朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
株のことはよく知らないが、中島公園は穴株と思っている。その条件とは第一にあまり知られていないこと。第二に良い株(公園)であること。転勤で本州や九州に住んで分かったことは中島公園がいかに知られていないかと言うことだ。たまに知っている人に会ったかと思うと、かって札幌に住んでいた人だったりする。

2003年に中島公園に関するウェブサイトを開設した。とりあえず情報収集と言うことで中島公園をキーワードにして検索したが、専門のサイトは一つもなかった。穴株としての第一条件は、この二つの事実でクリアできたと思う。

次に第二条件だが、サイトを開設してから中島公園について調べると、その歴史は、まるで札幌の歴史をなぞるようにして変化してきたことが分かった。競馬場、麻生球場、札幌学院大学、NHK放送局、きたえーる、ウィンタースポーツミュージアム等、ルーツが中島公園にある施設は山ほどある。しかも菖蒲池、鴨々川等、極めて重要な歴史的資産がある。これで穴株としての第二条件もクリアしたと思っている。

人気はないが良い株、これが穴株の条件だが今の中島公園株は目をつぶって買いだと思う。人気観光地と違って材料が出尽くしていないところが良い。つまり観光地として大化けする可能性を秘めているのだ。旬の材料としては「木下成太郎像」がある。株に例えれば業績を急伸させる新製品開発のようなものである。

木下像について知ったのは2005年11月、「中島パフェ」掲示板への投稿がきっかけだった。内容は「銅像の主の名前を教えてください」という簡単な質問、ネットで氏名をキーワードにして検索したらすぐに答えが出た。

「明治から昭和にかけて活躍した政治家。教育家の側面ももっています。大東文化大学、武蔵野美術大学の創設者。彫刻家・朝倉文夫の作です」と答えながらも関心は薄かった。何故なら銅像は鳥の糞で汚れ、基壇の割れ目から雑草が伸び放題だったからだ。美術の知識のない私には放置された過去の遺物にしか見えなかった。

その価値を知ったのは札幌彫刻美術館友の会の橋本会長に教えられたからだ。2008年春から友の会では彫刻の調査・清掃・解説などを継続的に行い、その活動は関係者に少しずつ知られることになった。三段跳びに例えると助走からホップの段階に入り飛び始めた感じだ。友の会が細々とやっていた清掃運動を札幌市が知ることになり、とりあえず荒れ果てた基壇と台座の補修をしてくれた。
091021chousa.jpg
2009年10月21日、札幌市と友の会が木下成太郎像等の野外彫刻調査を実施。木下像は市が補修をして基壇の隙間が無くなり台座の字も読めるようになった。

活動を通じて歴史・美術的価値を知ってからは、個人サイト「中島パフェ」に書きまくり、2010年8月4日付け北海道新聞のコラム「朝の食卓」にも書いた。友の会の活動を応援しているつもりだが心の奥底には、これは絶対に当たるという感が働いていた。

三段跳びに例えればホップの次のステップに当たる時が来た。2010年10月17日に札幌パークホテルで開催されたシンポジウム2010「北の彫刻」である。基調講演の為に武蔵野美術大学造形学部彫刻学科の黒川弘毅教授が訪れた。教授は講演に先立ち木下成太郎像の調査を行い問題のある箇所を把握した。これでいよいよと思ったが、門外漢の私には何の情報も届かない。当が外れた感じだが、それでこそ「穴株」だ。目を離して動意づくのを静かに待つことが肝心だ。

穴から飛び出すのが早いか遅いかは時の運。眠っているように見えても水面下では動いているものだ。木下像については5年目に動意づいた。つまり動きが誰の目にも見えるようになった。いよいよ仕上げのジャンプが始まろうとしている。

2015年10月4日シンポジウム「野外彫刻を創る・守る」が道立近代美術館講堂で開催された。5年前と違って今回は友の会と、「研究者、学芸員、保存の専門家等が参加する全国組織:屋外彫刻調査保存研究会(東京)」との共催となり調査保存運動は新たな段階へとジャンプした。運動が全国レベルに広がったのである。

シンポジウムに先立ち専門家による調査、特に木下像の固定箇所が綿密に調べられた。野外彫刻問題を含めた詳細は11月19日の北海道新聞に掲載されている。見出しは「札幌・中島公園の『木下成太郎像』 巨匠・朝倉文夫 戦時下の仕事」「美術史的価値を広め保存を」。執筆は武蔵野美術大学の黒川弘毅教授。
記事内容は友の会公式サイト参照→「木下繁太郎像」美術史的価値広め保存を

151003choukokuchousa.jpg
2015年10月3日、黒川教授による再調査、次は内視鏡調査も予定。結果しだいでは部品交換も検討。永久保存への道は着々と進んでいる。

道新記事を読むと木下像は全く知られていない存在だったようだ。今回改めて美術的価値が認められ、補修に関する具体的な取り組みもなされていることを知り、意を強くした。豊平館、八窓庵と共に歴史遺産として一般市民に認知される日も近いかも知れない。このようにして三段跳びのホップ・ステップ・ジャンプの形は出来た。あとは距離がどこまで伸びるかだ。だんだん楽しみになって来た。

個人的には2005年に木下像の存在を認識し、2007年に友の会会長に教えられて、その価値を知る。2010年8月に、10月のシンポジウムに先立ち道新コラムに関連記事を執筆。そして2015年10月のシンポジウムに先立ち、9月末に鴨々川ノスタルジア公式ムック『ぼけっと2』に中島公園秘話として書かせてもらった。オリンピックではないけれど参加することに意義を感じている。

150928bocket2.jpg
豊平館・八窓庵に次ぐ、第三のお宝になるかもと期待を込めて書いてみた。 

QPは新聞が好きで朝夕欠かさず読む。それなのに私の書いたブログは読まない。それはいいのだが、たまにしか載らない印刷物くらいは読んで欲しい。身内の好というものがあるだろう。そんな思いで『ぼけっと2』を見せようとしたら……、

「アンタの書いたものなんか詰まらなそうで読む気がしないんだよ」
「書いたのはたった1ページだけですから新聞を読むより楽です」
「何だそれだけかい。それならどっちでもいいじゃない」
「あなたが大好きな乾ルカさんも短編を書いていますよ。道新のエッセイをいつも読んでいるでしょう」
「ホント! ちょっと見せて」

「あなたは中島公園近所の住民でしょう」
「それがどうしたの?」
「鴨々川と中島公園を取り上げて毎年発行する雑誌なんか他にありませんよ」
「だからそれがどうしたと言うの」
「郷土とその歴史を知らない人に居場所はありません」
「せっかくだけどアンタの屁理屈は聞き飽きているんだよ」
「私は横浜生まれですが、そこに居場所はありません。横浜と私はお互いに何も知らないのです。寂しいものですよ」
「アタシの居場所はここだよ。ちゃんとあるから心配しないで」

なるほど、居場所のないのは私だった。鴨々川や中島公園の未来を考えることが自分の居場所づくりに繋がるかもかも知れない。故郷がなければ、ここを故郷にすれがいい。先ず、界隈の歴史を知ることから始めたいと思っている。


FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2015/11/28 00:00】 | 中島公園・薄野
トラックバック(0) |
2015年の秋、近代美術館で開かれるシンポジウムのお手伝いに行った。何時ものようにただウロウロしているだけで全く役には立たない私だが、好いこともあった。

一応お手伝いのつもりだから朝早く美術館が開く前に行くと、玄関前に若い男性が立っていた。スラリとして眼鏡をかけている。、一見アーティストと言うよりも研究者風。どこかで見たような気がする。思い出した。昨日中島公園で行われた野外彫刻調査に来ていた人だ。

「おはようございます。昨日中島公園でお会いしましたね」
「おはようございます。え~と~……」
無視と言う感じではなく何かを思い出そうとしているみたいだ。こういう時は間髪入れず名刺を渡す。

「ああ、PPさんですか。雑誌の記事も読みましたよ」
こう言われると急に親しみがわいて距離が10mから1mくらいまで縮んでしまう。
もらった名刺には「M美術大学 芸術文化制作コース 院1年 砂糖B作」と書いてある。前日に調査団の一員として木下成太郎像の調査をしているところを見ていたので、昨日から疑問に思っていることを質問をさせてもらった。

「木下像の下の方、台座に近い所に穴がありますが、あれの処理は……?」
懇切丁寧に教えてくれたが専門用語が多く何も分からない。こんな時はいつものように「フムフムなるほど」と言いながら一生懸命に聴く。そうすれば頭には入らなくても心に染み込んで来る。私にとって勉強は気分。雰囲気が好きなのだ。

開館時刻が近づくとシンポジウム関係者が続々と集まって来る。Bさんの知り合いも来たようなので、残念ながら二人の話はおしまいだ。手持無沙汰になったので美術館の前庭を散歩した。ぶらぶらしていたら動くものが見えた。よく見るとリスだ。こんな所にリスとは意外だ。急いでカメラを向けたが撮れたかどうかは分からなかった。

玄関に向かって歩いて行くと、先ほどのBさんに出会った。
「リスがいましたよ」と世間話のつもりだったが、
「何処ですか? 見たいです」と意外な反応に喜び勇んだ。
よし絶対見つけるぞとの思いで一緒に行ったがダメだった。

「野生のリスは見たことないのです」とBさん。
「円山では普通に見れるのですが、近代美術館に居るとは思いませんでした。森でもないのに不思議ですね」

家に帰り写真を見ると何とかリスと分かるように写っていたので、Bさんにメールで送った。直ぐに返信があった。「居ますねリス! クルミを食べているようです」と短いメールだけど喜びが伝わって来た。
151004risu.jpg
左下に北海道立近代美術館との文字、右上にリスが止まっている。

151004risu2.jpg
拡大するとリスが木にとまっていることが分かる。

ところで、中島公園でリスを見たことがある。そのことを公園に詳しい友人に話すと、「中島公園でリスは棲息できないよ」とあっさり否定された。
「それが居るのですよ。これが証拠です」と写真をみせると、
「ああ、これねぇ」と言って驚く風でもない。リスが小さすぎて道路に棒切れが転がっているようにも見える。
「拡大しましょうか」
「いや、確かにリスだ」。何かを思い出したような表情をしている。

140629risu3.jpg
建物は行啓通からキタラに入る道路の横にあるトイレ。

リスが棲息するには一定の森の大きさが必要だそうだ。極たまに中島公園でリスを見るのは、円山で捕まえて中島で放す人がいるからだと言う。私はそれを偶然見たのかも知れない。考えて見れば中島公園を14年も散策しているのに、見たのはその1回だけである。棲息しているのなら幾ら少なくても数回は見ている筈だ。

近代美術館のリスもやはり円山で拉致されたものだろうか。拉致されれば二度と円山には帰れない。そうでないことを願わずにはいられない。私は地理を含めてあの辺のことをよく知らない。知事公館はどうなのだろう。植物園は遠すぎるかな。

リース リース どこから来たのかリース 誰かリスを知らないか

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2015/10/24 00:00】 | 中島公園・薄野
トラックバック(0) |

つぶらな瞳のリースさん
路傍の石
文才溢れるPPさんには、あちらこちらから執筆依頼があるのですね。
得意分野があるのは幸せです。

♪どこから来たのかリース ♪
拉致されて来たのなら故郷に帰してあげたいけれど、
それは至難の業でしょう。
今も彼の地で元気に過ごしていて欲しいです。


環境が大切ですね。
PP
たまにしか頼まれないので書かせてもらって大喜びしています。
中島公園にリスが居たらいいなという気持ちは分かりますが、
人間を砂漠の中に置いて来るようなものではないでしょうか。
金魚を海に放すとどうなるのかな?

コメントを閉じる▲
2015年6月6日に11羽を連れた母オシドリを見てビックリした。中島公園を毎日の様に歩いて13年以上になるがこんなことは初めてだ。さぞかし驚くだろうと思って、所属している札幌シニアネット(SSN)のメーリングリストに流した。

「そしたらね。一人もビックリしないんですよ。600人も居るのにね」
「世間は広いの。札幌だけが世界じゃないんだよ、まして中島公園なんて…」
「夕張にも行って来ましたよ。お土産にメロン買ってきたでしょう。お忘れですか」
「まだ熟れないとか言って三日間も摩ったり臭いをかんだり、呆れたね」

結局QPも驚かない。どなたかこの驚きと喜びを共有してくれないかと思っていたら、いいことを思いついた。新聞社に知らせよう。「善は急げ悪事はゆっくり慎重に」と言うではないか。即実行、メールで知らせた。

若い女性記者がカメラマンと一緒にやって来た。そのカメラマンが凄かった。しゃがんでは撮る寝ては撮る。親子オシドリの行動を予測し、先回りしては撮る。全部で千枚以上は撮ったと思う。私でさえ130枚も撮ったのだ。

150703osidorishuzai.jpg

その時、10羽の子を持つ親子オシドリは親組(親+子4羽)と6羽組(子6羽)に分かれてしまった。最初は全部一緒に日本庭園に居たのだが、親組が徐々に庭園から離れ二組に別れたのだ。

記者たちが取材に来たころ、親組は庭園を出て藤棚橋(仮称)をくぐり、更に菖蒲池に出て、沖合の南島(南側の島)に行ってしまった。庭園には6羽の子だけが留まることになった。やはり親子は一緒でなければ絵にならない。見えないのは分かっているのに、つい目が遠くの島へ行ってしまう。

島を見つめて30分もしただろうか。「島に上がったようですね」と言いながらカメラマンがモニターで見せてくれた。さすがプロの持つカメラは凄い。オシドリ親子がはっきり見えた。彼は写真を撮り続けたが、私のデジカメでは遠くは撮れない。何となしに記者と無駄話をした。

「PPさんは航空管制官だったのですね」
この一言でオシドリの行動に関して、ある言葉を思い出した。
「ランデブーって聞いたことありますか」
「ありませんが……」と若い記者は言った。
「昔デートの意味で使う人は多かったのですが、アメリカ空軍では戦闘機と空中給油機との会合という意味で、よく使われていました」
「空は広いからランデブーも難しいでしょうね」
「別れ別れになったオシドリを見て思い出しました。早く一緒になって欲しいです」

オシドリの会合は半分諦めていた。しかしカメラマンは諦めないで菖蒲池を見つめている。すでに取材を開始して1時間以上たって居る。彼は親子組が上陸した南島よりはるか離れた池の北側に場所を移してカメラを構えていた。

「オシドリ来ましたよ」と嬉しそうな声。
「マガモの親子じゃないですか」と私は疑り深い。
何組かのマガモ親子の存在を知っているからだ。オシドリ親子が南島からぐるりと回って北岸に来るとは予想できなかった。日本庭園に帰るにしても遠回りだ。

しかしカメラマンは正しかった。案内人のつもりの私はうろたえた。考えてみれば望遠で見ている人が間違えるはずがない。残念ながら装備で負けた。

オシドリ親組は北岸に沿って泳ぎ、庭園橋(仮称)をくぐり日本庭園に上陸した。一方オシドリ6羽組は庭園の池のそばで寝ていた。帰って来た親組が徐々に近づく。私は感激の対面を期待した。

しかし親組は少し近づいては草を食み、寝そべったりしている。一方、6羽組も目を覚ましたようだが駆け寄る気配もない。休んだり食ったりしながら徐々に近づき、最終的には池に入って一緒になった。

150703osidorishuzai2.jpg

親子鴨はいつも一緒に行動するものと思っていたので私にとっては新発見となった。初めて親子鴨(オシドリはカモ目カモ科)の離散・会合を見て感動した。1時間30分のオシドリのランデブー劇場を楽しんだ。二人に挨拶をして帰ったが、記者とカメラマンは取材を続けていた。そして翌朝の新聞に「オシドリ親子池スイスイ」と載った。

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2015/07/11 00:00】 | 中島公園・薄野
トラックバック(0) |
10年以上前のことだが、忘れたいのに忘れられない出来事がある。確か「札幌まつり」の夜だった。心の奥に深く刻まれていて、何時までたっても消え去らない。悪夢のような出来事が起こる前には幾つかの伏線があった。これもその一つだ。

「散歩に行って来ます」
「また行くの?」と、QPは気にいらないようだ。
近所の公園に関するホームページを開設して3年目。新聞やテレビの取材のお蔭か、アクセスも徐々に増えてきた。そんなことは単なる偶然で大したことでもないのに、今よりもっとバカだったから張り切っていた。

6月からは可愛い親子鴨が中島公園に現れる。公園に現れる親子の全てを把握して記事にしたらアクセスが増えるのではないかとか、愚かなことを考えていた。当然、散歩も頻繁になる。私としては取材のつもりだが、子供の頃に遊んだ「汽車ごっこ」の様なもの。定年後に「記者ごっこ」に代わっただけである。普通の散歩とは勢いが違うから往々にしてやり過ぎる。

「ホームページとかやったって誰も見やしないよ。記者ごっこなんか止めなよ」
とQPは相変わらず私のやることにケチを付ける。
「そんなことありません! カメラマンごっこも、ツアコンごっこの人も沢山います。北海道中、日本中、それどころか世界中を駆け回っている人さえいるのです」
「丈夫で金持ちならいいけどアンタはダメ!」

「中島公園くらい歩き回ったって高が知れているでしょう」
とは言ったものの私は虚弱体質。体調を崩してゴロゴロ寝ていることも多い。密かに反省はしているがQPには言われたくない。ろくでもない暇つぶしと思っている人には、何も言われたくないのだ。

公園が一番賑わう札幌まつりは終わったが、親子鴨のシーズンは8月ごろまで続く。可愛い鴨の赤ちゃんを撮り終わり、家に帰ろうとすると藤棚橋(仮称)辺りに人だかりがしている。これは要注目、人々の視線の先には必ず珍しいものがあるものだ。

興味津々の私は、さっそく見物人の輪に入る。迂闊なことに、これが私自身の生理を著しく狂わせる原因になるとは夢にも思わなかった。高齢の私にとって、帰宅時間とはトイレタイム、絶対に侵してはならない天から下される至上命令である。

「親子鴨は毎年現れるけれど、オシドリの親子は初めてだね」とか言って、見ている人たちは声を潜めながらも興奮して囁きあっている。これは特ダネ中の特ダネ、絶対に撮らなければと思っていたら肝心なトイレタイムを忘れてしまった。自律神経だから忘れていることさえ気がつかないのだ。

それでも溜まるものは時間の経過に応じて溜まる。撮り終って家路につくと突然尿意を感じた。家まで5分くらいだから我慢することにした。しかし2分くらい手前で凄くしたくなり、マンションのオートロックの鍵を開けホッとしたが、まだまだ気は抜けない。緊張の糸が切れれば、瞬く間に人間としての尊厳を失うだろう。

我慢も限界に達しているのに、エレベーターは15階で止まっていた。降りて来るのにかなりの時間を要するだろう。万事休すだ。出来ることは一生懸命前を押さえるだけだった。押さえて止めて勝つ。これが私の使命、結果が全てである。

エレベーターに乗って玄関を開けるまでの時間が、とても長く感じた。クツを脱ぎ捨てトイレに突進した。その後については、野球に例えればホームペースにに滑り込んでタッチアウト。後始末に没頭していたらQPが来た。

「玄関に靴が脱ぎっぱなしだよ」
こちらは、それどころじゃないけれど、
「急いで下着の洗濯をします。靴はその後ですね」と、落ち着いたフリをする。
意外にもQPは何も言わずにその場を去った。

どうやら居間に帰ってテレビドラマの続きを見るつもりらしい。気付かれなくて好かったとホッとしたが、それは大間違い。ドラマの続きを見たかっただけで、私の状況は全て把握していたのだ。そのことは1年後の「大事件」で知ることになる。

切ないことに2年越しのトイレタイム騒動になってしまった。次回にご期待下さいと書きたいのはやまやまだが気が引ける。10年以上前のことだからご容赦願いたい。

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2015/06/20 00:00】 | 中島公園・薄野
トラックバック(0) |

素朴な疑問
路傍の石

PPさんはエライ!
QPさんの手を煩わせず、
自分の事は自分で始末をするなんて。

でも思うんですよね~。
そういう人のための建物が
公園の中にだってあるでしょうに。

「何がなんでも家まで戻らなけりゃ」という一途な思いに、
失礼ながら笑っちゃいました。



おっしゃるとおりです
PP
おっしゃるとおりです。公園内には公衆トイレだけでも7カ所あります。
どこに居ても4分以内にトイレに行けます。
家に帰るのも4分、公衆トイレに行くのも3分と言う位置が難しいです。
なかなか後ろに引き返せない、どうしても家に向かってしまうのです。
これが失敗の原因ですね。

コメントを閉じる▲
自分が何が出来るかいつも考えている。スポーツ、アート、ゲーム等、何をやってもダメ。おまけに虚弱体質でちょっと無理をすれば直ぐ倒れる。それでも自分がダメな人間と思ったことは一度もない。いつも自分が何を出来るか考えている。つまり往生際の悪い人間である。

今考えているのは中島公園データペース。先ずはデータの収集だ。対象は21世紀のデータ。たまたま2001年に中島公園の近くに転居したのでそういうことにした。その後、中島公園を歩き回り、写真を撮っている。この目で見たことを年月日と写真付きで記録して置くことにしたのだ。

例えば「護国神社から中島公園に向かうリスを見た」とか他愛のないこと。そんなことでも一つのデータとして集積し続ければ立派な資料になる。あとは郷土史、都市公園、データ解析等の専門家に任せればよい。素人の私はひたすら自分の足と目を使ってデータを集積する。

データは誰でも持っている。そのほとんどは個人の頭の中にあって寿命と共に墓場に入ってしまう。これでは勿体ない。それにデータは蓄積できる。つまり無駄になることが無い。しかし情報化社会以前だったらデータが多すぎたら解析できない。これからは違う。大きいからと言って持て余すことはなくなるだろう。情報化社会が続く限りデータを残せば有効に使ってもらえるのだ。私はこう考えている。

何の役に立つとか考えるのは将来の人。その必要性を感じるのも将来の人であって私が考えることではない。ただ将来必ず役に立つと信じて蓄積し続けることにした。これが私の出来ることである。もちろん信じ込むにはそれなりの根拠がある。それについては別の機会に書きたいと思う。

毎月第二及び第四土曜は「小説モドキ」の更新です。
次は2月14日(土)です。よろしくお願い致します。

FC2blog テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

【2015/01/31 00:00】 | 中島公園・薄野
トラックバック(0) |
「昨日の講演どうだった」
「こども達の姿って見ているだけで癒されますね」
kodomo

「中島公園の歴史の話でしょ。子供なんて来ているわけないでしょ」
「鴨の子もいたのですよ」
oyakokamo

「なに、この写真?」
「鴨の親子を観ている人たちです。ヒマなんですね」
miruhito

「中島公園の話どうだったか聞いてるの」
「大成功ですよ」
「まさか! シンジラレナイ」
「楽しく元気に勘違い」
「なにそれ?」
「勘違い力使いました」

先日、札幌シニアネットの交流会で含蓄のある話を聞かせて頂いたが、こんな風に使えばいいのかな。

FC2blog テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

【2014/05/26 05:03】 | 中島公園・薄野
トラックバック(0) |


のん子
まぁ、講演されたのですね!
お近くでしたら聞きに行きたかったです(^^)

この鴨の親子のお話も出たのでしょうか?
ひょっとして名前とか付いてます?
きっと楽しい講演会だったと。
お疲れさまでした。

うちの老人会の早朝ウォーキングの近くの池にはサギ?とアヒルが住みついていて、夫婦だとか親子だとか皆が勝手なことを言ってます(^^ゞ

名前を付けていました
pp
恥ずかしながらやりました。
一生懸命準備したのですが難しいですね。口下手ですから。
親子鴨の話なら得意だったのですが。
以前は、グループごとに名前を付けていました。
親子鴨は子の数と大きさで違いがわかるのです。
この話すれば好かったですね。
近くの池にはサギはよく来たのですが最近来ません。
早朝散歩と野鳥の話題は、そちらと同じ様にやってます。

コメントを閉じる▲