朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
小学校では「不審者に気をつけて」と教えているそうだ。 子どもたちは不審者をどう見分けるのだろうか? 不思議に思っていたが、答えは新聞に書いてあった。

小学生の回答によると「サングラスをかけたり、マスクをしたり、黒い帽子を被っている人」だそうだ。 ところで私は、そんな格好していないのに子どもたちから不審者と思われてしまった。 

薄野から中島公園に向って歩いていると、楽しそうに歩く子どもたちに追いついてしまった。 女の子二人に、男の子ひとりだ。ピカピカの一年生かもしれない。 夕方なので急いで家に帰ればいいのに、ふざけあって遊びながら歩いている。

可愛いなと思ったけれど、知らない子どもに声をかけたりしたら、それこそ不審者と思われてしまう。 そんなことを考えていると、あることを思い出した。 およそ10年前の福岡市郊外での珍事である。

満員のバスから降りたとたん、今まで我慢していたものが出そうになった。 降りて直ぐ出すのもはしたないし、子どもたちが私に続いてゾロゾロ降りてきているのだ。 教育上よくないと思い更に我慢をした。

ついに我慢も限界に達した。 それでも出すまいとして頑張ったら、歩調に合わせて、テンポよく出てしまった。 プッ、プッ、プッ、プッ、プゥープッ。 背後から押し殺すような子どもたちの笑い声が聞こえた。

振り返ると、私を指さして笑っている子どもたちがいた。 つられて笑うと、こんどは大爆笑となった。 無邪気に笑い転げる小学生たちのメンコイこと。 私も一躍、人気者になったような気がした。  

あの笑い転げる子どもたちの、可愛い姿が忘れられない。 夢よもう一度と思ったが、そう都合よく出てくれるものではない。 

なんとか子どもたちの気を引きたい。 しかし、いきなり面白い おじさんには、なれないものだ。 仕方がないので変なおじさんのフリをしようとしたが、これが案外難しい。 

やりすぎると怪しいおじさんになってしまう。 正真正銘の不審者となってしまうのだ。 中には携帯を持っている子もいるかもしれない。110番通報されたらどうしよう。

あれこれ考えたあげく、歌うことにした。 そう思うといつもの歌が自然に口から出た。 ♪い~つも お前は~ 笑ったあと~で~ ……♪

子どもたちは直ぐに反応した。 立ち止まってこちらを見て笑い出す。そして、急に走り出して距離をとると、叉振り返って笑う。そして走り出す。 何回も繰り返す、その仕草の可愛いこと。 メンコイ、メンコイ。

しばらくすると交差点が見えてきた。 車が頻繁に行き来している。 こんどは、私が立ち止まって距離をとった。 振り向いて笑って、走ったりされては大変だ。 怪我でもされたら冗談ではすまない。残念だがゲームオーバーだ。

中島公園に入ったところで、子供たちが児童会館方面に歩いて行くのが見えた。 これ以上か関わりあってはいけないと思い、わざわざ違う道を通った。 しかし、しばらくすると叉合流してしまった。 

子どもたちは私を見ると、笑って走り出した。 振り返って、笑っては走り出す。 何回か繰り返すと、立ち止まってこちらを見て笑っている。 そして、子ども同士で話し合っていた。

通りがかりに、聞くともなしに聞いてしまった。 「悪い人ではなさそうだよ」とか言っている。 私についての品定めをしているようだ。 聞いてしまったのだから仕方がない。 ちゃんと自己紹介をすることにした。 「近所に住んでいます。中島公園が好きなので写真を撮っています。怪しい者ではありません」

子どもたちは、顔を見合わせては笑っている。 本当に愉しそうだそうだ。 最初は私を不審者と思ったようだ。 学校で不審者に気をつけるように言われたのだろう。

しかし、さっきの態度は何だろう。 不審者に追い掛けられる気分を、楽しんでいるようにしか見えなかった。 不審者と思っているときも、悪い人ではないと分かった後も、愉しそうな笑い顔がまったく変わらないのだ。 

090414krks2.jpg
札幌市・中島公園、地下鉄幌平橋駅前広場のクロッカス、4月14日撮影

「駅前通で急に歌い出しちゃあダメだよ」
「これには深いわけがありまして…。 聞きたいですか?」
「もったい付けずに、さっさと言いな」
「教育効果の検証です」
「そうかい」
「学校のスローガンは『不審者に気をつけて』ですね。私の場合は『みんな仲良く元気よく』です」
「それで…」
「私の勝。というよりも子供たちの勝!」
「なんで?」
「3人仲良く、元気に笑って走りましたね」
「うん、不審者が付け入る余地はないな」
「もし一人だったら、もし不審者に気をつけようと、緊張したら…」
「なるほど、しかし後講釈だな。 子どもにチョッカイ出したかっただけだろう」
「ご想像にお任せします」

子どもに「不審者に気をつけて」と教えると、誰も信用できなくなる。 見た目では誰が犯罪者か分からないからだ。 犯罪者も普段は普通の人。 往来で急に歌いだす私の方がよほど異常に見えるだろう。

報道によると、子どもを交通事故から守ろうとした「知らない人」が、母親に通報されて、逮捕された事件があった。 

多分、この人は幼児が一人で道路を横断するのを危険と思い、手助けのつもりで、手を引いたのだろう。 それを遠くで見ていた母親が110番をしたようだ。 なぜ近寄って声をかけなかったのだろうか? 知らない人を信じられない母親は怖かったのかも知れない。

ここに、2種類の人が登場する。 一人は、人を信じて小さな子どもを交通事故から守ろうとした「知らない人」。 もう一人は知らない人を不審者と疑って警察に通報した母親である。

母親が悪いとは言いきれない。 自分なりの方法で、わが子を守ろうとしただけだ。 しかし、子どもを交通事故から守ろうとした人は、誤解をされて大変な目に遭った。 「これからは誰も信じないことにしよう」と思ったとしても不思議ではない。

こうした事実が積み重なって、人を信じない社会が徐々に形成されていく。 人を信じない社会は一人ひとりが孤立した社会だ。 犯罪をやり易い犯罪者が大好きな社会である。

「不審者に気をつけて」と教えることは、知らない人は信用するなと言うのと同じこと。 実際には、見知らぬ人の99%は善意に溢れた普通の人。いわゆる善人だろう。 

犯罪社会学の専門家の話では「不審者」という言葉を使っているのは、日本だけだそうだ。 なぜなら、この言葉を使って論理的な文章を成立させることはできないからだと思う。 

私はこう考えますが、皆さんはどう思いますか?

このブログ「楽しい食卓、朝の食卓」は週一回、日曜日更新ですが、都合により今回は土曜日更新です。

FC2blog テーマ:話題 - ジャンル:ニュース

【2009/04/18 20:11】 | 私が思うこと
トラックバック(0) |

不審者っぽい普通の人 普通の人っぽい不審者
ウフフの小母はん
どうしてこんな世の中になっちまったんだろうか?と、ウフフの小母はんは考え込んでしまう。
プップッ~~の楽しい時代から、不審者なんて子供が使う言葉でないことを植え付けてしまう大人の都合。
日本語にはたくさん、もっと子供らしい、楽しい、美しい言葉があるはずなのに、それを教える前に、不審者!なんて悲しすぎるよ!
一体この言葉の定義は?
不審者っぽい普通の人、普通の人っぽい不審者!
どうして見分けるの?
教えて!不審者でないおじさん!



nonko-mn
おはよう御座います
実は昨夜読んでいたのですが、あまりにも可笑しく(プププッのところ)笑い過ぎてしまい書き込み止めてしまいました。
本当に今は子供に限らず声を掛け難い時代になりましたよね。昔は知らない小父さんや小母さんが声を掛けて来ましたよね。私は汽車通でしたから良く注意を受けたものです。友人と汽車の中でコーラスを始めたりしてね・・・。


フラフラダンサ〜
可笑しくって!可笑しくって大笑いです!実は、桜旅行中に似た様な事があったのです
温泉で体を洗っていたら「ブッフ~~」となんか変な音がしたの、何の音だろう~?と
思っていたら、急に凄い臭い匂いがして来てお隣のご婦人の出物だと判ったの
そしたら、もう可笑しくって!可笑しくって、、笑うの堪えるのに大変だった!(^^)!
今もね、、真面目にコメントしょうとしてもその時のナカパさんが頭に浮かんで来て、爆笑です!
悪人はホンの一部の人なのに、子供の頃から人間不信にさせる、世の中は嫌ですね、、(=_=)
こんな愉快なおじさんも居るのにねぇ~ウフッ^_^;




mitchi-jul
可愛い子供を見ると「こんにちは♪」と声をかけて
しまう私。ほどほどに、立ち去ることが肝心なのでしょうね。
「知らない人に、付いていったらダメよ。」
このくらいは、わが子に云っていたようにも
思います。
次回、小1の孫娘に「面白い小父さんに出会ったら
どうする?の」と聞いてみましょう!!

ウフフの小母はん へ
なかぱ
どうしてこんな世の中になったのでしょう。
プップップ~の小父さんも考え込んでしまいました。
僭越ですが「仲良く、元気に」で不審者問題を含む
全てが解決できます。 しかし、難しいです。
「仲良くしろ」「元気出せ」といって、そうなれば、
いいのですが、そうは行きません。
低学年教育の最大の目標として取組んでほしいです。



nonko-mn さんへ
なかぱ
半分は笑ってもらうために書いてます。笑ってもらえば励みになります。
そうですね。「声かけ」は大切ですね。特に世代が違うと
コミュニケーションがとり難いです。
今ほど世代間の交流がない時代はないような気がします。
学生が汽車の中でコーラスなんか、青春映画の
一シーンのようです。楽しい時代がありましたね。



フラフラダンサ〜さんへ
なかぱ
温泉でですか。それは凄い一撃ですね。 
普通、湿度が高いところでは匂いは薄まるものです。
こちらも大笑いです。エライしゅう撃に遭ったものですね。
子供たちには仲良くしてもらいました。薄野から
中島公園豊平館前までの長い付き合いでしたから
打ち解けた感じありました。


mitchi-jul さんへ
なかぱ
小1のお孫さん、可愛い盛りですね。ぜひ、聞いてみて下さい。
多分学校で「不審者に気をつけて」と言われていると思います。
不審者とは小学生でなくても難しい言葉ですね。
しかも、意味不明です。私も不審者と思われてしまいました。
しかし、子供たちの協議の結果、「悪い人でない」と判定されました。
有難かったですね。

こんばんは
non_non
難しい問題だとは思いますが これだけ色々な事件が起こると
やはり自分の身を守るということを 一番に考えなければ
ならないのではないか と私は考えます
私にも 小4の孫娘がいますが 「知らない人に声をかけれたら
口を聞いたり ついて行ったりしてはいけませんよ」と教えています
最近のニュースを聞いていますと どうしてこんな事をするのだろうと
思うような人間が多すぎます
皆 なかぱ様のような善意の人ばかりだと良いのですが・・・

non_non さんへ
なかぱ
本当に難しい問題ですね。 なんといっても子どもたちの
安全が第一です。「知らない人について行かない。寄り道しない」
など、具体的な注意は大切です。このような子どもたちが分かる言葉で
注意してほしいと思いました。 
新聞に「学校で、不審者に気をつけて、と教えている」と書いて
あったものですから、老婆心ながら、「小学生にわかるのかな?」
と心配になってしまいました。

シワを増やさないで下さいね(笑)
sumiko
おはようございます!
笑いすぎて、シワが増えましたよ(笑)
文章の苦手な私から見ると、どうしてこんなに
面白く筋立てて書けるのか不思議です。
歌を歌って気を引こうとする努力に感心しました
不審者らしくない不審者が居るので、見分けるの
難しいですね。
「悪い人ではなさそうだよ」当然ですよね(笑)

sumikoさんへ
なかぱ
「可笑しかった」とコメントがあるとホッとします。
「悲しいピエロにならなくてよかった」と安心します。
やはり、子どもたちが孤立しないで、仲良くすることが、
犯罪者につけこまれない方法の、一番と思います。
子どもたちが3人で相談している姿を見て頼もしく思いました。


おーりーおばさん
女性より男性のほうが不審者と間違えられない
ようによけい気を使いますよね。
かなり前の話ですが、雨の日の夕方に濡れながら
歩いていた小学生の3、4年くらいの男の子を車で家の近くまで送ったことがありました。
夫が運転していました。あの子、よく乗ったねえ
とあとで二人で話しました。
私たち信じてもらえたんだ♪


イチゴとリンゴの館
お久しぶりですね。
メールを読みながら笑ってしまいました(^○^)
長いメールは苦手なんですが・・・最後まですっかり読んで、
又、改めて笑わせて貰いました(^○^)
なかぱさんのお顔を思い出しながら・・・

おーりーおばさん へ
なかぱ
そうですね。実際、事件を起こすのは男性が多いのですから、
危険視されても仕方ないですね。
雨の日は大変ですから、さぞ喜んだことでしょう。
知らない人と行ってもご夫婦なら安心感ありますね。
しかし、子どもにそこまで細かく教えられないかも知れませんね。
優しそうに見えたのではないでしょうか。心も顔に表れますから…。 




イチゴとリンゴの館さんへ
なかぱ
長文を最後まで読んでくれて有難うございます。
私にとっては「笑ってしまいました」というのが、
最高の褒め言葉なのです。
2回も書いて頂き感謝しています。

不思議な言葉
ひよどり
「不審者」とは、まことに便利で、奇妙な言葉ですね。
「悪い人」ではなく、「良い人」でもなく、「普通の人」でもない。
つまり、わけの分からない人、得体の知れない人。
今の世相は、まず「不審者」と訝ってみて、良さそうな事実が判明したら「良い人」。
悪い事実が掴めたら、「悪い人」。
そのほかはみんな「不審者」のようですね。
いつまでも続く相互不信の世相です。

ひよどりさんへ
なかぱ
まったく同感です。 その通りと思います。
不審者=知らない人、と言ってもいいと思います。
「知らない人に気をつけて」とは教えられないので、
「不審者に気をつけて」と言っているようにも感じます。
おっしゃるように、便利で、奇妙な言葉です。

こんばんは~♪
空見
世の中’マニュアル’が全てになっているのだ、と感じたりします。
’人間を見分ける力’を、養わないまま日本人は来てしまったのではないでしょうか。
確かに、ワケの分らない・・分り辛い人間が増えたのは事実ですが、だからと言って「声を掛ける人は不審者と疑え」では、哀しいですね。
今からでは、もう遅いのでしょうね。手っ取り早く、’無視’するしか。。

なかぱさんの文章は、楽しいですよ。最後は歌が出ましたね。なんて素晴らしい発想だろう!と思いました(^^)//""""""パチパチ 私も見習いたいです。

文章が長くなったのは、少し残念ですね。途中に同内容の繰り返しがあったからと思いますが、それもある種の’強調’になって、良いのかもしれません。いつも楽しみにしていますので、頑張ってください(^人^)


hama
不審者に間違われてはと子供達に声わかけられなくなりましたね。
私も子供達とすれ違う時は出来るだけ顔など見ないように知らん振りするようになりました。
此方の中学生は通りすがりに必ず「こんにちは~」って挨拶してくれます。
学校で躾けているんでしょうが嬉しく思いますね。

空見さんへ
なかぱ
心温まるコメントを有難うございます。
読み返してみると、繰り返しが多く冗長になっていることに
気がつきました。特に強調というわけでもなく、我を忘れて長くなりました。
読むときは長文を嫌うのに勝ってですね(笑)。
アドバイスに感謝します。これからもよろしくお願いします。

hamaさんへ
なかぱ
中学生が挨拶してくれるのは、とてもよいことと思います。
そちらでは、よい教育がなされていますね。
横道にそれるようで恐縮ですが、みんなが挨拶するようになれば、
犯罪は相当減るのではないでしょうか。
もちろん、挨拶そのものが気持よいものですが、副産物としてです。

笑えましたが・・
深刻な問題ですが、
なかぱさんの筆力で、
笑いながら読めました。
でも、笑いながら、現代の悲哀も感じました。
エピソードを交えながらのエッセイ、
これからも心待ちしていますよ。

暦さんへ
なかぱ
私には少し荷が思いのですが、病んだ現代社会
について考えてみました。 人が人を信じない社会が
作られて行くような危機感のようなものを感じています。
信じても裏切られる場合もありますが、先ず
信じることから始めなければ何事も生まれない
と思っています。

不審と不信・・・
NIJO
なかぱさん、こんにちは。
私も時々、見知らぬ子どもに声をかけたくなることがあります。
走りまわって危ないときとか、アイスクリームをこぼしそうなときとか(笑)
でも通報まではいかなくとも、
親御さんと要らぬトラブルになっても嫌なので
はらはらしながらこっそり見ています。
(それも怪しいのでしょうね)
李下に冠を正さず…でも何だか寂しいですね。

NIJO さんへ
なかぱ
こんばんは、コメント有難うございます。
アイスクリームをこぼしそうなときは注意したいです。しかし、気づいたことありません。
子どもが走りまわっているときは、危ないと思うよりも、
うるさいと思ってしまいます。考えてみると私は冷たい人間です。
やはり、皆で注意し会える環境がいいですね。都市全体では
無理と思いますが、狭い地域社会では話し合いによって可能と思います。
そんな地域が増えると、安全な街になり、それが増えれば
安全な国になれるような気がします。



ちゃちゃ
 初めまして!「男の料理は~」へ朝の散歩に行った帰りに立ち寄らせていただきました。不審者、嫌ですねえ。孫が通う小学校では、女の子は「なるべくズボンで登校するように」とか「スカートのときは下にスパッツなどをはくように」などと指導されています。今、盗撮などをするのは男性に限らず、女性も同じだそうです。撮った写真はネットを通して売るそうです。本当に嫌な世の中になりました。(当方、KSNCの会員です)

ちゃちゃさんへ
なかぱ
はじめまして
訪問有難うございます。 不審者、嫌ですね。
被害に遭わないためにはいろいろ対策が必要と思います。
一人でいると狙われ易いのでグループ行動がいいのですが、
仲良くしていないと負担に感じることがあります。
「皆、仲良く元気」にする教育が基本ではないかと思います。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
不審者っぽい普通の人 普通の人っぽい不審者
どうしてこんな世の中になっちまったんだろうか?と、ウフフの小母はんは考え込んでしまう。
プップッ~~の楽しい時代から、不審者なんて子供が使う言葉でないことを植え付けてしまう大人の都合。
日本語にはたくさん、もっと子供らしい、楽しい、美しい言葉があるはずなのに、それを教える前に、不審者!なんて悲しすぎるよ!
一体この言葉の定義は?
不審者っぽい普通の人、普通の人っぽい不審者!
どうして見分けるの?
教えて!不審者でないおじさん!
2009/04/18(Sat) 00:21 | URL  | ウフフの小母はん #mQop/nM.[ 編集]
おはよう御座います
実は昨夜読んでいたのですが、あまりにも可笑しく(プププッのところ)笑い過ぎてしまい書き込み止めてしまいました。
本当に今は子供に限らず声を掛け難い時代になりましたよね。昔は知らない小父さんや小母さんが声を掛けて来ましたよね。私は汽車通でしたから良く注意を受けたものです。友人と汽車の中でコーラスを始めたりしてね・・・。
2009/04/18(Sat) 08:02 | URL  | nonko-mn #H6hNXAII[ 編集]
可笑しくって!可笑しくって大笑いです!実は、桜旅行中に似た様な事があったのです
温泉で体を洗っていたら「ブッフ~~」となんか変な音がしたの、何の音だろう~?と
思っていたら、急に凄い臭い匂いがして来てお隣のご婦人の出物だと判ったの
そしたら、もう可笑しくって!可笑しくって、、笑うの堪えるのに大変だった!(^^)!
今もね、、真面目にコメントしょうとしてもその時のナカパさんが頭に浮かんで来て、爆笑です!
悪人はホンの一部の人なのに、子供の頃から人間不信にさせる、世の中は嫌ですね、、(=_=)
こんな愉快なおじさんも居るのにねぇ~ウフッ^_^;

2009/04/18(Sat) 12:17 | URL  | フラフラダンサ〜 #-[ 編集]
可愛い子供を見ると「こんにちは♪」と声をかけて
しまう私。ほどほどに、立ち去ることが肝心なのでしょうね。
「知らない人に、付いていったらダメよ。」
このくらいは、わが子に云っていたようにも
思います。
次回、小1の孫娘に「面白い小父さんに出会ったら
どうする?の」と聞いてみましょう!!
2009/04/18(Sat) 13:28 | URL  | mitchi-jul #-[ 編集]
ウフフの小母はん へ
どうしてこんな世の中になったのでしょう。
プップップ~の小父さんも考え込んでしまいました。
僭越ですが「仲良く、元気に」で不審者問題を含む
全てが解決できます。 しかし、難しいです。
「仲良くしろ」「元気出せ」といって、そうなれば、
いいのですが、そうは行きません。
低学年教育の最大の目標として取組んでほしいです。

2009/04/18(Sat) 15:44 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
nonko-mn さんへ
半分は笑ってもらうために書いてます。笑ってもらえば励みになります。
そうですね。「声かけ」は大切ですね。特に世代が違うと
コミュニケーションがとり難いです。
今ほど世代間の交流がない時代はないような気がします。
学生が汽車の中でコーラスなんか、青春映画の
一シーンのようです。楽しい時代がありましたね。

2009/04/18(Sat) 15:57 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
フラフラダンサ〜さんへ
温泉でですか。それは凄い一撃ですね。 
普通、湿度が高いところでは匂いは薄まるものです。
こちらも大笑いです。エライしゅう撃に遭ったものですね。
子供たちには仲良くしてもらいました。薄野から
中島公園豊平館前までの長い付き合いでしたから
打ち解けた感じありました。
2009/04/18(Sat) 16:09 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
mitchi-jul さんへ
小1のお孫さん、可愛い盛りですね。ぜひ、聞いてみて下さい。
多分学校で「不審者に気をつけて」と言われていると思います。
不審者とは小学生でなくても難しい言葉ですね。
しかも、意味不明です。私も不審者と思われてしまいました。
しかし、子供たちの協議の結果、「悪い人でない」と判定されました。
有難かったですね。
2009/04/18(Sat) 16:22 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
こんばんは
難しい問題だとは思いますが これだけ色々な事件が起こると
やはり自分の身を守るということを 一番に考えなければ
ならないのではないか と私は考えます
私にも 小4の孫娘がいますが 「知らない人に声をかけれたら
口を聞いたり ついて行ったりしてはいけませんよ」と教えています
最近のニュースを聞いていますと どうしてこんな事をするのだろうと
思うような人間が多すぎます
皆 なかぱ様のような善意の人ばかりだと良いのですが・・・
2009/04/18(Sat) 19:56 | URL  | non_non #-[ 編集]
non_non さんへ
本当に難しい問題ですね。 なんといっても子どもたちの
安全が第一です。「知らない人について行かない。寄り道しない」
など、具体的な注意は大切です。このような子どもたちが分かる言葉で
注意してほしいと思いました。 
新聞に「学校で、不審者に気をつけて、と教えている」と書いて
あったものですから、老婆心ながら、「小学生にわかるのかな?」
と心配になってしまいました。
2009/04/18(Sat) 20:53 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
シワを増やさないで下さいね(笑)
おはようございます!
笑いすぎて、シワが増えましたよ(笑)
文章の苦手な私から見ると、どうしてこんなに
面白く筋立てて書けるのか不思議です。
歌を歌って気を引こうとする努力に感心しました
不審者らしくない不審者が居るので、見分けるの
難しいですね。
「悪い人ではなさそうだよ」当然ですよね(笑)
2009/04/19(Sun) 09:52 | URL  | sumiko #KLs0KlBw[ 編集]
sumikoさんへ
「可笑しかった」とコメントがあるとホッとします。
「悲しいピエロにならなくてよかった」と安心します。
やはり、子どもたちが孤立しないで、仲良くすることが、
犯罪者につけこまれない方法の、一番と思います。
子どもたちが3人で相談している姿を見て頼もしく思いました。
2009/04/19(Sun) 12:27 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
女性より男性のほうが不審者と間違えられない
ようによけい気を使いますよね。
かなり前の話ですが、雨の日の夕方に濡れながら
歩いていた小学生の3、4年くらいの男の子を車で家の近くまで送ったことがありました。
夫が運転していました。あの子、よく乗ったねえ
とあとで二人で話しました。
私たち信じてもらえたんだ♪
2009/04/19(Sun) 16:18 | URL  | おーりーおばさん #-[ 編集]
お久しぶりですね。
メールを読みながら笑ってしまいました(^○^)
長いメールは苦手なんですが・・・最後まですっかり読んで、
又、改めて笑わせて貰いました(^○^)
なかぱさんのお顔を思い出しながら・・・
2009/04/19(Sun) 18:16 | URL  | イチゴとリンゴの館 #-[ 編集]
おーりーおばさん へ
そうですね。実際、事件を起こすのは男性が多いのですから、
危険視されても仕方ないですね。
雨の日は大変ですから、さぞ喜んだことでしょう。
知らない人と行ってもご夫婦なら安心感ありますね。
しかし、子どもにそこまで細かく教えられないかも知れませんね。
優しそうに見えたのではないでしょうか。心も顔に表れますから…。 


2009/04/19(Sun) 18:44 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
イチゴとリンゴの館さんへ
長文を最後まで読んでくれて有難うございます。
私にとっては「笑ってしまいました」というのが、
最高の褒め言葉なのです。
2回も書いて頂き感謝しています。
2009/04/19(Sun) 18:53 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
不思議な言葉
「不審者」とは、まことに便利で、奇妙な言葉ですね。
「悪い人」ではなく、「良い人」でもなく、「普通の人」でもない。
つまり、わけの分からない人、得体の知れない人。
今の世相は、まず「不審者」と訝ってみて、良さそうな事実が判明したら「良い人」。
悪い事実が掴めたら、「悪い人」。
そのほかはみんな「不審者」のようですね。
いつまでも続く相互不信の世相です。
2009/04/19(Sun) 19:31 | URL  | ひよどり #OLHiJ7es[ 編集]
ひよどりさんへ
まったく同感です。 その通りと思います。
不審者=知らない人、と言ってもいいと思います。
「知らない人に気をつけて」とは教えられないので、
「不審者に気をつけて」と言っているようにも感じます。
おっしゃるように、便利で、奇妙な言葉です。
2009/04/19(Sun) 19:42 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
こんばんは~♪
世の中’マニュアル’が全てになっているのだ、と感じたりします。
’人間を見分ける力’を、養わないまま日本人は来てしまったのではないでしょうか。
確かに、ワケの分らない・・分り辛い人間が増えたのは事実ですが、だからと言って「声を掛ける人は不審者と疑え」では、哀しいですね。
今からでは、もう遅いのでしょうね。手っ取り早く、’無視’するしか。。

なかぱさんの文章は、楽しいですよ。最後は歌が出ましたね。なんて素晴らしい発想だろう!と思いました(^^)//""""""パチパチ 私も見習いたいです。

文章が長くなったのは、少し残念ですね。途中に同内容の繰り返しがあったからと思いますが、それもある種の’強調’になって、良いのかもしれません。いつも楽しみにしていますので、頑張ってください(^人^)
2009/04/19(Sun) 20:37 | URL  | 空見 #-[ 編集]
不審者に間違われてはと子供達に声わかけられなくなりましたね。
私も子供達とすれ違う時は出来るだけ顔など見ないように知らん振りするようになりました。
此方の中学生は通りすがりに必ず「こんにちは~」って挨拶してくれます。
学校で躾けているんでしょうが嬉しく思いますね。
2009/04/19(Sun) 21:16 | URL  | hama #7ozVZe.w[ 編集]
空見さんへ
心温まるコメントを有難うございます。
読み返してみると、繰り返しが多く冗長になっていることに
気がつきました。特に強調というわけでもなく、我を忘れて長くなりました。
読むときは長文を嫌うのに勝ってですね(笑)。
アドバイスに感謝します。これからもよろしくお願いします。
2009/04/19(Sun) 21:28 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
hamaさんへ
中学生が挨拶してくれるのは、とてもよいことと思います。
そちらでは、よい教育がなされていますね。
横道にそれるようで恐縮ですが、みんなが挨拶するようになれば、
犯罪は相当減るのではないでしょうか。
もちろん、挨拶そのものが気持よいものですが、副産物としてです。
2009/04/19(Sun) 21:36 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
笑えましたが・・
深刻な問題ですが、
なかぱさんの筆力で、
笑いながら読めました。
でも、笑いながら、現代の悲哀も感じました。
エピソードを交えながらのエッセイ、
これからも心待ちしていますよ。
2009/04/20(Mon) 09:26 | URL  |  #En541gc2[ 編集]
暦さんへ
私には少し荷が思いのですが、病んだ現代社会
について考えてみました。 人が人を信じない社会が
作られて行くような危機感のようなものを感じています。
信じても裏切られる場合もありますが、先ず
信じることから始めなければ何事も生まれない
と思っています。
2009/04/21(Tue) 03:58 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
不審と不信・・・
なかぱさん、こんにちは。
私も時々、見知らぬ子どもに声をかけたくなることがあります。
走りまわって危ないときとか、アイスクリームをこぼしそうなときとか(笑)
でも通報まではいかなくとも、
親御さんと要らぬトラブルになっても嫌なので
はらはらしながらこっそり見ています。
(それも怪しいのでしょうね)
李下に冠を正さず…でも何だか寂しいですね。
2009/04/21(Tue) 21:28 | URL  | NIJO #-[ 編集]
NIJO さんへ
こんばんは、コメント有難うございます。
アイスクリームをこぼしそうなときは注意したいです。しかし、気づいたことありません。
子どもが走りまわっているときは、危ないと思うよりも、
うるさいと思ってしまいます。考えてみると私は冷たい人間です。
やはり、皆で注意し会える環境がいいですね。都市全体では
無理と思いますが、狭い地域社会では話し合いによって可能と思います。
そんな地域が増えると、安全な街になり、それが増えれば
安全な国になれるような気がします。
2009/04/22(Wed) 02:16 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
 初めまして!「男の料理は~」へ朝の散歩に行った帰りに立ち寄らせていただきました。不審者、嫌ですねえ。孫が通う小学校では、女の子は「なるべくズボンで登校するように」とか「スカートのときは下にスパッツなどをはくように」などと指導されています。今、盗撮などをするのは男性に限らず、女性も同じだそうです。撮った写真はネットを通して売るそうです。本当に嫌な世の中になりました。(当方、KSNCの会員です)
2009/04/22(Wed) 08:41 | URL  | ちゃちゃ #-[ 編集]
ちゃちゃさんへ
はじめまして
訪問有難うございます。 不審者、嫌ですね。
被害に遭わないためにはいろいろ対策が必要と思います。
一人でいると狙われ易いのでグループ行動がいいのですが、
仲良くしていないと負担に感じることがあります。
「皆、仲良く元気」にする教育が基本ではないかと思います。
2009/04/22(Wed) 10:01 | URL  | なかぱ #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック