朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
私は悪意というものを全く持っていない。そんなこと当たり前だと言わずに、まぁ聞いて下さい。

それなのに、人様を怒らせてしまうことがある。原因は私の無知か相手の誤解である。そんなときは言い訳しないで、謝ることにしている。

目の前で火事が起これば消すか逃げるかどちらかである。火事を目の前にして、「この火事はなぜ起こったか」と議論する人はいないと思う。 

それと同じで、目の前で怒っている人いれば謝って静めるか、距離をとるかどちらかだ。 距離をとっても何事もなかったことにはならない。

誤解はそのままだし、自分の失敗については無反省という結果になる場合もある。

こんなことは望まないので、ひたすら謝ることにしている。 自分の無知から出た失敗ならば、当然なことをしているだけ。 誤解ならば後で解けばよい。 

怒っている最中に誤解を解こうとしてもなかなか難しい。 冷静になったときなら簡単だ。 私は常に簡単な方を選びたい。

別に頭を下げていれば、怒りは頭の上を通り抜けていくと思っているわけではない。誤解を解くチャンスを後に残しておきたいだけだ。  

考え方はこうだが、実際は別な行動をとることもある。 しかし、最後は自分が謝ることで決着をつけたい。

そう思っていても、現実は相手に先に謝られてしまうことが多い。 そのときは「負けた!」と思う。 「謝り合戦」は先手必勝、あとから「私の方こそ申し訳ない」というようでは負けと同じだ。

特に人生経験豊富なシニアの世界で、「謝り合戦」に勝ち続けることは難しい。相手は百戦錬磨、こちらは初心者だ。 目標100勝、頑張るぞ!

FC2blog テーマ:心と幸せ - ジャンル:心と身体

【2009/03/08 22:59】 | 生きる知恵
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック