朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
幼少のころ渋谷で育ったので、故郷のように思うときがあります。 しかし、そのころの渋谷は、もうそこにはありません。 東京オリンピック以後の変化は凄まじく、久しぶりに渋谷に帰ったら迷子になってしまいました。

ところで、当時の渋谷に似た所を札幌で見つけました。市電もあるし、あばら家も路地もあります。

札幌の市電は地下鉄に変わり残ったのは古い町を走る一路線のみです。 電停「行啓通」は家から徒歩2分です。 この距離は昔、東京に住んでいたころの、家から都電「青山車庫前」電停までと同じです。電車通に「ほねつぎ」があるところまで同じなので、懐かしく感じ、この町に住むことにしました。

電車通と行啓通は、いずれも昔栄えた商店街です。今では閉店した店と空き地が目立つ寂れた町になってしまいました。 これもまた、終戦直後の破壊された空き地の目立つ渋谷の外れと、雰囲気がとてもよく似ていて気に入ってしまいました。 私としては失われた故郷を北の大地で見つけた気分です。

写真は電車通です。奥に見えるビルが高層マンションで左側の白い建物が
「ほねつぎ」で、右側が市電の電停です。
232dentei.jpg

下の写真が「行啓通」です。この日はお祭で歩行者天国になっています。
これが精一杯の賑わいです。
232gyoukei.jpg

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2012/07/13 10:19】 | 照る日曇る日
トラックバック(0) |

見つけた時・感じたとき!
朱庵
nakapaさん

いいお話ですね。
そうでしたか・・遠く北海道に住むことになって、でも思い出すのはふるさと・・のこと・・・
同じでなくてもいいのですよね、その感覚が懐かしい場所へと誘ってくれる、そんな場所を見つけたのですから。
ここは私もよく歩きます。
中島中学時代仲良し三人組と学校→中島公園からずーっと回り道をして歩いたところです。
どこの地域も今は子供も少なくなって、町内会の世話人もやる人が皆年寄りになったりで、同じような様子だと思います。

ご報告・・なんとこの中島中学時代の教師だった方とある話をしていてそれが判明し、在校していた時代が少しかぶっていたのです!!!
最近5年も一緒のところにいたのにそんな話しはしたことがなく、つい先日知れたばかり、互いの消息を喜び合いました。
相手は教師、私は生徒です。ホント、ウソのようなほんとの話です。
懐かしさつながりで書いてしまいました。

朱庵さんへ
nakapa
偶然の出会いにしては、面白いですね。
初めて知った先生と生徒の関係、実は5年も前から同じ所に。
その話が出なければ、一生そのことが分からなかったかもしれない。
いろいろな偶然が人生を豊かにしてくれますね。
もっとも、テレビドラマは偶然の連続で成り立っていますが…。
「過ぎたるは及ばざるのごとし」何事もほどほどでしょうか。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
見つけた時・感じたとき!
nakapaさん

いいお話ですね。
そうでしたか・・遠く北海道に住むことになって、でも思い出すのはふるさと・・のこと・・・
同じでなくてもいいのですよね、その感覚が懐かしい場所へと誘ってくれる、そんな場所を見つけたのですから。
ここは私もよく歩きます。
中島中学時代仲良し三人組と学校→中島公園からずーっと回り道をして歩いたところです。
どこの地域も今は子供も少なくなって、町内会の世話人もやる人が皆年寄りになったりで、同じような様子だと思います。

ご報告・・なんとこの中島中学時代の教師だった方とある話をしていてそれが判明し、在校していた時代が少しかぶっていたのです!!!
最近5年も一緒のところにいたのにそんな話しはしたことがなく、つい先日知れたばかり、互いの消息を喜び合いました。
相手は教師、私は生徒です。ホント、ウソのようなほんとの話です。
懐かしさつながりで書いてしまいました。
2012/07/15(Sun) 14:06 | URL  | 朱庵 #BejLOGbQ[ 編集]
朱庵さんへ
偶然の出会いにしては、面白いですね。
初めて知った先生と生徒の関係、実は5年も前から同じ所に。
その話が出なければ、一生そのことが分からなかったかもしれない。
いろいろな偶然が人生を豊かにしてくれますね。
もっとも、テレビドラマは偶然の連続で成り立っていますが…。
「過ぎたるは及ばざるのごとし」何事もほどほどでしょうか。
2012/07/15(Sun) 20:29 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック