朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログでは、何でも好きなことを書いています。 ユーモアを大切にしていると言いながら、二つも堅苦しい話題が続けてしまいました。 ジョークのかけらもなくて、すみません。

今日こそ柔い話題をと思っていたのに、ビッグニュースが入ってしまいました。今朝の新聞に「戦争放棄条項を初判断、判決確定の見通し」との見出しが躍っていました。

日頃、笑って暮せるのも、平和のお陰と思っています。戦争放棄条項について初めて司法判断が示されたのです。硬い話で恐縮ですが、お付き合い下さい。

4月17日、名古屋高裁は自衛隊のイラク派遣指し止め訴訟で「武力行使を禁じたイラク特措法や憲法9条に違反する活動を含んでいる」と結論付けました。

平和の為に一歩前進とは思いますが、これで安心とはまいりません。 「だから、九条は改正しなければいけない」という声が必ず上がってきます。 民主国家で議論は自由ですがウソはいけません。 「憲法九条は米国の押し付け」というのは巧妙なウソだと思います。

米国が深く関与したことは事実としても、「押し付け」とは言えません。 米国の意図はともかく、「これからは戦争しなくてよい」と思ってみんな喜んでいたのです。 人の嫌がることをするのが「押し付け」ではないでしょうか。 人の喜ぶことでは押し付けにはなりません。 当時の日本人は心から喜んでいたのです。

少し想像力を働かせれば分かることです。 戦争で苦しめられて、家族・友人の命まで奪われて、挙句の果ての敗戦です。 戦争放棄条項を読んで「戦争をしない国になれた」ことを知り、国民は喜ばずにはいられません。 たとえ、米国の方針だとしても、押し付けられたと感じる人がいる訳がありません。

しかし、いつの世にも例外的な人達はいます。 戦争のお陰でいい思いをした人、敗戦によって利権を失った人。 日本を戦争に導いた人達等です。 敗戦にも関わらず、東西冷戦の影響で、彼らの勢力が温存されてしまいました。後に総理大臣になった人もいるほどです。

憲法九条を歓迎する中でも0.1%以下の、ごく少数の人たちは、再び戦争の出来る国にすることを望み、九条の制定を苦々しく思っていました。 

0.1%と言っても、侮れません。 金と権力のある10万人です。1万人かも知れません。いずれにしろ、ごく少数です。 今回、名古屋高裁により戦争放棄条項に初めて判断が示されました。このリアクションとして「だから、九条は改正しなければいけない」という声が大きくなってくると思います。 

更に「憲法九条は米国の押し付け」との意見がマスコミを賑わすことになると思います。 しかし、事実でないのでキチンと証明されることはありません。だからこそ、ネガティブ・キャンペーンが検証されることなく垂れ流されるのです。

憲法論争はこれからが本番です。 今までは右だろうと、左だろうと、戦争の苦痛を味わった人達が世論をリードしていました。「最後の一線は踏み越えないだろう」という安心感がありました。

しかし、今の指導者は戦争をまったく知りません。悲惨さを体験したことがないので、外交やビジネスの延長のように考えています。 戦争の本質が恐怖、悲惨、裏切り、殺戮であることを実感していないから、戦争を自分の死と関連付けて考えられないのです。 

敗戦後の非戦の誓いを、前世代より引き継いで、一人ひとりの心の中でもっていなければならなりません。 戦争放棄を押し付けなどと感じた人はいなかったのです。これだけは事実です。一握りの権力者は別として。

FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2009/03/09 08:13】 | 私が思うこと
トラックバック(0) |


のん子
戦争放棄・・・全世界の国の法律がそうなって欲しいものです
戦争ほど愚かなものはありません
犠牲者は(軍人は別にして)殆どが一般市民になります

只、戦争放棄にすると他国から理不尽に先制攻撃を受けた時はって心配が・・・
防衛外交が重要になって来るんでしょうね?

のん子さんへ
nakapa
コメント有難うございます。
そうですね、理不尽に攻められたら大変です。
そんなときの為の防衛は大切と思います。
もっと、大切なのはそうならない為の話し合いです。
口で言うのは簡単ですが、難しい問題です。
難しいから、一生懸命考えなければ解決しないと思います。
庶民レベルでできることは、一人一人が平和を願うこと。
政府がやるべきことは情報公開と思います。 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
戦争放棄・・・全世界の国の法律がそうなって欲しいものです
戦争ほど愚かなものはありません
犠牲者は(軍人は別にして)殆どが一般市民になります

只、戦争放棄にすると他国から理不尽に先制攻撃を受けた時はって心配が・・・
防衛外交が重要になって来るんでしょうね?
2009/08/02(Sun) 10:16 | URL  | のん子 #Xlf.8pIU[ 編集]
のん子さんへ
コメント有難うございます。
そうですね、理不尽に攻められたら大変です。
そんなときの為の防衛は大切と思います。
もっと、大切なのはそうならない為の話し合いです。
口で言うのは簡単ですが、難しい問題です。
難しいから、一生懸命考えなければ解決しないと思います。
庶民レベルでできることは、一人一人が平和を願うこと。
政府がやるべきことは情報公開と思います。 
2009/08/02(Sun) 10:56 | URL  | nakapa #kEawCMz.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。