる物に高利率なら考えるのでは?
計算が大変そうですが、実施してる国も有りますよね?
民主党はやってくれそうでしょうか??


イチゴとリンゴの館
おはよう御座います。
今日も楽しく読ませて頂きました。
QPさんは退屈のしない方ですね(^_-)-☆
なるほどと納得しながら、「私はお金持ち」と思う事にしました。
その方が楽しいからね~^^

ちゃちゃさんへ
nakapa
そうですか。私も若いとき頑張れ頑張れと、頑張っているのに言われすぎ、
その言葉が嫌いになりました。
「頑張れ」さんには罪がないのに、お気の毒です。
頑張ることは本来いいことなのですが、出来ないときに言われても困るばかりです。
中島公園はいつも地面を歩いているので、高い所に上ると、奇麗だなと思って
撮りたくなります。

賢爺さんへ
nakapa
お陰さまで元気です。ほどほどですが年相応ですね。
そうですね。自分のことですが、ご飯が食べられれば中流と感じます。
楽しみは自分で見つけて楽しく生きています。
川柳も楽しいですね。私は読むだけですが。



1/24付道新「朝の食卓」
隠れ「ナカパファン」
2010.1.24.北海道新聞の朝刊に「禍を転じて福となす」が掲載されましたね。
最後の一行、「定年後の暮らしは思いのほか充実している」、同感!
ブログの話題に関しては、「何故お金持ちになる必要があるの?」、もし、それが幸福のためなら、お金がなくても、楽しく充実した日々を送る事が出来ればいいんですよね?
一番大事な事は、「健康」ですよね。


のん子さんへ
nakapa
賛同して頂き有難うございます。
どうして高福祉にならないのでしょうね。やはり、高負担がネックでしょうか。
受ける福祉より、大きな負担をするのは誰でも嫌でしょうね。
仰るように、制度が確立するまでが大変ですね。
高福祉・高負担と言われると、低所得者までが、税金が高くなる。
これ以上払えない、ギリギリの生活だと言います。どうしてでしょうか。
いまだに理解できないのですが…。



イチゴとリンゴの館さんへ
nakapa
QPも私も退屈しません。退屈したら、必ずケンカになりますから。
何事も心の持ちようですね。スカンピンか病気でない限りですが。
私も常に「すべてよくなる」「困ったことは起こらない」と考えるようにしています。

隠れ「ナカパファン」さんへ
nakapa
「朝の食卓」読んでくれて有難うございます。
「定年後の暮らしは思いのほか充実している」に共感してくれて有難うございます。
そうなんです。多分、自由になったから精神が開放されたのだと思います。
仰るとおり一番大切なのは健康です。これが続く限りは幸せな人生です。



コマクサ
今朝の「朝の食卓」で”人との出会いを大切に、退職後の生活は充実して”
その通りで私も同感です。

スウェーデンでは、40年前の日本に状況が似ていると知り生活者優先社会
になるには40年位後に?
此れではチョッと遅すぎでもっと早く高福祉の研究があってほしい、と思います。


 





mitchi-jul
今日の道新朝刊「朝の食卓」を拝見いたしました。
昨年夏に会われたオーストラリアに移住の札幌出身
の母娘さんは、nakapaさんのHPをインターネットで
知ったのですね。これからも、そうした出会いが
あるかも知れません。
充実した老後には、健康であることが第一ですね。


コマクサさんへ
nakapa
「朝の食卓」を読んでくれて有難うございます。
そうですね。いろいろな出会いが人生をを豊にしてくれます。
私たちにとって40年は長すぎますね。生活者優先社会の道は遠いです。 
それでも「すべて良くなる」と信じて暮らしています。その方が楽しいですから。




mitchi-julさんへ
nakapa
「朝の食卓」を読んでくれて有難うございます。
そうなのです。インターネットは不思議な世界ですね。そして楽しみを与えれくれます。
実は、今月の16日にも、このブログで知り合った方が、お友だちを
お連れして中島公園に来て下さいました、4人で一緒にノボテルのパフェを食べました。
老後も健康であればいろいろ楽しみがあります。仰るように健康が第一です。


