FC2ブログ
朝食はテレビを消して話しながらとる。 「朝の食卓」の話題は近所の中島公園、健康、そして札幌シニアネット(SSN)、カラオケ、歩こう会など。
可愛い水鳥の鴨は大好きだが、いわゆるカモにはなりたくない。音痴でハゲでカモだなんて余りにも情けないではないか。だけど鴨友達としてお店には行ってみたい気持ちはある。夜の街に馴染みの店があるというのも格好いいような気がするのだ。

Kさんに初めて声をかけたのは7月下旬のことだった。4番目に現れた、母子鴨の追跡中に出会ったのである。私は識別のため母子鴨に名前をつけていた。最初に見たたときの数を入れ、親しみを込めて適当に名付けている。今回現れた親子には「今さら十郎一家」と名付けた。

時期遅れなのに10羽も巣立ったのを喜び「十郎」とした。遅い出現なので「今さら」、小柳ルミ子さんの「今さらジロー」が好きなので語呂を合わせて「今さらジュウロー」。なんとなくなんとなく気に入っている。

Kさんはいつものように、レジ袋に入れたパンの耳を少しずつ、取っては撒いていた。「6羽しか見えませんね~。又1羽(カラスに)獲られたのかな~」と話しかけると、「あの子は小さいくせに、すぐ単独行動をとるのよ。あっち!」と指をさす。

「凄い!」と思わずつぶやいた。彼女は同じ日に巣立った子鴨の、大きさの違いが分かるのだ。以来、野鳥観察の達人として尊敬するようになった。そんなKさんが、私をカモにする筈はないのだ。

7時頃行ったが、シャッターが降りていたので、本屋で立ち読みして8時ごろ、また行ったら閉まっていた。ずいぶん遅い開店だなと思った。いったいどんな営業をしているのだろうか。

友人からは「お店に一緒に行ってあげよう」との、有難い申し出もあったが一人で行くつもりだ。 どんな店か、何が起こるか分からないからでである。 私1人なら、何があろうと「土下座と死んだふり」で何とか切り抜けられるが、連れがいてはそうも行かない。なぜか勇気を振り絞って行く気になってしまった。

【2019/07/31 20:34】 | 情けない男
トラックバック(0) |
私は親子のマガモが大好きだ。もちろん、オシドリの親子も大好きだが、見ることは少ない。その他の親子水鳥ではオオセグロカモメを時々見るくらいだが、カモ類のように親子でゾロゾロは見たことがない。

中島公園に親子鴨が現れると毎日のように観察するので、鴨番記者と言われている。私自身もそう呼ばれて悪い気はしない。と言うことで、親子鴨を観察している人には情報交換のため気軽に声をかける。

「あの子はね。直ぐ迷子になるのよ」とか、「あの子は羽に傷があるの」とか鋭い観察をしている女性がいた。かなりの野鳥通と見受けたが、ここでは名前をKさんとしておこう。聞いたわけではないからね。

公園の中を鴨談義をしながら歩いた。Kさんは「ウチにはね、鴨の写真もいっぱいあるのよ。お店やっているの」と言った。夜の街に一人では行ったことはないが、行ってみようかなと思った。

このことを友人に話すと、意外な反応が返ってきた。「店って、スナックだよな。飲み放題だけで3500円か~。安くはないね。お客も少ないだろう。楽じゃないだろうな」「何をいいたいの?」少し気分を悪くして、聞き返した。

「こうゆうことだよ。妙齢の美人が一人、寂しそうにカモに餌をまく。その姿を見て鴨好きな男が声をかける。つまり、餌やりはママさんの営業活動。経費は50円のパンの耳代だけだ。薄野でチラシ配るより、よっぽど安上がりだぞ」
そういえばKさんがカモにエサをやっている姿をみたことがある。
「でも、カモが好きみたいですよ」 
「お前がカモなんだ。カモが居なけりゃ仕事にならない」

【2019/07/23 20:29】 | 情けない男
トラックバック(0) |
2003年3月にホームページ「中島パフェ」を開設した。中島公園についていろいろ書いていたが、その中には趣味の雑文もあった。これを本体である「中島パフェ」から切り離し「男のエッセイ」とのタイトルでブログを開設した。

12年後に読んでみると、今書いている「空白の22年間」や「音痴のカラオケ」よりも面白い。自分でそう思うだけだが65歳から78歳になった年齢のせいかも知れない。もともと「(情けない)男のエッセイ」つもりだったから新カテゴリは「情けない男」とした。エッセイというほどでもない駄文である。

「空白の22年間」と「音痴のカラオケ」はなるべく多くの人にも読んで欲しいと思っている。このブログについては純粋に自分が楽しむために書くことにした。自分が楽しむためだから、いつから書くかも決めていない。書きたくなったら書こうと思っている。

【2019/06/30 08:17】 | 情けない男
トラックバック(0) |
備忘録
スクラップ・アンド・ビルトへ、2019年7月より編集方針を変える。

【2019/06/12 08:31】 | 未分類
トラックバック(0) |
何時も昼頃から行く中島公園散歩だが、今日は朝から行った。天気予報によるご午後から落雷があるかも知れないと言うからだ。土曜日にもかかわらず人出は、午後に比べれば少なかった。5月半ばから現れた親子のマガモは居なかった。

少し足を延ばして中島公園を出てみた。鴨々川沿いに薄野に向かって歩いていると、藻山橋手前の人道橋に観光客らしき人が見えた。下を見ると綺麗なコイが沢山泳いでいた。

【2019/06/01 13:11】 | 中島公園・薄野
トラックバック(0) |
2003年6月20日 菖蒲池で泳いだ若者
去年の夜は凄かった。徒歩暴走族と機動隊がキタラへの道路を挟んで対峙し、一触即発の物々しい雰囲気でした。今年はそんな物騒なのはなかったけれど、菖蒲池に飛び込む若者がいました。橋の上から「目立ってるぞ!もっと泳げと!」と嗾ける人もいました。

道路の真ん中で車座になって酒を酌み交わす若者もいました。警官もそばにいましたが、とくに注意することもありません。それで良いと思います。お祭りなのですから。行儀の良いお祭りでは様になりません。羽目を外してお祭り気分、やり過ぎない頃合いが難しいかも知れません。

2019年5月1日に思ったこと
今考えると昔のお祭りは、羽目を外すことが多かった。今はだいぶ上品に楽しむ人が多くなった。徒歩暴走族も見ないし、菖蒲池に飛び込む人もいないし、園路の真ん中で車座になって酒を酌み交わす若者も居ない。しかし、変わったのは私かも知れない。夜のお祭りに行かなくなってしまったのだ。夜に出かければいろいろ怪しげなことがあるのかも知れない。

【2019/05/01 18:00】 | 中島公園・薄野
トラックバック(0) |