fc2ブログ
朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
QPに「お湯を沸かさせて下さい」と言えなくて悩んでいる。情けないな~、と笑うのは勝手だが、これでも亭主関白のつもりだ。掃除洗濯は全てQP、三度の食事も「ご飯できたよ」「ありがとう」と言うような感じだ。もちろん、食後の後片付けなんかしない。

しかし、朝の紅茶だけは私が淹れている。お湯を沸かすところからやりたいのだが、食事を含む家事一切はQPの管轄下にあるので言えない。「私にお湯を沸かさせて」と言えずに困っている。こんな小さなことでも大きくこじれることもあるものだ。

以前にも何回も私にお湯を沸かせてと頼んだが、なぜかQPは自分でお湯を沸かす。朝の食事の用意は他にいろいろやることがあるのに何故だろう。長い間の習慣から抜け出せないのかも知れない。

紅茶係としてはお湯を沸かすところからやらしてもらわなければ困るのだ。QPが沸かせば、先ずお湯の量が一回一回違う。自分で淹れないのだから多いか少ないか分からない。それなのに何故? 私にとっては迷惑至極。

水の量はいつも違うし、何時お湯を沸かすのかも分からない。時にはお湯を沸かすのを忘れることもある。料理が全部出来上がってから、お湯を沸かすので、テーブルの上の料理は冷めてしまう。

それでも私にお湯を沸かさせてくれない。ヤカンにお湯を入れてIH調理器の上に置いてスイッチを入れないことも何回もある。この日もそうだった。料理は全部出来ているのにヤカンを触ると冷たかった。ついに私も切れてしまった。

「ヤカンをIHにのせたらスイッチを入れてください」
「なんにもやらないのに指図しないでよ!」
「紅茶淹れてるでしょ」
「それがどうしたの?」
「水じゃあ淹れられないでしょ」

「沸かせばいいでしょ」
「今から沸かしたって10分もかかるでしょ。料理が冷めてしまいますよ」
「だからどうしたの!」
「IHにヤカンを乗せたらスイッチも入れてください」
「ウルサイこと言うんなら淹れなくていいよ!」
「………」
私は沈黙。QPは勝ち誇る。

QPは温かいものは温かい内に食べるという考えはない。水から紅茶を作るのに沸かして3分お湯を入れて3分、なんやかやでテーブルの乗るのに10分近くかかる時もある。これではテーブルに並べてある料理が冷めてしまう。

これについては全く無頓着。紅茶が入るまで悠然と新聞を読んでいて冷めるのを気にする風も無い。私は料理が温かい内に食べたい気持ちが強い。このあたりが気の合わないところだ。

ケンカは一定の成果を上げた。次の日からQPは最初にお湯を沸かした。これまで私が何回もお願いしていても聞いてもらえなかったことである。 一歩前進ではないか。ケンカもたまにはするべきと理解した。

しかし、QPに分かってもらう為にはケンカに負ける必要がある。決して勝ってはいけない。 家の切り盛りを何十年もしてきた誇りがある。しかも今でも家事一切を任されている。つまり現役の誇りもあるのだ。この誇りに傷をつけてはいけない。これがQP操縦法の極意である。

しかし、「お湯を私に沸かさせて下さい」については、まだ許可をもらっていない。そうすれば電気代も水道料も、オマケに時間まで減らすことができるのだが、その為にはQPとケンカして負けなければならないのだ。なにもあせることはない。私には必勝法があるが、伝家の宝刀だから滅多に抜いてはいけない。一歩前進で充分だ。

紅茶を淹れる人がお湯を沸かせば、適量の水しか沸かさないので、電気、水道、時間等を倹約できる。これをQPに理解してもらうことは宿題として残して置くことにした。ボクシングだったら1ラウンド戦ったら1分は休むのだが、QPとの戦いの疲れをとるには1ヶ月の休養が必要だ。

FC2blog テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

【2014/08/23 00:00】 | 夫婦喧嘩
トラックバック(0) |


カスミ草

温かいものは温かく、冷たいものは冷たいうちに。
おいしく頂くには、これは絶対条件だと、私も思います

でもこの頃は、「お腹が満たされればそれで良いか」と、かなり情けない考えになっています。

これじゃいけませんね。
PPさんの食に対する考えを私も実践しなければ。



突然ですが)
ハァァァ~
最終行に思わずため息が・・・

たったこれだけの戦いに(失礼)、1か月の休養が必要なのですか。
かなり気の長~い宿題ですね。





油断大敵
pp
カスミ草さん、こんばんは。
小さなことでも大きくこじれることは、よくあることです。
少なくとも私たちは、その連続でした。油断大敵です。
休養といっても大したことではありません。
何でもかんでも、ハイハイと言っていればすむことです。
休んでいるときは何も考えません。ハイハイだけです。
なんと言ったって休んでいるのですからね(笑)。


のん子
夫婦も長年やってますと、これだけは譲れないとかってありますからね~。
うちの夫も一旦、機嫌を損ねると厄介ですから、なるべく逆らわないようにはしています。
が、時々は切れます(笑)

夫婦だから、余計に難しいってこともありますものね。
1カ月後に又、前進出来ますように、十分休養をお取り下さいませ。



ノンビリと生きたい
pp
私ものん子さん同様。機嫌を損ねると厄介と感じています。
機嫌を損なわないようにして、自己主張したいのです。
急いてはことを仕損じるといいますがホントですね。
ゆっくり一つずつ積み上げて行く方が近道と思います。
これからの人生は争いごとは避けてノンビリと生きたいです。

有り難うございます。
鬼藤千春の小説
「鬼藤千春の小説」のブログへ訪問いただきまして、有り難うございます。今後ともよろしくお願い致します。

どういたしまして
pp
「広島土砂災害」や「平和の鐘」など読みました。
いずれも大切な問題で考えさせられます。
「神田川」は懐かしい世界ですね。
今の方が幸せな暮らしですが何となく不安です。


湯沸かし器はだめですか?
はるママ
私は住分け派ですから、コンロはお任せすべきだと思います!
でも沸かしたてのお湯で紅茶を入れたい私としては、湯沸かし器を買いたい。それも駄目なの?

湯沸かし器
pp
はるママさん、こんにちは
ナルホドなるほど、湯沸かし器という手があるのですね。
納得しました。コンロを二人で使うのが、そもそも間違い。
というか、問題を複雑にしますね。熱いものは気もつかいますから…。
とても参考になりました。

コメントを閉じる▲