OSS025
>「貧乏症」は不治の病
高齢者は、今お金持ちの人も含めてほとんどが、この病に罹っていますね。

>福祉を自前で出来るお金持ちにとって、高福祉・高負担とは単なる高負担。 
>貧乏人の場合、負担は殆どゼロで、質の高い福祉を受けられる。
単純に蟻とキリギリスの論理だけでは、片付けられないのが、福祉の問題です。
それに、どのラインでお金持ちとするかです。
金持ちとはいえないのに高負担を強いられるのは困りますね。
高負担は正真正銘のお金持ちだけにしてほしいです。
大変なのは、これからの若い人ですよ。努力が報われる世の中であってほしいです。

でも、ものは考えよう!
貧乏性なので、お金持ち気分には中々なりませんが、とらえ方ひとつで幸せ気分にはなります。
最後の三行!これですよね。

OSS025さんへ
nakapa
どうやら「貧乏症」は、お仲間がいっぱいいるようですね。困ったものです(笑)。
福祉国家にする道は、中流と感じる人を増やすことが第一歩と思います。
お金持ちと貧乏人は立場がハッキリしていますすが、中流の人は、
文化的な生活は出来るけれど、万一の病気に対する不安はもっています。
この層の人たちがどう考えるかが大切と思います。
ですから、中流の人が、鍵を握ると思っています。
しかし、社会の仕組みを変えるのは難しいし、危険です。
私も、結局は最後の三行になりました。 個人で直ぐに実行できるのは、これだけですから。



フラダン
不治の病「貧乏症」治療費の要らない結構な病気だと思いますよ、
どんなにお金持ちになっても危機感をもって節度を知ればですが、
タダのケチは嫌ですね「朝の食卓・禍い転じて福となす」の様に十人十色で
色々な考え方の人が居りますから「高福祉・高負担」の賛否も様々です
ただ私の考え方としては他人「国」に頼らず自助努力をした方は間違いなく
中流階級の生活が出来ると信じて居ります、後はナカパさん流
「三原則」に徹する事ですね。そんな方は定年後の暮らしは思いのほか
充実してると感じるのでは無いでしょうか、、、

フラダンさんへ
nakapa
「神は、他人の助けをあてにせず、自分自身で努力する者を助ける」
と言うことだと思います。もっと短い格言もありますが、誤解されやすいので…。
私は三原則でゆったりと暮らしています。もう一つの三原則が、有難う、ごめんなさい…
これは…、もう一つが難しいですね。「愛してる」。 ここまで言わなければ不合格(笑)。

今は何社会?
ひよどり
総中流社会と言われた時代がありました。
しかし、あっと言う間に、今は格差社会です。
「なぜ日本には貧しい人が多いのか」なんて本も売れています。
貧しくても我慢出来る。
苦しくても我慢出来る。
つまり、先行きの明かりが見えれば、人はまだ我慢ができるかもしれません。
見えないから、豊かな人ですら、不安に駆られてしまうのでしょうか。
でも、格差社会を象徴しているような人が、為政者として君臨していては、良いイメージが湧きませんね。

ひよどりさんへ
nakapa
考えてみれば総中流社会から格差社会へ至るまでのスピードは早かったですね。
今は方向が定まらない感じです。生みの苦しみか、滅びに至る道半ばか分かりません。
安定感のない不安な社会のような気がします。前途に希望がほしいですね。



旅子
nakapaさんこんばんは

国の借金で維持されてる今の生活は中流らしいけどあぶなっかしい凍りの上にいるようです。
政権が変わっても不安材料はどっさり・・・
今は元気でいるけれどいつどうなってもおかしくない年齢の私たちに安心できる医療体制を整えて欲しいものです・・・・ネ

こんばんは
空見
>・すべて良くなる。 
>・困ったことは起こらない。 
>・嫌なことは考えない。

’坊主丸もうけ’のような訓ですね。私は少し遠慮して「ナントカナル」と思うようにしています。
これは先輩ブロガーさんに教わったのですが・・。

要するに自己暗示です。でも「思えば叶う」といいますから、これで良いのですね。

高福祉高負担・・難しい所です。わが家は低福祉低負担かな^^


旅子さんへ
nakapa
何となく氷がだんだん薄くなって行くようなかがします。
今を維持することの難しさを感じています。
落ちるにしても底抜けにならないようにしてほしいです。
この辺で我慢してくれという、一つの基準を示してくれれば、
返って安心を感じる人も多いと思います。

空見さんへ
nakapa
そうなのです。 坊主丸儲けというか、ひとつの楽観主義ですね。
悲観的な予想を立てても、楽観的に考えても、苦しいときは苦しいのだから、
目をつぶって置こうという、ある意味で合理的な考えですね。
楽しめるときは楽しんでおこうと思っています。





コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
なかぱさま、
三行のお言葉、正に私の生き方!これぞB型の処世訓!
私の嫌いな言葉は「がんばる!」私はがんばらない。川の流れに浮いているように、どうにかなるさの人生。目の上には青い空が広がり、。何とかなるさのB型気質。大好きである。
それにしても雪の中島公園の景色、いいですねえ。
2010/01/24(Sun) 04:27 | URL  | ちゃちゃ #-[ 編集]
中流です
nakapa様
久しぶりに訪問しました。福祉論の文章を拝読して、お元気そうな様子が伺えます。
年金生活で蓄えもありませんが、趣味に明け暮れ、中流生活を楽しんでおります。
少子高齢化時代における福祉行政の一層の充実を期待しております。
2010/01/24(Sun) 06:04 | URL  | 賢爺 #3Yw/5F96[ 編集]
解りやすい文章です(^_^)v
全くその通りだと思います
ほんとに、どうして高福祉、高負担にならないんでしょう?
アメリカも黒人の貧困医療を改革しようとしたら金持ち白人が反対したような形になりましたね(><)
一旦制度が確立してしまえば、そんなものだと思ってしまうんでしょうが、その端境期が難しいんでしょうね?
金持ちが反対するのは解るとして(腹立だしいですが)大多数の貧乏人の意識ですね?
一番解りやすいのは消費税ですが、例えば食料品は無税に贅沢品と思われる物に高利率なら考えるのでは?
計算が大変そうですが、実施してる国も有りますよね?
民主党はやってくれそうでしょうか??
2010/01/24(Sun) 09:00 | URL  | のん子 #Xlf.8pIU[ 編集]
おはよう御座います。
今日も楽しく読ませて頂きました。
QPさんは退屈のしない方ですね(^_-)-☆
なるほどと納得しながら、「私はお金持ち」と思う事にしました。
その方が楽しいからね~^^
2010/01/24(Sun) 09:29 | URL  | イチゴとリンゴの館 #-[ 編集]
ちゃちゃさんへ
そうですか。私も若いとき頑張れ頑張れと、頑張っているのに言われすぎ、
その言葉が嫌いになりました。
「頑張れ」さんには罪がないのに、お気の毒です。
頑張ることは本来いいことなのですが、出来ないときに言われても困るばかりです。
中島公園はいつも地面を歩いているので、高い所に上ると、奇麗だなと思って
撮りたくなります。
2010/01/24(Sun) 09:39 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
賢爺さんへ
お陰さまで元気です。ほどほどですが年相応ですね。
そうですね。自分のことですが、ご飯が食べられれば中流と感じます。
楽しみは自分で見つけて楽しく生きています。
川柳も楽しいですね。私は読むだけですが。

2010/01/24(Sun) 09:45 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
1/24付道新「朝の食卓」
2010.1.24.北海道新聞の朝刊に「禍を転じて福となす」が掲載されましたね。
最後の一行、「定年後の暮らしは思いのほか充実している」、同感!
ブログの話題に関しては、「何故お金持ちになる必要があるの?」、もし、それが幸福のためなら、お金がなくても、楽しく充実した日々を送る事が出来ればいいんですよね?
一番大事な事は、「健康」ですよね。
2010/01/24(Sun) 09:56 | URL  | 隠れ「ナカパファン」 #vlWmi.z6[ 編集]
のん子さんへ
賛同して頂き有難うございます。
どうして高福祉にならないのでしょうね。やはり、高負担がネックでしょうか。
受ける福祉より、大きな負担をするのは誰でも嫌でしょうね。
仰るように、制度が確立するまでが大変ですね。
高福祉・高負担と言われると、低所得者までが、税金が高くなる。
これ以上払えない、ギリギリの生活だと言います。どうしてでしょうか。
いまだに理解できないのですが…。

2010/01/24(Sun) 10:03 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
イチゴとリンゴの館さんへ
QPも私も退屈しません。退屈したら、必ずケンカになりますから。
何事も心の持ちようですね。スカンピンか病気でない限りですが。
私も常に「すべてよくなる」「困ったことは起こらない」と考えるようにしています。
2010/01/24(Sun) 10:10 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
隠れ「ナカパファン」さんへ
「朝の食卓」読んでくれて有難うございます。
「定年後の暮らしは思いのほか充実している」に共感してくれて有難うございます。
そうなんです。多分、自由になったから精神が開放されたのだと思います。
仰るとおり一番大切なのは健康です。これが続く限りは幸せな人生です。
2010/01/24(Sun) 10:15 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
今朝の「朝の食卓」で”人との出会いを大切に、退職後の生活は充実して”
その通りで私も同感です。

スウェーデンでは、40年前の日本に状況が似ていると知り生活者優先社会
になるには40年位後に?
此れではチョッと遅すぎでもっと早く高福祉の研究があってほしい、と思います。


 


2010/01/24(Sun) 10:33 | URL  | コマクサ #Knya96cQ[ 編集]
今日の道新朝刊「朝の食卓」を拝見いたしました。
昨年夏に会われたオーストラリアに移住の札幌出身
の母娘さんは、nakapaさんのHPをインターネットで
知ったのですね。これからも、そうした出会いが
あるかも知れません。
充実した老後には、健康であることが第一ですね。
2010/01/24(Sun) 17:57 | URL  | mitchi-jul #-[ 編集]
コマクサさんへ
「朝の食卓」を読んでくれて有難うございます。
そうですね。いろいろな出会いが人生をを豊にしてくれます。
私たちにとって40年は長すぎますね。生活者優先社会の道は遠いです。 
それでも「すべて良くなる」と信じて暮らしています。その方が楽しいですから。


2010/01/24(Sun) 19:23 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
mitchi-julさんへ
「朝の食卓」を読んでくれて有難うございます。
そうなのです。インターネットは不思議な世界ですね。そして楽しみを与えれくれます。
実は、今月の16日にも、このブログで知り合った方が、お友だちを
お連れして中島公園に来て下さいました、4人で一緒にノボテルのパフェを食べました。
老後も健康であればいろいろ楽しみがあります。仰るように健康が第一です。
2010/01/24(Sun) 19:32 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
>「貧乏症」は不治の病
高齢者は、今お金持ちの人も含めてほとんどが、この病に罹っていますね。

>福祉を自前で出来るお金持ちにとって、高福祉・高負担とは単なる高負担。 
>貧乏人の場合、負担は殆どゼロで、質の高い福祉を受けられる。
単純に蟻とキリギリスの論理だけでは、片付けられないのが、福祉の問題です。
それに、どのラインでお金持ちとするかです。
金持ちとはいえないのに高負担を強いられるのは困りますね。
高負担は正真正銘のお金持ちだけにしてほしいです。
大変なのは、これからの若い人ですよ。努力が報われる世の中であってほしいです。

でも、ものは考えよう!
貧乏性なので、お金持ち気分には中々なりませんが、とらえ方ひとつで幸せ気分にはなります。
最後の三行!これですよね。
2010/01/24(Sun) 20:06 | URL  | OSS025 #-[ 編集]
OSS025さんへ
どうやら「貧乏症」は、お仲間がいっぱいいるようですね。困ったものです(笑)。
福祉国家にする道は、中流と感じる人を増やすことが第一歩と思います。
お金持ちと貧乏人は立場がハッキリしていますすが、中流の人は、
文化的な生活は出来るけれど、万一の病気に対する不安はもっています。
この層の人たちがどう考えるかが大切と思います。
ですから、中流の人が、鍵を握ると思っています。
しかし、社会の仕組みを変えるのは難しいし、危険です。
私も、結局は最後の三行になりました。 個人で直ぐに実行できるのは、これだけですから。
2010/01/24(Sun) 21:08 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
不治の病「貧乏症」治療費の要らない結構な病気だと思いますよ、
どんなにお金持ちになっても危機感をもって節度を知ればですが、
タダのケチは嫌ですね「朝の食卓・禍い転じて福となす」の様に十人十色で
色々な考え方の人が居りますから「高福祉・高負担」の賛否も様々です
ただ私の考え方としては他人「国」に頼らず自助努力をした方は間違いなく
中流階級の生活が出来ると信じて居ります、後はナカパさん流
「三原則」に徹する事ですね。そんな方は定年後の暮らしは思いのほか
充実してると感じるのでは無いでしょうか、、、
2010/01/25(Mon) 09:08 | URL  | フラダン #SFo5/nok[ 編集]
フラダンさんへ
「神は、他人の助けをあてにせず、自分自身で努力する者を助ける」
と言うことだと思います。もっと短い格言もありますが、誤解されやすいので…。
私は三原則でゆったりと暮らしています。もう一つの三原則が、有難う、ごめんなさい…
これは…、もう一つが難しいですね。「愛してる」。 ここまで言わなければ不合格(笑)。
2010/01/25(Mon) 12:05 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
今は何社会?
総中流社会と言われた時代がありました。
しかし、あっと言う間に、今は格差社会です。
「なぜ日本には貧しい人が多いのか」なんて本も売れています。
貧しくても我慢出来る。
苦しくても我慢出来る。
つまり、先行きの明かりが見えれば、人はまだ我慢ができるかもしれません。
見えないから、豊かな人ですら、不安に駆られてしまうのでしょうか。
でも、格差社会を象徴しているような人が、為政者として君臨していては、良いイメージが湧きませんね。
2010/01/25(Mon) 14:20 | URL  | ひよどり #OLHiJ7es[ 編集]
ひよどりさんへ
考えてみれば総中流社会から格差社会へ至るまでのスピードは早かったですね。
今は方向が定まらない感じです。生みの苦しみか、滅びに至る道半ばか分かりません。
安定感のない不安な社会のような気がします。前途に希望がほしいですね。
2010/01/25(Mon) 19:04 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
nakapaさんこんばんは

国の借金で維持されてる今の生活は中流らしいけどあぶなっかしい凍りの上にいるようです。
政権が変わっても不安材料はどっさり・・・
今は元気でいるけれどいつどうなってもおかしくない年齢の私たちに安心できる医療体制を整えて欲しいものです・・・・ネ
2010/01/26(Tue) 18:05 | URL  | 旅子 #EBUSheBA[ 編集]
こんばんは
>・すべて良くなる。 
>・困ったことは起こらない。 
>・嫌なことは考えない。

’坊主丸もうけ’のような訓ですね。私は少し遠慮して「ナントカナル」と思うようにしています。
これは先輩ブロガーさんに教わったのですが・・。

要するに自己暗示です。でも「思えば叶う」といいますから、これで良いのですね。

高福祉高負担・・難しい所です。わが家は低福祉低負担かな^^
2010/01/26(Tue) 19:08 | URL  | 空見 #-[ 編集]
旅子さんへ
何となく氷がだんだん薄くなって行くようなかがします。
今を維持することの難しさを感じています。
落ちるにしても底抜けにならないようにしてほしいです。
この辺で我慢してくれという、一つの基準を示してくれれば、
返って安心を感じる人も多いと思います。
2010/01/26(Tue) 21:01 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
空見さんへ
そうなのです。 坊主丸儲けというか、ひとつの楽観主義ですね。
悲観的な予想を立てても、楽観的に考えても、苦しいときは苦しいのだから、
目をつぶって置こうという、ある意味で合理的な考えですね。
楽しめるときは楽しんでおこうと思っています。



2010/01/26(Tue) 21:57 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック