朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
時々私は、嘘ばかりついている悪い人間だと思うことがある。だが正直だった時はどうだっただろうか。思い返せば争いごとの絶えない地獄だった。正義と正義はは対立する。そして言い争いになり、嫌になった方が黙るまで続く。しかし、黙った方も負けたとは思わない。話を聞かない人に何を言っても無駄と思っただけだ。

だから争いの種はそのまま残り、時間だけが浪費される。よくもこんな無駄で不毛で劣悪なバカバカしいことを長年して来たものだ。負けた形の私は屈辱感というオマケまで付くのだだから嫌になる。

二人暮しは仲裁役が居ないから争い事を起こしたら延々と続き厄介だ。その代り裁判官もいないから嘘もつき放題。このメリット・デメリットがハッキリと分かったのは数年前のことと思う。それから3年くらいで偽りの人生術を身に付けた。

不完全な私は常に完全を求めている。正義を主張するなら完全に主張し遂げたい。偽りの人生なら完全に偽りたくなる。困ったことに正義の戦いには完敗だったが、ズルイ戦いでは連戦連勝になってしまった。私は生まれつきズルいのかも知れない。

戦法は面従腹背、虐げられた民が強欲で乱暴な支配者に対処してきた古典的な方法だ。これだけはやりたくないと思っていたが、やってみたら実に面白い。QPには面従だけが見えて腹背が見えない。つまり物事や人間の裏側を見られない人なのだ。私が服従するのは自分の説得が効いたからだと誤解している。

人は喧嘩をして理解が深まるというが、私の場合は従うフリをして理解が深まった。黙って服従してきた結果、QPが表裏のない正直な人と、心から思えるようになった。良い面を理解できて好かったと思っている。

しかし困難な事態に遭遇した時にどうなるかは見当もつかない。ケンカは止めたけれど本当に理解し合ったわけではない。本来なら休戦と言うべきだが、先が短いので、もう一度開戦する気にもなれない。

もうケンカは止めよう。QP対策は面従腹背だけで充分だ。負け過ぎてはいけないが勝ち過ぎてもいけない。その辺りの手加減は私に任されている。つまり面従は変わらないが、腹背については自由自在に調整可能なのである。

例えば、具合が悪いとか言って自室に引きこもる。そこは私専用の娯楽室の様なものだから、あらゆる遊び道具と隠匿菓子で溢れている。気が済むまで遊んで気分転換したら「ご迷惑おかけしました」とか言って姿を現せばよい。

正義の戦争より偽りの平和の方がいい。正義は国、宗教、立場により違いがあってややっこしい。その点、平和は分かり易い。ズバリ戦争のない状態である。屁理屈も嘘も国の都合も入る余地がない。しかし平和平和と言っても平和は来ない。ではどうするか? ケンカは止めよう。どんな小さなケンカでも。

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2016/04/30 00:00】 | 夫婦喧嘩
トラックバック(0) |

大きな器になりたいけれど・・・
路傍の石
こんな内容のコマーシャルがあります。
「瀬戸物と瀬戸物がぶつかると壊れてしまうけれど、
片方が柔らかいと壊れない」

確かにどちらかが柔らかければよいのでしょうが、
私はそんな大きな器は一生持てそうにありません。

でもPPさんは、QPさんの長所 「裏表のない正直な人」 に
気付いたのですから、ケンカも満更ではないかもしれません。
「 ケンカするほど仲が良い」とも言いますから!


のんびり暮らしています
PP
やわらかいこころをもちましょう
のCMはいいですね。
私はケンカすると必ず負けるから嫌です。
勝つ自信があれば別ですが、ダメでしょうね。
のんびり暮らしたいです。
気持ちいいですから。

コメントを閉じる▲
最近は朝が爽やかで毎朝起きるのが楽しみだ。何か気分が良くなるような薬が脳に注入されている様な気がする。薬だか何らかの分泌物だかよく分からないが、いい気分にさせてくれるので良い薬、ここではE薬と呼ぶことにする。

定年退職して3年くらいしてから徐々にE薬が流れ出し、最近はドクドク流れている感じだ。念のため申し添えるが麻薬も覚醒剤も大麻もやっていないし煙草も吸わない。酒も月に2,3回飲む程度だ。しかも極めて少量。

昔はバレるのではないかとか心配しながら嘘をつき、深い屈辱を感じながら謝った。しかし、今は面白半分で嘘をつき、楽しみながら軽く謝っている。QPをなだめる特効薬として便利に使っているのだ。私かQPかどちらかが病気で倒れるまでの期限付きではあるが、悩みもなく何も考えずに気楽に暮らして居る。

QPが3泊4日で根室の実家に行き、帰って来た。荷物が多いから玄関まで迎えに来てくれと電話があった、直ぐに行けるようにインターフォンのある居間で待っていた。

時間になってもなかなか来ないので、どうしたのかなと思っていたら玄関の方からゴソゴソ音がする。誰かが入って来たようだ。行ってみると荷物が5個くらい置いてあって、ヘトヘトになったQPがカンカンになって怒っている。連絡したのに留守にしたと誤解したらしい。

「居たの? ピンポン鳴らしてるのに何で出ないの!」
「ごめんなさい。聞こえませんでした」
「自分の部屋に閉じこもっているから聞こえないんだよ。人の苦労なんか屁とも思っていないんだから」

インターフォンは居間にあるので私の部屋とは二つのドアで遮られている。だから呼出音のピンポンは聞こえない。そう思って居間で待っていたのだ。しかし聞こえなかった。何故だろう。故障かな? 

押したと言っているのに聞こえなかったと言い張れば、私が嘘をついてると思い、益々腹を立てるだろう。ともかく故障かどうか確認したい。QPは怒っているのだから、なだめなければならない。熱いものは冷まさないと食べられないのだ。
「ごめんなさい。お腹すいたでしょう。コンビニで何か買ってきますね」

二人暮しの約束事だが出かける時は近くでも鍵を持って行くことにしている。お互いにインターフォンでの開錠を頼まない習慣なのだ。だから15年間も住んでいるのに、自分でインターフォンを使って開錠させたことはない。この辺に手掛かりがあるような気がした。使ってみれば何か分かるかも知れない。

コンビニから帰るとき初めてインターフォンを使った。先ず数字ボタン押す。部屋番号がモニターに表示される。そのときマンションの住人が入って来たので「どうぞ」と言って鍵で開けて通した。そして押し直そうとした時「呼出」ボタンの存在に気がついた。なるほど、原因はこれだなと思った。なかなか出ないので再び呼出した。

「鍵持ってないの?」と不機嫌な声。
「ピンポンの実験です。2回聞こえましたか」
「トイレに入っていたんだよ」

QPは決して自分の間違いを認めない。私の質問に答えないのは自分の間違いに気付いたからに違いない。「呼出」ボタンは押されなかったのだ。これでは聞こえる訳がない。疑問は解けて一件落着したので、これで良しとした。

最近は何もかも上手く行く。出所不明のE薬は何にでも効く万能薬、私の心を広くしてくれる。お蔭でどんなことにも柔軟に対応できる。無料で毎朝ドクドク出て来るのだから、これほど有難いものはない。

こんな物質が体内を駆け巡っているとは気付かなかった。E薬はあまりにも素晴らしいので一人で使うのは勿体ない。皆に分けて上げたいが体内に留まっていて出すことが出来ない。体外に取り出す方法を発見すればノーベル賞に値すると思う。世界中の人々が寛容になって戦争が無くなるのだからノーベル平和賞。

追伸、私どもも他所の住居を訪ねるのにオートロックで入るときは、ちゃんと「呼出」ボタンを押している。初めて自室の数字ボタンを押したら馴染みのある室番号が表示された。それを見て通じたように錯覚した。慣れが錯覚を誘うのだ。知り合い同士なら顔を見てツーカーということもあるが、機械は手順の省略を許してくれない。

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2016/04/23 00:00】 | 夫婦喧嘩
トラックバック(0) |

不思議なE薬ですね。
路傍の石
E薬ですか~、いいですね~。
私も欲しいです。

「PPさん、ノーベル平和賞受賞!!」
こんな記事が新聞紙面を賑やかす日が
訪れてほしいものです。

>機械は手順の省略を許してくれない。

毎日身に染みています。
パソコンも手順を省くと、辿り着きたい結果は
得られません。



しばらく地べたで暮らします
PP
私にノーベル賞ですか。なぜか実感がわきません。
わいたら大変ですね。有頂天になって天に昇ります。
そして2度と帰って来れないでしょう。
ドクドク出て来たE薬ともお別れしなければなりません。
もうしばらく地べたで暮らします。

コメントを閉じる▲
簡単に謝る人は信頼されないと言われているが、私は簡単に謝って喜ばれている。二人暮しとは言え一つの社会には違いない。夫々に一定の役割がある。QPは家事全般、そして私は「楽しい暮らし係」だ。謝るのも最も重要な仕事の一つである。

ところで我が家のトイレは窓が無い。暗室の様に照明を点けなければ何も見えない。先日、トイレに入ろうとして照明のスイッチを押してドアを開けてビックリした。暗闇にQPが座っているのだ。廊下から当たる灯りがが顔の辺りを照らしている。

まるで首が宙に浮いているように見える。思わず「ビックリしたな~、もう」と叫んだ。そして直ぐに自分のミスに気付き「ごめんなさい」と付け加えた。照明を点けるつもりでスイッチを押して消してしまったのだ。自室に戻りしばらくするとQPが来て何事もなかったような顔で「オシッコでしょ。もういいよ」と言った。

実は以前にも同じようなことがあったが、その時は立場が逆だった。私が入っているのにQPが開けたのだ。もちろん照明を消したのはQPだ。その時は「なんで電気を点けないんだよ!」と怒鳴られた。貴女が消したのでしょうと言う間もなくパタンとドアを閉められ何も言えず悔しい思いをした。1年以上前のことだが何とか思い出して欲しいと思い話しかけた。ミスはお互いさまではないか。

「ビックりしたでしょう。ごめんなさい」
「オシッコのことばかり考えているからダメなんだよ」
「前にもこんなことありましたね」
「そうかなぁ?」
「私が入っているのに開けたことあるでしょう」
「絶対にないよ。あったって後ろ向きに立っているんだからいいじゃない」
「前向きですよ」
「前でも後ろでもどっちでもいいでしょ」

う~ん、完全に忘れている。私だって前を向いて座って居たのだ。あんな悔しい思いをしたことないのでブログに書いた。タイトルは「心の中で大騒ぎ」だったかな。

二人で暮らしている限り悪いのはいつも私だ。ムッとすることがあるが、我慢して謝るとQPは単純に喜ぶ。私だったら表面だけの謝罪など受け入れられない。裏も表も右も左も、オマケに上も下もある複雑な人間だ。

QPが単純な人で好かった。ワザとらしくてもアホらしくても謝りさえすれば素直に喜ぶのだ。お蔭で謝るのが大好きになった。手放しで喜ばれれば私だって嬉しい。恨みもどこかに吹っ飛んで行く。

逆にQPは謝らせるのが大好きだ。ひょっとして謝るのが嫌いだった私を悪役、つまり謝り役に作り変えたのかも知れない。裏の裏を読んでいる様で心苦しいのだが、ヒトの脳細胞の数は140億もあると言う。単純な人などいないだろう。

油断大敵だが疑ってはいけない。謝るのは私の仕事。疑えば仕事の質が落ちる。上手く出来なければ「楽しい暮らし係」失格だ。役割が無くなったら寂しいので頑張っている。一生懸命謝って。いつの日かドラマで観るような土下座もやってみたい。

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2016/04/09 00:00】 | 夫婦喧嘩
トラックバック(0) |
穏やかで幸せな人生を送っているが、100%とは行かない。たまには心労を感じることもある。朝食はテレビを消して話しながら食べている。QPの話題はマスコミから得た医療・芸能・ファイターズ情報が多い。ときには知り合ったばかりの知人についても話してくれる。私は訳の分からないまま話を合わせている。

「Aさん知ってるでしょう」
「ええ、一緒に習字習っている人ですね」
「息子さんがね。高校卒業して消防署に勤めたんだって」
「それは好かったですね」
「勤めて5年したら結婚したの」

紅茶を一口飲んでる間に、就職から一気に5年後の結婚までへと話は飛んだ。爽やかな朝に相応しい話題だがテンポが早すぎる。一体どんな人と一緒になったのだろう。息子さんの年は幾つなのだろう。何もかも分からないまま肯いていた。

「10年後に離婚しちゃったの」
おやおや、途端にドロドロしてきた。興味津々となる。この話、あっという間に終らせては勿体ない。高卒5年後に結婚し10年たって33歳と、まだ若い。ようやく話が面白くなり、よせばいいのに一言付け加えた。

「そうですか。10年後に離婚したいうことは、どちらかが浮気をしたのですね」
「性格の違いとかいろいろあるでしょう」
「お子さんは奥さんが連れて行ったのですか」
「居なかったようだよ」
複雑で一番難しい問題が無い。これで私の結論は決まった。
「浮気と言うより本気ですね。新しい愛が芽生えたのでしょう」

石の上にも3年と言うではないか。嫌いな人と一緒に暮らせるのは、せいぜい3年だ。10年たって離婚するなんて、どちらかに好きな人が出来たに決まっている。私は紅茶を飲みながら野菜と肉の炒め物を食べていた。次はパン、そしてリンゴのヨーグルトあえを食べる。これが順番。まだまだ時間はある。先が楽しみだ。

「アンタのそういう考え方が嫌いなんだよ」
「と言いますと?」
「すぐ女とかに結び付ける……」
「あるいは酒におぼれるとか、賭け事に凝るとか」
「そんなことはどうでもいいの!」

どうでもいいとは何事だ。QPが離婚の話を持ち出すから付き合って上げているのだ。勝手に打ち切られてたまるか。ここは私の一言で締めくくらなければならない。

「子供も居ない二人暮しでしょう。酒乱やギャンブル狂いになったのでもない。10年もたって離婚するなんて浮気、それ以外にあり得ません!」
「アンタも分からない人だねぇ」
「はぁ? 私の話,聞いているのですか」
「だから、そんな話してるんじゃないって言ってるんだよ」

これだから嫌になる。自分が何を話したかすっかり忘れている。離婚話なんかどこ吹く風。誰がしたんだと言う顔だ。最早なんの興味もないことだけは確かである。置いてきぼりを食った私は我慢するしかない。涙を飲んで耐えるだけだ。

「最近再婚したんだって子供一人いる女性とね」
「今は幸せな三人家族ですね」
「お嫁さんがいい人で、よくAさんの家に遊びに来てくれるんだって」
「それは好かったですね」
「Aさんはお嫁さんが帰る時、果物、お菓子とか何でも上げちゃうんだって。夕飯のオカズの煮物まで上げちゃうんだって。やり過ぎだよね」

一体なんと言うことだ。この話は「Aさんの息子さんが再婚した」から始めればいいのに、なぜ10年以上も遡るのだ。そのせいで要らぬ文句まで言われてしまったではないか。こんな時は皮肉の一つも言ってやりたくなる。

「それはアナタも一緒じゃないですか」
「アタシはそんなバカなことしないよ」
「やってるでしょう。最近、正ちゃん(息子)はリュック背負って来てますよ」

QPも同じことをしている。私にはティッシュを使い過ぎるとかケチなことを言うくせに、息子夫婦が帰る時は気前よく何でも持たせる。まるで別人のようだ。最近私は恐怖さえ感じている。息子は本当に大きなリュックを背負って来るようになったのだ。帰った後には楽しみにしていた食後のデザートさえ無いありさまだ。

「Aさんとこはね。それどころじゃないんだよ」
「はぁ?」
「お嫁さんに全部上げちゃって自分たちが食べる物が無くなっちゃうんだって」
「それは大変です」
「晩御飯まで上げちゃったんだよ。可笑しいよね」

ぜんぜん可笑しくない。Aさんの旦那は「煮物だけは残せ。俺の好物だ」と心の中で叫んでいたに違いない。ところで、朝食ももうじき終わり、後は歯を磨き、洗面、薬を飲んでからパソコンと言う生活パタンが決まっている。そろそろ話を切り上げなくてはならない。QPの機嫌を損じない様に切り上げるにはどうしたら良いか考えていた。

「なんで黙っているの」
突然聞かれても考えは纏まっていない。思っていることをそのまま口にした。
「煮物もなくて旦那さんのご飯どうなったのでしょうか?」
「アンタって話しづらい人だね。みんなに嫌われているでしょ」
「そう言えば、そんな感じも……」
「Aさんの話をしているんだからご主人のご飯も息子さんの離婚も関係ないの」
「そうですね」
「やっと分かったみたいだね。 …… Aさんたら可笑しいでしょ」
「(o ̄ー ̄o) ムフフ」

笑ったつもりだが、顔文字で表現すればこんな感じかも知れない。ご飯も作らないし、掃除もしないし、洗濯もしない。私が天から与え仕事は楽しい家庭を創ること。虚弱体質だから力は出せない。使えるのは口先だけだが少しは心労もある。

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2016/02/27 00:00】 | 夫婦喧嘩
トラックバック(0) |

楽しい会話ですね
花筏
「(o ̄ー ̄o) ムフフ」
   ↓
話の流れから言って、PPさんのこの笑いの気持ち
分からないでもないです。

でもお嫁さんに惜しげもなくいろんな物を上げられるのは、
嫁姑の関係が極めて良好な証し。
PPさん宅もAさん宅も幸せですね。

アッそれから、人間多少のストレスは有ったほうが長生きできるとか。
どこかで耳にした事があったような気がします。

ストレスがある方が長生きできる
PP
>分からないでもないです。

ということは分かって頂けたのですね。有難うございます。
愚痴をこぼす相手が居ないものですから、
申し訳ないのですが、ここに書いています。
ご理解いただき有難うございます。

ストレスがある方が長生きできるとは良いことを聞きました。
私の長生き計画も安泰ですね。92歳まで生きるつもりです。
長寿社会では遠慮ぎみの計画ですが。

コメントを閉じる▲
購読している新聞のコラムに、ある奥様からの投稿があった。その結びの言葉が気になり、感想を書きたくなった。そんな訳で「断捨離シリーズ」は一時中断して話題を変えることにした。一度道を踏み外したら戻れるかどうかは分からないが自由気ままに書いている。

その結びとは、「ささいなことだと笑い過ごすのか、深刻に受け止めるのか……。迷うところです」ということだ。私同様、定年後の二人暮らしのようだから気になる。夫がなんやかやと妻の家事にケチをつけるらしい。「あの寛容な気持ちはどこに行ってしまったのでしょう」とこぼしている。月日の流れがパートナーの心を変えたと思い込んでいるようだ。

以前は優しかった夫が退職後二人暮らしになり、小うるさいお年寄りになったのかも知れない。アル中でもギャンブル狂でもなく、これだけの話なら普通の高齢男性と言える。私同様、家事一切を在職時代と同じように妻に任せているらしい。

深刻に受け止めるべきかどうかと奥様は迷っているようだが、ささいなことだと笑い過ごすことなど絶対に出来ない。そう出来るようなら迷うはずがないのだ。あえて言わせてもらうが深刻に受け止めるべきである。

事態は深刻だが対策は極めて簡単だ。キーワードは普通人、脅しや暴力に弱いのだから一喝してやればいい。「キャベツの千切りが太くて硬い」と言われたら、「うるさい!食べるな!!」と怒鳴りつければいいのだ。夫はもともと寛容の人だったのだから暴力をふるったりはしない。安心して一喝しよう。

奥様の力と強さを知らないだけなのだ。一喝されれば目を覚ますに決まっている。決して反抗などはしない。仮にか弱い反抗をするようなら、もう一喝、それで足りなければ二喝でも三喝でも大人しくなるまでやればいい。

「おいおい無責任なことを言うなよ。大喧嘩になったら大変だぞ」
「そうはなりません。夫は必ず改心します」
「男にはプライドと言うものがあるからヤバいぞ」
「絶対に大丈夫です」
「ダンナにも言い分があるだろう」
「一喝すれば、そんなもの吹っ飛んで行きます」
「なぜ断言できるのだ!」
「私が身を持って体験したことですから」
「何だ自分のことか」
「人様の心の内など私に分かるはずないでしょう」

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2015/11/21 00:00】 | 夫婦喧嘩
トラックバック(0) |
QPがトイレが汚いと言って騒いでいる。そんな筈はないのに文句を言っている。
「汚していませんよ」
「アンタは掃除しないから分からないんだよ」
「汚しちゃった時はキレイにしてますからね」
「あたしが掃除したんだよ」
「覚えがないですね。大ですか小ですか?」
「水だよ。みず! あちこちにバラ撒いて汚いよ」

そしてQPは私が手を洗う真似をする。やたらに手を振り回して、最後にシャッシャと水を切るような仕草をする。まるでパントマイムだ。私はそんな可笑しな恰好して手を洗ったことはない。もっとも無意識に洗っているから自信はないが。

「タオルで拭きますからシャッシャとか水切りはやりません」
「そこらじゅう水だらけじゃない。それが何よりの証拠なんだよ」
「そうでしたか。恐れ入りました。注意します」

QPが証拠と言う限りは否定しても無駄だ。しかし、私にも次のような言い分はある。証拠は既にQPが自分の手で消したのに、証拠があると主張するのは間違っている。私がトイレで手を洗う姿は見たことがないのに、身振り手振りで真似出来るはずがない。水は放って置いても乾くのではないか。その他諸々だが謝る。こうしないと話が終わらないのだ。

以前は、QPの無茶苦茶な話に悩み、怒り、反論したが、今はどちらかと言うと楽しんでいる。むしろ面白いと思うのだ。QPが物事を理路整然と話す人でなくて好かったと思う。それに、面白くなければ謝れば終わるのだから、話の主導権さえ私が握っているようなものである。何の不満もない。

もしQPが知的で理路整然と説明する人だったら大変だ。私の逃げ場はなくなりノイローゼになるかも知れない。世間では何も出来ない役立たずの私だが、家の中では理論派と思い込んでいる。QPはアバウトで忘れっぽいから有難い。割れ鍋に綴じ蓋とは良く言ったものだ。

念のためネットで検索したら、「割れ鍋に綴じ蓋とは、割れた鍋でもそれに似合った破れを修繕した蓋があるという意味で、どんなにブサイクで役立たずの男であっても、物好きで相性の合う女性が広い世の中には必ずいるものだということわざ」と書いてあった。

QPが「物好きで相性の合う女性」かどうかは分からないが、私が「ブサイクで役立たずの男」であることは確かだ。若い時は食うために多種多様な仕事をしてきたが、上手く出来たものは一つもなかった。だから役立たずであることは間違いない。

一通り文句を言った後、QPは晴れがましい顔になる。そしてよく笑うようになる。相性がいいといっても、気が合う訳でも意見が一致するわけでもない。二人暮しでは善悪も勝敗も関係ない。あえて言えば笑わした方が勝ちかな。全てにおいてノロマの私はそれに気付くのに何十年もかかってしまった。

FC2blog テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

【2015/08/29 00:00】 | 夫婦喧嘩
トラックバック(0) |