FC2ブログ
朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
「家庭的で良い夫」と言われてきた私だが、人生黄昏ともなれば、「これでいいのか」との思いも芽生えてくる。

女性6人男性2人のグループで忘年ランチ会を開いた。喫茶店での二次会に移り、お馴染みの話題でお喋りも盛り上がっていた。もしも宝くじで3億円当ったらどう使おうという、あの話である。

「私なら豪華客船に乗って世界一周旅行がいいな」
「それじゃ余っちゃうよ。2億円の豪華マンションを買って~、残りはどうしようかな」
「何をつまらないこと言ってるのよ。3億くらい自由に使っていれば、いつの間にか無くなってしまうよ」

こう言い放ったのは海外、国内問わず1年の内半分は旅行している、お金持ち風のA子さんだが、突然こちらを向くと、「アンタさっきから黙っているけど、何に使いたいの?」

急に振られた私は、その場の空気も読めず、思わず本音を漏らしてしまった。
「私は、若者を育てるというか、奨学金にするのがいいと思います」
「何を格好つけてるのよ~。モテようと思ってぇ~」
「お金は教育の為に使うのが一番良いと思いますが…」
「いいから、いいから、次のひと~」

人にものを尋ねたら最後まで聞いて欲しい。私は札幌の至宝「中島公園」を良好な状態に維持して次世代に引き継ぎたいと考えている。このままにしておけば都会の波に飲み込まれてしまうだろう。ビルに囲まれた、藻岩山の見えない中島公園。果たして、これは先人が望んだ姿であろうか。

この状態を打開する為には、若い優秀な頭脳と力が必要だ。本来、自治体や国が行うべきことだが、彼らは現状を認識することさえ出来ない。もし3億円あれば、起爆剤としては充分だ。これを有効に使わない手はない。

A子さんも、なんやかや言っても十年ごしの付き合いだ。皆との話が途切れれば、私の話も聞いてくれる。しかし、反応は相変わらず厳しい。

「あんた、ケチのくせに、考えることだけは気前いいのね~」
「少しは見直して頂けたでしょうか」
「ケチと無教養はダメよ。亭主より格好の悪い男もダメ!」
「ご主人はヨボヨボのガリガリと伺っておりますが…」
「やせても枯れても、伝統あるH大スキー部のキャプテンよ」
「それは昔でしょ。今はどうなんです」
「社長よ!」

15年間の付き合いだが、A子さんの夫が社長とは初めて聞いた。これだからシニアの付き合いは面白い。 再び話題を3億円に戻そう。もしも3億円当たったら、迷わず中島公園救済の為、びた一文余すことなく使うだろう。 宝くじを当てた人間が、滅び行く老舗公園の未来の為に使う。自分の運を活かす為、社会に還元する。至極当然のことである。決して格好つけているわけではない。

「それで…。あんた、何枚買ったのよ~」
「… … …」
「え~ぇ。買ってないの~ぉ。あ・き・れ・た」
「…」

【2019/10/30 14:30】 | 情けない男
トラックバック(0) |
「野鳥の会の人はね。野鳥に餌をやってはいけないというのよ。一体なに考えているんでしょうね。『中島公園の鴨が野鳥ですか?』って言いたいのよ。パンやらなきゃ皆、死んじゃうよ。歩いているとこ見てごらん。腹が地べたにくっついているじゃない。太りすぎよ。シベリアどころか、ウトナイ湖までだって飛べやしないよ」

Kちゃんは次第に興奮してきた。私はうなずきながらも、なだめるように言った。
「全くそのとおりです。その話ラジオで話しましょうか」
「ラジオって?」
「”ラジオなかぱ”です。知らないと思いますが……」
Kちゃんに促されて、番組の概略について話した。聞き終わると彼女は、驚いたことに、店内のお客さんに向って、こう呼びかけました。

「みなさん、こちらの方ラジオで中島公園のことを話していらっしゃるの。次の放送はXX月XX日ですから、皆でお店で聞きましょう!」
気持ちは有難いけど、何となく不安だ。

「オレ、ラジオ好きだよ」
「犬の散歩は中島公園」
「ボク、山鼻に住んでるの」
とか店内のお客さんの反応は、予想に反して極めて好意的だった。それに気を好くして、あらかじめ用意しておいた、名刺型チラシをぺこぺこ頭を下げながら配った。

そして店を出る。
「あの人、いい人だね」エレベーターに乗っていた見知らぬ男が、私に声をかけた。エレベーターの前では見送りに来ていたKちゃんが、ニコニコしながら手を振っている。

「あの方はスナックHのママです。お店の中はカモでいっぱいですよ」
「おっと危ない!カモになるのは、ごめんだよ」
「写真や人形のことですが……」
と言いかけたが何となく言いそびれた。

【2019/10/01 08:28】 | 情けない男
トラックバック(0) |
2回目の訪問でようやく入店できた。
「わたくし、カモ博士と言われてますの」
「中島公園カモ番記者です。1月の鴨の水辺危機の際には多少なりとも、お役にたったのではないかと自負しています」
「あれは、わたくしが、お電話差し上げたので鴨ちゃんが助かったのよ」とKさん。

あれとは、河川工事の為、鴨々川の水が止められ、行き場を失ったカモたちが上空を右往左往したこと。エサを求めて川から地下鉄幌平橋駅まで歩いて来たカモでいっぱいになったこと。これが新聞に載り、ある程度緩和され、カモの異常行動が治まった話題のことである。

薄野の西にある「小さなスナック」での会見は、見栄の張り合いで始まった。
「初めて会ったとき、私のこと怖いと思わなかった? 私も怖いのよ。ナンパする人いるんだから」

あれは3年前のこと。中島公園でママさんが鴨に餌をやる姿を見て、「こんにちは」と声をかけると、私をジロリと見て、そっぽを向くではないか。ずいぶん愛想のない人だなと思った。以来2年半、公園内でのすれ違いが、数え切れないほどあったが、お互いに知らん振りしていた。

「お客さんから何と呼ばれますか」
「ママさん、ママ、ババア、Kさん、Kちゃん」
「ババアはひどいですね。Kちゃんにしましょう。息子と同じくらいですから」

Kちゃんは若いころ、視力が下がる病気に罹ったそうだ。医者から緑を見るように薦められ、近くの中島公園に通うようになった。そこで出会った鴨が愛らしく、やみつきになったそうだ。以来13年間、吹雪の日も病気の日も、休むことなく、鴨に餌を与え続けている。

【2019/09/01 08:54】 | 情けない男
トラックバック(0) |
可愛い水鳥の鴨は大好きだが、いわゆるカモにはなりたくない。音痴でハゲでカモだなんて余りにも情けないではないか。だけど鴨友達としてお店には行ってみたい気持ちはある。夜の街に馴染みの店があるというのも格好いいような気がするのだ。

Kさんに初めて声をかけたのは7月下旬のことだった。4番目に現れた、母子鴨の追跡中に出会ったのである。私は識別のため母子鴨に名前をつけていた。最初に見たたときの数を入れ、親しみを込めて適当に名付けている。今回現れた親子には「今さら十郎一家」と名付けた。

時期遅れなのに10羽も巣立ったのを喜び「十郎」とした。遅い出現なので「今さら」、小柳ルミ子さんの「今さらジロー」が好きなので語呂を合わせて「今さらジュウロー」。なんとなくなんとなく気に入っている。

Kさんはいつものように、レジ袋に入れたパンの耳を少しずつ、取っては撒いていた。「6羽しか見えませんね~。又1羽(カラスに)獲られたのかな~」と話しかけると、「あの子は小さいくせに、すぐ単独行動をとるのよ。あっち!」と指をさす。

「凄い!」と思わずつぶやいた。彼女は同じ日に巣立った子鴨の、大きさの違いが分かるのだ。以来、野鳥観察の達人として尊敬するようになった。そんなKさんが、私をカモにする筈はないのだ。

7時頃行ったが、シャッターが降りていたので、本屋で立ち読みして8時ごろ、また行ったら閉まっていた。ずいぶん遅い開店だなと思った。いったいどんな営業をしているのだろうか。

友人からは「お店に一緒に行ってあげよう」との、有難い申し出もあったが一人で行くつもりだ。 どんな店か、何が起こるか分からないからでである。 私1人なら、何があろうと「土下座と死んだふり」で何とか切り抜けられるが、連れがいてはそうも行かない。なぜか勇気を振り絞って行く気になってしまった。

【2019/07/31 20:34】 | 情けない男
トラックバック(0) |
私は親子のマガモが大好きだ。もちろん、オシドリの親子も大好きだが、見ることは少ない。その他の親子水鳥ではオオセグロカモメを時々見るくらいだが、カモ類のように親子でゾロゾロは見たことがない。

中島公園に親子鴨が現れると毎日のように観察するので、鴨番記者と言われている。私自身もそう呼ばれて悪い気はしない。と言うことで、親子鴨を観察している人には情報交換のため気軽に声をかける。

「あの子はね。直ぐ迷子になるのよ」とか、「あの子は羽に傷があるの」とか鋭い観察をしている女性がいた。かなりの野鳥通と見受けたが、ここでは名前をKさんとしておこう。聞いたわけではないからね。

公園の中を鴨談義をしながら歩いた。Kさんは「ウチにはね、鴨の写真もいっぱいあるのよ。お店やっているの」と言った。夜の街に一人では行ったことはないが、行ってみようかなと思った。

このことを友人に話すと、意外な反応が返ってきた。「店って、スナックだよな。飲み放題だけで3500円か~。安くはないね。お客も少ないだろう。楽じゃないだろうな」「何をいいたいの?」少し気分を悪くして、聞き返した。

「こうゆうことだよ。妙齢の美人が一人、寂しそうにカモに餌をまく。その姿を見て鴨好きな男が声をかける。つまり、餌やりはママさんの営業活動。経費は50円のパンの耳代だけだ。薄野でチラシ配るより、よっぽど安上がりだぞ」
そういえばKさんがカモにエサをやっている姿をみたことがある。
「でも、カモが好きみたいですよ」 
「お前がカモなんだ。カモが居なけりゃ仕事にならない」

【2019/07/23 20:29】 | 情けない男
トラックバック(0) |
2003年3月にホームページ「中島パフェ」を開設した。中島公園についていろいろ書いていたが、その中には趣味の雑文もあった。これを本体である「中島パフェ」から切り離し「男のエッセイ」とのタイトルでブログを開設した。

12年後に読んでみると、今書いている「空白の22年間」や「音痴のカラオケ」よりも面白い。自分でそう思うだけだが65歳から78歳になった年齢のせいかも知れない。もともと「(情けない)男のエッセイ」つもりだったから新カテゴリは「情けない男」とした。エッセイというほどでもない駄文である。

「空白の22年間」と「音痴のカラオケ」はなるべく多くの人にも読んで欲しいと思っている。このブログについては純粋に自分が楽しむために書くことにした。自分が楽しむためだから、いつから書くかも決めていない。書きたくなったら書こうと思っている。

【2019/06/30 08:17】 | 情けない男
トラックバック(0) |